• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・この現実が見えないなら100%ゾンビだ!> 「国産農産物が安全」だと思っているのは日本人だけ!? <認知症高齢者のコメント不要!!>

サムネイル出典:

<・・・この現実が見えないなら100%ゾンビだ!> 「国産農産物が安全」だと思っているのは日本人だけ!? <認知症高齢者のコメント不要!!>

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<・・・この現実が見えないなら100%ゾンビだ!> 「国産農産物が安全」だと思っているのは日本人だけ!? <認知症高齢者のコメント不要!!>

「日本の農産物は安心・安全」。常識だと思っていたことが、海外ではまったく違う捉えられ方をしている。甘い安全基準が不安視されているのだという。東京五輪やTPPを控え、日本の農産物は大丈夫なのか?

[国産農産物は安全]神話が崩壊する!

 昨年11月23日、無農薬栽培で有名なリンゴ農家の木村秋則氏が、農業関連のシンポジウムでこんな“爆弾発言”をしていた。

「世界70か国の若手農家の集いに呼ばれてイタリアを訪問した際、『日本の農産物は本当に安心なのか。東京五輪のときには選手団にイタリアから食材を持参することを考えている』と言われました。日本の農産物が『安心・安全』というのは大間違いです」

 司会を務めていたタレントの高木美保さんは「そこまで厳しい評価ですか……」と驚いたが、木村さんの対談相手を務めていた2人のパネリストも同じ見方だった。歌手のマドンナのプライベートシェフとして有名な西邨まゆみさんが「今回、マドンナも来日するのですが、『日本に安全な食材はあるのか』と言っていました」と内輪話を披露。

 食の安全に詳しい内海聡医師も「東京五輪に向けて『日本の選手村の食の質を高める』というプロジェクトが進んでいます。そこだけはやるのですが、安全基準は緩いまま。選手以外の日本人は『危ないものを食べておけ』ということです」と語った。

 国産農産物が安全だと思っているのは日本人だけで、世界ではまったく違う捉えられ方をしているというのだ。木村氏はこう語る。

「(日本の農産物が危ないと言われて)私は悔しかったから言いました。『ご指摘の通りです。でも’20年の東京五輪までには、自然栽培(無農薬・無肥料栽培)を増やして、世界一の食材を提供しましょう』と」

出典:「国産農産物が安全」だと思っているのは日本人だけ!? | 日刊SPA!

	

(主要国の農薬使用量で日本はワースト3)

国内農産物にはポストハーベスト農薬は禁止ですが、輸入農産物は害虫等が一つでも発見されればその農産物は全て廃却なので、輸入までに農薬で殺す必要があり、船倉の中で行う。作業で船倉に入る時は防毒マスクでないと危険、且つ日本の検疫での燻蒸殺菌で希釈で屋根を開ければ飛ぶ鳥が落ちる位危険。
	
参院選の判断基準は、農業を破壊し危険な食料供給を目指す自民党・公明党・お維新・日本なのか、農産物の国内自給率を高め食品の安全性を重視する民進党・共産党・社民党・生活なのか。
	
山田太郎議員は農薬の問題に取り組んできました。ネオニコチノイド系農薬の危険性や、OECD先進国の33ヶ国中2番目に多いの日本の農薬使用量、農薬基準の甘さにより日本の農産物が輸入拒否されている事実を国会で追及。
	
低価格農薬の開発強化=農業コスト引き下げ―政府に規制緩和要請へ・JA全農 どうせ、モンサントあたりのヨーロッパでは禁止されてる農薬だろう。今では日本の農産物の方が海外よりも危険な状況。
	
世界一美味しく世界一危険な日本の農産物
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21