• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
6月にマレーシア人写真家が福島の立入禁止区域(富岡町、大熊町、浪江町、双葉町)で撮影した画像

6月にマレーシア人写真家が福島の立入禁止区域(富岡町、大熊町、浪江町、双葉町)で撮影した画像

Author:
Fossils15Fossils15
Release Date:
6月にマレーシア人写真家が福島の立入禁止区域(富岡町、大熊町、浪江町、双葉町)で撮影した画像

見捨てられた店、無人の通りで点灯する交通信号灯と廃棄された洗濯物:原子力災害から5年後の福島の避難区域内側の画像

•カメラマンのKeow Wee Loong は友人と福島の4つの町を夜中にこっそり探検しました。
•この地域は2011年3月に住民が避難してから放棄されまだ立ち入り禁止です 。
•この地域の人々は非常に迅速に避難し、乾燥機に自分の服を放棄し棚には豊富な商品を残したままです。

出典:

	

マレーシアの写真家Keow Wee Loongは、これらの無気味な画像を撮影するために除外ゾーンに入りました。

マレーシア生まれのルーンは「これらの3つの避難区域となった町の住民は、すぐに荷物をまとめたり貴重なものを持ち出すことはもなくすぐに避難した」と言った。

出典:Eerie images inside Fukushimas exclusion zone five years after the nuclear disaster | Daily Mail Online

	
27歳のLoongはガスマスクを着けてはいるが防護服はなく福島の4つの避難中の町を訪ねた。

出典:Eerie images inside Fukushimas exclusion zone five years after the nuclear disaster | Daily Mail Online

	
無人のDVDショップ。2011年までさかのぼるディスクの顧客名簿にある15万人は避難を余儀なくされた。

出典:Eerie images inside Fukushimas exclusion zone five years after the nuclear disaster | Daily Mail Online

	
福島県内に滞在中にルーンが訪ねた地域の中でも、完全に無人のスーパーマーケットのすべての商品の日付は2011年のままだった。

出典:Eerie images inside Fukushimas exclusion zone five years after the nuclear disaster | Daily Mail Online

	

ガスマスクしかつけていなくて防護服もなく半ズボンで、ポーズも不自然で嫌悪感を持つとする指摘もある。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Fossils15