• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
明仁天皇の「生前退位の意志表明」は安倍政権と日本会議の改憲=戦前回帰に対する最後の抵抗だった! 天皇陛下の生前退位 米紙が皇太子を分析「改憲と対照的」

サムネイル出典:

明仁天皇の「生前退位の意志表明」は安倍政権と日本会議の改憲=戦前回帰に対する最後の抵抗だった! 天皇陛下の生前退位 米紙が皇太子を分析「改憲と対照的」

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
明仁天皇の「生前退位の意志表明」は安倍政権と日本会議の改憲=戦前回帰に対する最後の抵抗だった! 天皇陛下の生前退位 米紙が皇太子を分析「改憲と対照的」

宮内庁関係者の間では、今回の「生前退位の意志」報道が、安倍政権の改憲の動きに対し、天皇が身を賭して抵抗の姿勢を示したのではないか、という見方が広がっている。生前退位こそが、今、安倍政権や日本会議が復活を目指している大日本帝国憲法の思想と真っ向から対立するものだからだ

今回のNHKの情報源は、天皇本人にきわめて近いスジではないか

「今回、スクープしたのはNHKの宮内庁担当のHという記者なんですが、彼は秋篠宮に食い込んでいる。そんなところから、天皇が秋篠宮を通じて意志を伝えたのではないかといわれています。実際、秋篠宮は数年前、記者会見で「(天皇の)定年制が必要になってくると思います」と述べたことがあり、このときも天皇の意向を代弁したものだといわれました。天皇はこのころからしばしば生前退位の制度を作るよう要望を出されていたのですが、1年前くらいからその意向が非常に強くなったようです」(全国紙宮内庁担当記者)
 たしかに、NHKがここまで踏み込んで報道したというのは、それくらい天皇の意志が強いということだろう。実はNHKは参院選を前にこのニュースを出そうとしたものの、官邸からストップがかかって、一旦、報道を断念している。普通ならそれでたち消えになるところを、NHKはもう一回、参院選が終わったタイミングで出してきた。これは、官邸を超える存在、つまり天皇サイドからの絶対的な後押しがあったとしか考えられない。
 では、なぜ、天皇は改めて、生前退位の姿勢を強く示したのか。新聞・テレビはたんに「自らの体調を考慮」などと報じているが、そんなことでこの行動は説明できない。なぜなら、現行の皇室典範でも天皇が公務に支障がある場合は、摂政をおくことができるからだ。

出典:明仁天皇の「生前退位の意志表明」は安倍政権と日本会議の改憲=戦前回帰に対する最後の抵抗だった!|LITERA/リテラ

	

生前退位こそが、今、安倍政権や日本会議が復活を目指している大日本帝国憲法の思想と真っ向から対立するものだからだ

生前退位というのは江戸時代後期までの皇室ではしばしば行われていた。ところが、明治になって、国家神道を国家支配のイデオロギーと位置づけ、天皇を現人神に仕立てた明治政府は、大日本帝国憲法と皇室典範によって、この生前退位を否定、天皇を終身制にした。「万世一系」の男性血統を国家の基軸に据え、天皇を現人神と位置づける以上、途中で降りるなどということを許すわけにはいかない。終身制であることは不可欠だったのだ。
 つまり、明仁天皇はここにきて、その明治憲法の真髄とも言える終身制をひっくり返し、真逆の生前退位を打ち出したのである。天皇が生前に退位するということは、天皇は国家の「役職」にすぎないということを示すことだ。役職だから、時期が来たら退位する。役職を果たせなくなったら交代する。もし、これが制度化されたら、天皇をもう一度、現人神に担ぎ上げ、国民支配のイデオロギーに利用することは難しくなる。そのために、天皇はこの「生前退位の意志」を明確にしたのではないか、というのだ。
 これはけっして、妄想ではない。天皇と皇后がこの数年、安倍政権の改憲、右傾化の動きに危機感をもっていることは、宮内庁関係者の間では、常識となっていた。実際、第二次安倍政権が発足し、改憲の動きが本格化してから、天皇、皇后はかなり具体的で踏み込んだ護憲発言を何度も口にしている。

出典:というのも、生前退位こそが、今、安倍政権や日本会議が復活を目|LITERA/リテラ

	

「ニューヨークタイムズ」は13日付けの紙面で、「生前退位の知らせは、まさに安倍晋三総理の自民党が参議院で圧勝した3日後のことだ。安倍総理は改憲発議の要件である3分の2議席を獲得したのである。安倍氏は長年にわたり、日本の完全な戦争放棄を謳う憲法の条文を覆したい(overturn)という野望を抱いている」と書いた上で、「天皇は公的な政治的権限を有していないにせよ、今上天皇が生前退位によって皇位を継承させる徳仁皇太子の存在は、安倍首相が目指す憲法改正と好対照をなしているかもしれない」

「天皇は政治的な権限を持っていないが、安倍首相が目指す憲法改正とは対照的な考え方を示すかもしれない」――。

 天皇が「生前退位」の意向を示されていると報じられたことについて、米紙NYタイムズ(電子版)は13日、天皇の地位を継承する皇太子を、「平和憲法を称賛してきた」と論評する記事を掲載した。

 記事では、天皇が03年に前立腺がん、12年に心臓手術などを受けたとし、公務負担が大きくなっていると指摘。昭和天皇も長い間、病気だったことから「天皇は(生前退位を)より容易にできるようにしたいと考えているようだ」との専門家の分析を伝えている。

「生前退位」は皇室典範の改正が必要で、少なくとも1~2年かかるとみられる。参院選でで勝った安倍政権は改憲に前のめりになりつつあるが、皇室典範の改正が優先されれば、改憲論議は後回しになる可能性がある。

出典:天皇陛下の生前退位 米紙が皇太子を分析「改憲と対照的」 | 日刊ゲンダイDIGITAL

	
仮に天皇陛下が退位されると平成という元号はどうなるのでしょう?
元号法では元号は皇位の継承があったときに改めるとされています。天皇陛下が退位されて皇太子さまが新たな天皇として即位されると、元号は平成から新たな元号に変わることになります。
	
天皇の生前退位(譲位)は、海外の王室の事例や、日本の過去の例を考えると別に驚くことではない。高齢で持病を抱えているのに、災害のたび、あちらに行かされている明仁さんを見ていると、早く引退させてあげればいいのに、といつも思う。退位を認めないのは、人権侵害・高齢者虐待だと思う。
	
天皇陛下の生前退位 米紙が皇太子を分析「改憲と対照的」
米紙NYタイムズは13日、天皇の地位を継承する皇太子を、「平和憲法を称賛してきた」と論評する記事を掲載した。
	
天皇陛下が皇太子さまに天皇位を譲る「生前退位」の意向を示されていることが明らかになった。意向の背景など、日経新聞の記事をもとにまとめた。
	
天皇生前退位がNHKで報道されたが宮内庁は否定。天皇は平和を求め、とりわけ戦争で被害を与えた中国、韓国に寄り添う。皇太子は護憲派。他方、自民党改憲案では、天皇は「国の象徴」から「国家の長」という立場に変更される予定。(ルモンド紙)
	
産経読売は天皇退位をゴリ押しする。報道が用意周到で出来すぎではないか?改憲拒否の天皇退位をゴリ押しする勢力が有るという事。強力な国賊勢力が有るという事
	
改憲勢力が衆参で3分の2を超えたタイミングでの天皇退位の意向の表明。自分の言葉で声明を語るとも伝えられる。憲法改正によって現行の天皇制が終わることを示唆する/に抗議する象徴的行為かもしれない。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21