• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
[動画] フランスがたびたびテロの標的にされる理由

サムネイル出典:

[動画] フランスがたびたびテロの標的にされる理由

Author:
threed365threed365
Posted date:
Update date:2016年08月15日
[動画] フランスがたびたびテロの標的にされる理由
フランスでまたテロが起きてしまった。止まらないテロの連鎖。フランスが標的とされるその背景を探る。
フランス、ルーアンの教会人質テロ事件。容疑者2人が5人を人質に。特殊部隊が容疑者を射殺。神父が喉を切られ死亡。AFP報道。フランスでテロが続発。止まりません。
	
フランス北部のイスラム教徒が、沈黙の行進を行い、テロリスト2名によって殺害されたジャック・アメル神父を追悼しました。 - Pars Today
	

仏北部の教会で人質1人死亡、襲撃犯2人は警察が殺害

【7月26日 AFP】(更新、写真追加)フランス北部ルーアン(Rouen)近郊にある教会に26日、ナイフを持った2人組が押し入り、人質となった司祭1人が殺害された。また人質もう1人が重体だという。仏内務省は襲撃した2人を警察が殺害したと発表した。

捜査当局に近い情報筋がAFPに語ったところによると、襲撃犯らは人質に取っていた司祭の喉をかき切っていたという。

出典:仏北部の教会で人質1人死亡、襲撃犯2人は警察が殺害 写真6枚 国際ニュース:AFPBB News

	

フランス北部サンテティエンヌデュルブレーの教会襲撃事件で、殺害されたジャック・アメル司祭(2016年6月11日撮影、同教区ウェブサイトより)
(c)AFP/PAROISSE SAINT-ETIENNE-DU-ROUVRAY
革命記念日を祝うフランス南部のリゾート地・ニース市で、またテロと思われる事件が起きた。なぜフランスばかり狙われるのだろうか。その理由を探った。

仏ニースのトラック突入、死者84人に 銃など武器積載

フランス南部のリゾート地・ニース市で14日午後11時40分(日本時間15日午前6時40分)ごろ、フランス革命記念日を祝う花火を見物するために集まった人たちの列にトラックが突っ込んだ。地元メディアは、75人が死亡したと報じた。負傷者も100人以上に達した。

出典:見物客に突っ込んだトラックの…:仏ニースで花火客の列にトラック突入 写真特集:時事ドットコム

	

トラックが突入した現場で負傷者を救急車へと運ぶ救護班=フランス・ニース(2016年07月14日) 
【AFP=時事】
地元当局は、「意図的な攻撃」の可能性があると指摘。「テロ」との見方も出ている。

出典:見物客に突っ込んだトラックの…:仏ニースで花火客の列にトラック突入 写真特集:時事ドットコム

	

動画:仏ニースのトラック突入、逃げ惑う人々

仏ニースで歩道にトラック突入、70人超死亡 テロ事案として捜査
At least 70 dead in Nice truck "attack"
フランス・ニースの事件直後の現場を撮影した動画。(多くの遺体が映っています。閲覧は自己判断で)→
	

フランスにはテロの標的になる社会的背景がある

Je Suis Ahmed(私はAhmed)

アハメド(Ahmed)は、2015年1月7日に起きたシャルリー・エブド襲撃事件で、新聞社から逃走する銃撃犯によって殺害されたイスラム系フランス人警官Ahmed Merabetの名前

1. 欧州一イスラム系移民が多いフランス 蔓延する差別や格差と国の無策

フランスは欧州最大の移民国家であり、イスラム系移民の数・比率ともに欧州一である。

フランスが所有していた旧植民地にムスリムが多かったことと、第二次大戦以降、労働者不足緩和のため旧植民地出身者を中心に移民を大量動員した政策による。

出典:シャルリー・エブド襲撃事件 - Wikipedia

	

マグレブ(Maghreb)

「マグレブ(英語ではマグリブMaghrib)」とは、地理的にアフリカ大陸の北西部、現在のモロッコ、アルジェリア、チュニジア三国を指します。
かつてこの地域を保護領もしくは植民地としていたフランスとのかかわりが深く、また現在、フランスにはこれら三国の移民が多数居住し、フランスの生活にもマグレブの文化が多く入り込んでいることから、フランスでは「マグレブ」という言葉を日常的によく見聞します。
ムスリムの移民二世三世達は、移民の集まって住む場所である出身地や、ムスリム系の名前によって就職などでも差別を受けており、そうした状況に対してフランス政府もこれといった対策を取らずにきた。

フランスの同化主義と相容れない移民2世3世らがコミュニティーを形成して住む地域の中には、治安悪化で立ち入れない区域(No-Go Area)も存在する。

出典:シャルリー・エブド襲撃事件 - Wikipedia

	

建物はBanlieueと呼ばれる郊外の公営住宅。貧しい移民が多く暮らす
また、同じムスリム間でも、出身国や民族の違いによる抗争や社会的階級差による分断や差別もあり、イスラム・コミュニティーと言っても一枚板ではなく、不満を持つ底辺のムスリムは孤立化し、過激化する傾向にあった。

出典:シャルリー・エブド襲撃事件 - Wikipedia

	

2. 排外主義の高まり イスラム文化との摩擦とムスリムの孤立化

フランスでは1980年代ごろからの慢性的な不況により階級格差や雇用不安が広がり、その原因を移民に求める傾向が出はじめ、極右の「国民戦線」が勢力を強めるなど、排外主義が高まっていった。

出典:シャルリー・エブド襲撃事件 - Wikipedia

	

マリーヌ・ル・ペン

国民戦線創始者で初代党首のジャン=マリー・ル・ペンの第3女で、2011年より同党党首。以前は父がつくり上げた党の極右イメージを払拭しようと努めてきたが、パリ同時多発テロ後、態度を一変。イスラム・テロの拡大を非難し、国境の厳重な管理で過激派を壊滅させるべきだと主張している
イスラム系移民の多かったフランスでは、反イスラムを中心とした排外主義が目立ち、イスラムの習慣や戒律が自由主義・民主主義に反するという名目で排外主義に利用されるようになった。

出典:シャルリー・エブド襲撃事件 - Wikipedia

	

ブルカ(burka)

イスラム教徒の女性が頭からかぶって全身をおおうように着る、マントのような衣服
(コトバンクより)

イスラム教徒の女性に公共の場所でブルカやニカブを着用することを禁じる法律が2011年に施行され、イスラム系住民の間に不満の声が広がった。
	

ニカブ(niqab)

イスラム教徒の女性が着用するベール。目以外の顔と髪をすっぽりと覆うもの
(コトバンクより)
自由や人権の名のもとになされる反イスラム的言説は批判しにくい側面があるため、イスラム嫌悪が蔓延し、ムスリムの孤立化をますます深めていった。

出典:シャルリー・エブド襲撃事件 - Wikipedia

	

3. シリア、イラクに向かう若者 増える「過激」なイスラム教への入信

欧州刑事警察機構(ユーロポール)によれば、聖戦主義に感化され、シリアやイラクの戦闘地域に向かったヨーロッパ人の中で、人口比ではベルギー人が最も多いが、人数としてはフランス国籍者が最も多いとされている。

出典: フランス風刺週刊紙襲撃テロ事件の裏側 | Web「正論」|Seiron

	

出典:facebook

			
シリア、イラクに在住しているフランス人は約500人(内務省、2015年10月現在)で、2014年初頭以来、急激に増加しているという。

出典:25. なぜ、ジハディスト(聖戦主義者)になるのか - フランス生活情報 フランスニュースダイジェスト

	
「彼らの約90%がインターネットのプロパガンダ(宣伝活動)によって、理想的な国への幻想を抱いて勧誘されている」(カズヌーヴ内相)。

出典:25. なぜ、ジハディスト(聖戦主義者)になるのか - フランス生活情報 フランスニュースダイジェスト

	

ISはインターネットで、「現在この世に自分の居場所がないと感じているだろうが、君たちは選ばれた存在であり、君たちを必要としているISには居場所がある。孤独も解消される。行動を起こそう」などと言葉巧みに勧誘しているという
シリアやイラクへと出発する若者の大半は、10代から20代初めだ。未成年者や女性もおり、ますます低年齢化が見られるという。

出典:25. なぜ、ジハディスト(聖戦主義者)になるのか - フランス生活情報 フランスニュースダイジェスト

	
彼らはまた、大都市郊外に住む移民2、3世のイスラム教徒とは限らない。カトリック教徒やユダヤ教からの改宗者や無宗教者のイスラム教への入信が増えつつある。

出典:25. なぜ、ジハディスト(聖戦主義者)になるのか - フランス生活情報 フランスニュースダイジェスト

	
イスラム教といっても、もちろん「過激」なイスラム教徒だ。居住地域も、都会、郊外、地方など一貫性がなく、フランス全土にまたがっており、移民や移民2世が多い地域とは限らない。

出典:25. なぜ、ジハディスト(聖戦主義者)になるのか - フランス生活情報 フランスニュースダイジェスト

	
ニースの事件で亡くなられた人の三分の一以上の人がムスリム教徒だったと。犠牲になるリスクは他の宗教の人たちと同じ位あるのにその後の偏見の犠牲にまでなるとしたらそんな気の毒な事はない。
	
フランスのラジオでニースのテロ事件の実行犯について、「むかしの精神病者は自分がナポレオンだと考えたものだが、現代の精神病者は自分がイスラム国の戦士だと考えるということもあるのではないか」と云っていて、なるほどと思ったよ。
	
ニースのトラック使ったテロの犯人のプロフィール。結婚によりフランスの滞在権を得たチュニジア人。
父親によると、ラマダンの断食もしないし酒は飲むは豚は食うわドラッグまでやるわでムスリムどころではなかったということ。
	
NHKニュース。仏ニースのテロについて、容疑者を知る近隣に住む男性が、
「日本で言う『引きこもり』だった」と。「hikikomori」と日本語で発音してた!
引きこもりって、世界共通語になってるの?
	
こうして見ると改めて言葉を失う。 / 仏ニースのテロ犠牲者に追悼の漫画、続々と
	
Une lectrice du nous envoie ce dessin après l"attaque de . Dire que l"été était arrivé...
	
ニースのテロ。犠牲者の数がどんどん増えてる。70人以上が亡くなられたみたい。友達や知り合いが巻き込まれてないか、とても心配しています。
	
フランス・ニースのテロ事件で犠牲者数は77人、さらに増える恐れも。射殺された実行犯のトラックに残された身分証によれば31歳のチュニジア系フランス人で地元在住との情報。オランド大統領は26日解除予定だった国家非常事態宣言を3ヶ月間延長、陸軍予備役兵を総動員し仏全土に配備すると発言。
	
「フランスは悲嘆と苦悩の中にありますが、フランスは強く、今日フランスを襲おうとする狂信者よりも常に強くあります」フランソワ・オランド大統領
	
ちょっと元をたどると、今日7月14日はフランスの革命記念日で、ニースや近隣の町では海岸で花火を毎年上げるんです。
今日は風が強くて近隣の町は花火を中止にしたらしいんだけどニースは決行、
花火が終わる10時半頃に白いトラックに乗ったアラブ系テロリストがプロムナードの人混みを走行
	
フランス革命の記念日を祝う昨日のパリのエッフェル塔の様子です。このまさに同じ瞬間に南仏のニースで殺戮が起きていたとはまさか思いませんでした。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
threed365