• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・こんな医療技術までも隠ぺいされていた現実を多くで共有しよう!!> 放射能被曝が原因かどうかを分かることが出来る方法があります。それは「染色体検査」 <これは50年前に確立された技術らしい>

<・・・こんな医療技術までも隠ぺいされていた現実を多くで共有しよう!!> 放射能被曝が原因かどうかを分かることが出来る方法があります。それは「染色体検査」 <これは50年前に確立された技術らしい>

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<・・・こんな医療技術までも隠ぺいされていた現実を多くで共有しよう!!> 放射能被曝が原因かどうかを分かることが出来る方法があります。それは「染色体検査」 <これは50年前に確立された技術らしい>

50年以上前から被曝量を正確に反映する生物指標が確立されている。 それは染色体検査。 染色体の分断再結合の異常は正しく被曝量を示すのですが事故後国も東電も自治体もこれを存在しないものように黙殺し続けている

(kenjiさん)50年以上前から被曝量を正確に反映する生物指標が確立されている。 それは染色体検査。 染色体の分断再結合の異常は正しく被曝量を示すのですが事故後国も東電も自治体もこれを存在しないものように黙殺し続けている
	

染色体検査をすれば、放射能被曝したかどうかが分かる!広島やチェルノブイリでは染色体異常が増加!各病院で染色体検査を受診可能!

福島では子供の甲状腺癌などが平均の数十倍から数百倍に激増していますが、未だにこのような数字を見ても、「放射能が原因なのかは分からない」と言っている方が大勢います。 そんな連中でも、一発で放射能被曝が原因かどうかを分かることが出来る方法があります。それは「染色体検査」です。

染色体の基本構成要素はDNAとヒストンである。一本の染色体には一本のDNAが含まれている。DNAは非常に長い分子であり、細胞核に収納するには折り畳む必要がある。DNAは核酸なので酸性であり、塩基性タンパク質のヒストンとの親和性が高く、全体的には電荷的に中和され安定化している。DNAとヒストンの重量比は、ほぼ1:1である。

最も基本的な構造はヌクレオソームである。八つのヒストンタンパク質からなるヌクレオソームヒストン(コアヒストン)は、約150塩基対のDNAを巻き取ることができる。ヌクレオソームの間にはヒストンH1(リンカーヒストン)が結合する。

出典:染色体 - Wikipedia

	
	

羊水染色体検査を実施している病院 - 病院・医院・薬局情報

知人や読者の方から聞いたのですが、「放射能が気になって染色体検査をして欲しい」とか言うと、何らかの理由をつけて断ってくる病院が多いようなので、実際に染色体検査を受けに行く方は、「赤ん坊の奇形や流産を防ぐために染色体検査をして欲しい」と言ったほうが良いでしょう。

今は「夫婦染色体検査」という物がありますので、これを利用するのもひとつの手です。本当は国が主導しなければいけないことなのですが、国は隠す方向で動いているため、個人が頑張るしかありません。
甲状腺検査などで異常判定をされた方は、是非とも染色体検査を受けてみてください。

出典:染色体検査をすれば、放射能被曝したかどうかが分かる!広島やチェルノブイリでは染色体異常が増加!各病院で染色体検査を受診可能!|情報速報ドットコム

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21