• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・いま、世界の潮流は、この矛盾との戦いが始まっている> 『「たった62人」の大富豪が全世界の半分の富を持つ 〜あまりにも異常な世界の現実(日刊ゲンダイ)』

<・・・いま、世界の潮流は、この矛盾との戦いが始まっている> 『「たった62人」の大富豪が全世界の半分の富を持つ 〜あまりにも異常な世界の現実(日刊ゲンダイ)』

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<・・・いま、世界の潮流は、この矛盾との戦いが始まっている> 『「たった62人」の大富豪が全世界の半分の富を持つ 〜あまりにも異常な世界の現実(日刊ゲンダイ)』

「たった62人」の大富豪が全世界の半分の富を持つ 〜あまりにも異常な世界の現実・・・大富豪が巨万の富を握り、庶民は重労働と薄給にあえぐ。そんな100年前の世界に、私たちは逆戻りしている。富める者はますます富み、一度落ちれば這い上がれない。これでいいわけがない・・・いま世界はこの矛盾と向かい合おうとしている。それがイルミナティ打倒と宣言したプーチン人気でありトランプ人気なのだ。そして英国のEU離脱はイギリス市民が1%のエリートにNOを宣言し始めたのだ

<いつかはクラウン・・・>40年前に大ヒットしたカローラのコピーだ!上昇志向は預貯金残高の多さを目指し、金銭の豊富さを自由と称し、物質的な豊かさをリッチと憧れた・・・そして便利な社会になり、快適な住空間に囲まれ個性的なファッションに包まれ多彩な食生活になったと思いきや石油化合物の毒に生活が覆われ、さらに医療と称する遅滞性毒殺の如く治療に頼りきる社会とはなんぞや!

現実の社会は巧みな嘘と欺瞞に満ち溢れ、我々99%の庶民は1%のエリートに命まで搾取され続ける、まるで古代エジプト時代の奴隷と変わらない虚栄の民主主義に世界の庶民は気づき始めた。実際の富を握るのは世界のたったの65名で、その忠実な僕連中が世界の1%といわれるエリートたちだ。第二次世界大戦のあとの冷戦時代に世界の民主化は推進されたように見えた。特に日本は総中流社会と言われたほど世界で最も生活格差のない社会が誕生した。それがソ連邦の崩壊で東西対立の時代が終わり南北対立といわれる富と貧の時代に入り世界中で急に二極化が進行した。日本は小泉政権で庶民の搾取と富裕層への富の再配分が始まっている。アベノミクスはこれを加速する成果を上げた。
トルコ・クーデターはイルミナティの統治変更?もともとISISをサポートして来たエルドアンに対し、ロシアと和睦に対する報復?謎だらけだ。(最近、旗の星が逆星マークが多い。共和党の象のマークも逆星、ヒラリーの星条旗も逆星、でトルコも)
	
映画「28週後...」謎のウイルスで人間が凶暴なゾンビ化するイギリス映画。英米はイルミナティに支配されている?
近年、欧米でサブカルチャーとして熱狂的なファンを集めるBOTHICはイルミナティへの反抗・対立を確信的な思想軸としている
拡散をお願いします。アノニマスが公開した、貴重なイルミナティ(フリメーソンの上位階級か?)の動画です。 我々を家畜(ゴイム)だと言い切る大富豪連中が戦争を巻き起こし、人工地震を多発させています。
	
	
プーチンの2016年,新年のスピーチ - 私はイルミナティを倒すつもりです! …:J・ロスチャイルドに、新世界秩序への反逆者と言われたプーチンは、イルミナティに敵であることを告げた!
	
イルミナティーのハンドサインに首飾りの画像

イルミナティが自ら暴露したNWO計画
ついにNWO始まる!イルミナティがネット上に堂々と姿を現しました!もう陰謀論と言ってる場合でない

	
	
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21