• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
世界中で広く使われてきたモンサント社の除草剤「ラウンドアップ」。この成分グリホサートに「人に対して発がん性をもつ可能性」があると世界保健機関がようやく認めた ・・・ 『沈黙の春』は終わっていない

サムネイル出典:

世界中で広く使われてきたモンサント社の除草剤「ラウンドアップ」。この成分グリホサートに「人に対して発がん性をもつ可能性」があると世界保健機関がようやく認めた ・・・ 『沈黙の春』は終わっていない

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
世界中で広く使われてきたモンサント社の除草剤「ラウンドアップ」。この成分グリホサートに「人に対して発がん性をもつ可能性」があると世界保健機関がようやく認めた ・・・ 『沈黙の春』は終わっていない

化学合成農薬が使われるようになったのは1950年代頃から。当初、多く使われるようになっていったのは、毒性が強く残留性で生物に蓄積する農薬(DDTなどの有機塩素系農薬)。これらが“害虫”だけでなく、その他の虫や鳥など生態系に深刻な悪影響を与えることを初めて警告したのが、レイチェルカーソンの名著『沈黙の春』(1962年)でした

ミツバチの大量死の重要な原因の一つでありヨーロッパや韓国、アメリカなどで規制の始まっているネオニコチノイド系農薬

レイチェルカーソンの名著『沈黙の春』(1962年)が警告した農薬に代わって、有機リン系やピレスロイド系、カーバメート系などの農薬が次々と市場に出て、広く使われるようになっていきました。

世界中で多様な農薬が膨大に使われるようになるにつれ、農薬と人の健康、たとえば発達障害、神経系と免疫系の障害、一部のがんのリスク上昇との関連が次第に明らかになってきました。
そして、比較的新しく登場してきたのが、ミツバチの大量死の重要な原因の一つでありヨーロッパや韓国、アメリカなどで規制の始まっているネオニコチノイド系農薬。
子どもの神経や脳の発達への悪影響も懸念されている農薬です。

出典:http://www.greenpeace.org/japan/ja/news/blog/staff/blog/53234/

	

何十年も使われてきた除草剤で、世界で最も広く使われているモンサント社の商品「ラウンドアップ」の成分グリホサートに「人に対して発がん性をもつ可能性」があると世界保健機関(WHO)が認めたのは今年になってのこと

このタイプが日本の畑や個人所有、企業で行うタイプに多く見られますね。しかも、除草剤に発がん性物質のラウンドアップを使うなどもWで公害を大拡散中です。燃えている煙からもダイオキシンが発生していますね。
	
世界保健機関(WHO)は23日までに、米モンサントが開発した除草剤「グリホサート」に発がん性の恐れがあるとする報告書を公表した。グリホサートは「ラウンドアップ」の商品名で知られる除草剤の主成分。
	
日産化学が販売するラウンドアップ。モンサント社が産み出したこの農薬は、発がん性や子供が重度の先天的異常を持って生まれてくるなど、健康被害が報告されているが日産化学は毒性を認めていない。アルゼンチンでの被害画像を見ても毒性が無いと言い張れるのだろうか?必見です。ぜひ検索を 
	
5つの農薬に発がん性 モンサント社ラウンドアップの成分グリホサートも

ダイアジノンはグリホサートと同じくらい危険と評価されてるのね。
	
「危険な除草剤成分「グリホサート」出生異常と発がん性ラウンドアップとダイソー100均除草剤など」
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21