• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・強かな女に騙されるな!> 小池百合子都知事候補の公式サイトに「東京に核ミサイルを」「核武装を」「急げ軍法会議」「少子化の最大の原因は頼もしい男性が減っていること」、そして子どもの命奪う #小池百合子さんの保育政策は危険です

サムネイル出典:

<・・・強かな女に騙されるな!> 小池百合子都知事候補の公式サイトに「東京に核ミサイルを」「核武装を」「急げ軍法会議」「少子化の最大の原因は頼もしい男性が減っていること」、そして子どもの命奪う #小池百合子さんの保育政策は危険です

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<・・・強かな女に騙されるな!> 小池百合子都知事候補の公式サイトに「東京に核ミサイルを」「核武装を」「急げ軍法会議」「少子化の最大の原因は頼もしい男性が減っていること」、そして子どもの命奪う #小池百合子さんの保育政策は危険です

小池百合子都知事候補は、ヘイトスピーチ団体の在特会の講演会に出たり、ヘイトスピーチ団体が選挙事務所でボランティアをやっていたり、核武装や他国への先制攻撃を主張する幸福実現党と共同演説会をしたり、「親の子育てが間違っているから発達障害になる」などと言っている親学推進議員連盟にも所属する、改憲・タカ派の旗振り役

「東京に米国の核ミサイルを」 今こそ「三矢研究」(=戦争を想定した国家総動員体制の確立)を行わなければいけない。そこに思いが至らない国会議員は、日本の国会議員ではない

そもそも日本の有事法制をめぐる議論が政治の舞台に現れたこと自体26年ぶりのことです。なぜ封印されたかを遡れば、昭和38年(1963)の「三矢研究」の禁止からでしょう。研究の対象は、ほかならぬ朝鮮半島有事だった。北朝鮮が38度線を越えて侵攻した際に、自衛隊、日本政府、米軍がどう動くかを、自衛隊統合幕僚会議がシミュレーションしていたのです。社会党の岡田春夫議員が暴露して大問題になり、その後お蔵入りとなったのですが、その朝鮮半島有事がいま、現実に起こるかもしれないのです。したがって、今こそ「三矢研究」を行わなければいけない。そこに思いが至らない国会議員は、日本の国会議員ではないんじゃないですか。

※「三矢研究」=自衛隊と統合幕僚会議がひそかに、朝鮮半島での戦争を想定して、国家総動員体制をどうつくるかを研究した「三矢研究」(1965年)のこと。国会で暴露され、国民の批判を浴びた。

軍事上、外交上の判断において、核武装の選択肢は十分ありうるのですが、それを明言した国会議員は、西村真吾氏だけです。わずかでも核武装のニュアンスが漂うような発言をしただけで、安部晋三官房副長官も言論封殺に遭ってしまった。このあたりで、現実的議論ができるような国会にしないといけません。(※↓座談会の中見出しには「東京に米国の核ミサイルを」と付けられ、西岡氏が「私が94年から主張してきたのは、「北朝鮮が核開発を続けている間は、日本は核武装ではなく、非核三原則における『核持ち込ませず』を凍結せよ」です。つまり、アメリカに核を持ち込んでもらう方がいい。日本がアメリカの核の傘に入ることを望むのであれば、核ミサイルを東京に持ってきてもらうのがベストです。北朝鮮が戦術核のある東京を撃てば、同じ戦略核が平壌に飛ぶことになる。日本の核武装はNPT体制の完全崩壊を意味しますし、日米安保体制を維持できなくなります。集団的自衛権の行使を認めない立場なら、実は論理的には独自核武装しかないのです。」と発言。

出典:小池百合子都知事候補の公式サイトに「東京に核ミサイルを」「核武装を」「急げ軍法会議」「少子化の最大の原因は頼もしい男性が減っていること」、そして子どもの命奪う #小池百合子さんの保育政策は危険です | editor

	
鳥:病み上がりの人を連れて来てどうするんだと言いましたね
小:言ってない。記憶にない
鳥:ニュースでもテロップ入りで
小:でもお元気になられたじゃないですか
鳥:ガンザバイバーに対する差別偏見だ
小:これが選挙なんですよ坂上さん
	
「小池百合子知事」が誕生すれば、彼女の極右思想からして東京でこれまでのように政府批判の集会や講演会が開けなくなるだろう。又彼女が在特会等ネオナチ様ヘイト団体とも懇意であることから、これまで以上に東京ではヘイト団体が大手を振って歩き、差別的なひどい言葉を放ちながら暴れまくるだろう。
	
小池百合子は自民党別動隊…いや、本体だよ。除名されてないしね。日本会議のバリバリの中心メンバーで極右女だよ。ただ無思考のまま「女性都知事を誕生させたい」と言う理由だけで入れたら地獄を見るよ。東京からまず、脱茹でガエルを実現しようよ、都民の皆さん!
	
小池百合子は「信念や理念はないが、機を見るに敏な才能の持ち主」 元小沢側近が語る(デイリー新潮) - Yahoo!ニュース
創価学会と幸福の科学とヘイト団体に支援され、日本会議にも参加のバリバリの極右候補。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21