• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
[EU] リーマン・ショックの悪夢再び?「ドイツ銀行が危ない」

[EU] リーマン・ショックの悪夢再び?「ドイツ銀行が危ない」

Author:
threed365threed365
Posted date:
[EU] リーマン・ショックの悪夢再び?「ドイツ銀行が危ない」

金融市場は次なるショックに脅えている

「ドイツの銀行が危ないという話がまことしやかに流れています。EU残留で利益を得られるようなデリバティブ(金融派生商品)で、巨額損失を出したというのです。真偽は定かではありませんが、こうした怪情報は世界中の金融市場で次から次へと浮上しています」(株式アナリストの黒岩泰氏)

出典:英EU離脱の余波 「ドイツの銀行が危ない」電撃情報流れる | 日刊ゲンダイDIGITAL

	
6月中旬にはEU離脱問題と関係なく、ドイツ銀行の経営悪化が伝わった。中国投資での焦げ付きやパナマ文書がらみで巨額損失が発生。排ガス不正で揺れている独フォルクスワーゲンへの融資も経営を直撃し、1兆円規模の損失を計上する可能性が報じられた。

出典:英EU離脱の余波 「ドイツの銀行が危ない」電撃情報流れる | 日刊ゲンダイDIGITAL

	
そこに英国のEU離脱が重なった。ドイツ銀行は英国向けの融資残高が多いとされ、ポンド安などによる通貨不安も経営にマイナスだ。

「EUを支えるドイツの銀行が、仮に経営破綻したら、金融市場は間違いなく大混乱します。それをキッカケに世界中でパニックが起きるでしょう。08年のリーマン・ショックに例えると、英国のEU離脱は、サブプライムローン問題が表面化したのと同じです。本格的な危機は、あとからやって来ます。ドイツの金融機関が破綻したら、EU域内、米国、そして日本の金融機関へも危機は伝播します。世界恐慌の入り口になるかもしれない」(市場関係者)

出典:英EU離脱の余波 「ドイツの銀行が危ない」電撃情報流れる | 日刊ゲンダイDIGITAL

	

ドイツ銀行は何が問題なのか?

7月29日といえば「日銀の政策決定会合」のほうに注目が集まりますが、実は同日、欧州銀行監督局(EBA)によるEU加盟国の主要51銀行を対象にした「ストレステスト(健全性審査)」の結果発表も実施されます。

21日の「ECB理事会」後の記者会見でも「ドラギ総裁」がいろいろと質問を受けていましたが、この「ストレステスト」では、イタリアの銀行の結果とともに「ドイツ銀行」がどのような結果になるかに大きな注目が集まりつつあります。

出典:29日の欧州ストレステスト結果前に改めてドイツ銀行リスクについて考える|FXワークス

	
6月29日には「米国FRB」による「ストレステスト」が行われましたが、米国で取引を行っている銀行として「ドイツ銀行」は不合格を喰らう結果となっており、本場の欧州でも不合格となるとかなり大きな問題になることが予想されています。

今年6月「IMF」が発表したレポートでも世界で最もリスクの高い銀行として実名で指摘を受けていますので、今回不合格にでもなるようなことがあれば、かなりの金融不安を引き起こすことになり、為替相場は「日銀の政策決定会合」の比ではないリスク回避の動きになることも予想されます。

出典:29日の欧州ストレステスト結果前に改めてドイツ銀行リスクについて考える|FXワークス

	

市場が注目しているデリバティブ損失の発生懸念

デリバティブというのはFXや「CFD」などと同じで証拠金取引となりますから、損失がでればかなり大きなものになることは間違いありません。

また含み損部分については清算が完了するまでは損失がわかりにくく、かつ金融当局も株主もそれをしっかりと掌握できない点が問題を正確に把握できないといったリスクがあります。

「ドイツ銀行」のデリバティブ取引の総額は数千兆円規模といわれ、すくなくともドイツの「GDP」の数倍以上の取引額とされています。

出典:29日の欧州ストレステスト結果前に改めてドイツ銀行リスクについて考える|FXワークス

	

名門ドイツ銀行の先行きは暗い?
(フランクフルトの本店)
Kai Pffaffenbach-REUTERS

落ち着いているように見えても問題が顕在化すれば大事に

「ドイツ銀行」には悪い噂が耐えませんが、今回の「ストレステスト」で何かが指摘されると、とんでもない問題の引き金を引く可能性があり、ユーロの下落といった単純な問題だけではなく金融株全般の問題が顕在化するきっかけになる可能性があるのです。

「リーマンショック」以降、いわゆる投資銀行業務というのは米国ではかなり制限を受けることになり、それにとって代わったのが欧州系の銀行といわれます。

なかでも規模の大きな「ドイツ銀行」は人一倍リスクの高い業務に手を出し今日に至っているようで、まかり間違えばリーマン後の次の市場の大暴落はここから始まる可能性すらある状況なのです。

出典:29日の欧州ストレステスト結果前に改めてドイツ銀行リスクについて考える|FXワークス

	

そもそもドイツ銀行とは?

ドイツ銀行は、ドイツの民間銀行トップです。ドイツ連銀である中央銀行、通称「ブンデスバンク」とは別で、民間の銀行です。日本でいえば、三菱東京UFJ銀行と野村證券をかけあわせたような感じです。

出典:経営危機に揺れる「ドイツ銀行」の考察~一番手は、つぶれにくい=児島康孝 | マネーボイス

	
ドイツ銀行
本部:ドイツ ヘッセン州
代表:アンシュー・ジェイン (2012年〜)
設立:1870年3月10日

ドイツ銀行は、フランクフルト・アム・マインに本店を置くドイツのメガバンクである。大不況 期に国内最大の銀行へ成長した。

出典:ドイツ銀行 - Wikipedia

	
【デリバティブ爆弾破裂寸前❗️】他に気になるのはドイツ銀行です。ドイツ銀行の株価も倒産レベルまで売り込まれています。ドイツ銀行が抱えるきちがい沙汰のデリバティブ残高にも注目です。
	
ドイツ銀行が本気でデフォルトしたら大恐慌ですから目をつぶってベアなり買えばいいですよ
記録的な物凄い暴落きます〜
でも、個人的に言えばドイツがデフォルトするならもっと他がデフォルトしてますw と、思ってますw
	
27日に決算発表を控えたドイツ銀行の日足チャートです(+0.28%)。ローソク足の下に入れたのは空売り残です。誰も良い決算を予想していない、という言葉を肯定するように大量な株が空売られたままの状態です。
	
ドイツ銀行が国内723支店のうち、4分の1にあたる188支店を閉鎖することにしたようです。

	
ソロス氏 ドイツ銀行は「最も脆弱」な大手商業銀行 WiWo誌
	
29日に欧州の銀行のストレステストの結果がでるらしいがここでドイツ銀行がどういう扱いになるのかが注目~日銀の政策決定会合でまた現状維持がでて売り込まれロンドンタイムにストレステスト結果でウルトラリスクオフ大会という最悪な展開も十分に想定される危険な相場 (#`Д´)ノ
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
threed365