• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・ネットで気になる情報は、自分で調べて自分で考えて自分で判断するのが基本!> 良質の天然塩が放射能を遮断(海水塩・岩塩)

サムネイル出典:

<・・・ネットで気になる情報は、自分で調べて自分で考えて自分で判断するのが基本!> 良質の天然塩が放射能を遮断(海水塩・岩塩)

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<・・・ネットで気になる情報は、自分で調べて自分で考えて自分で判断するのが基本!> 良質の天然塩が放射能を遮断(海水塩・岩塩)

アメリカは原爆で被曝した少女たちに海水塩を与えて放射能との関係性についての実験をした、という話もあります。 放射能は人間の肉体を酸性化していく中、陰性である海水塩は人間の体を中和し、放射能を遮断することができるというもの

良質の天然塩をうまく取り入れることで放射能の害から体を守ることができます。

広島では原爆症から体を守るために味噌が活用されましたが、塩が放射能から体を守ることに有効であることは、味噌が放射能の遮断に有効である理屈と共通します。
放射線の性質は拡散性=陰性であるとされています。陰性であるがために、逆に強い陽性のものを取ることで対抗することができます。
味噌同様に塩も陽性であり、拡散性のある陰性の放射線に対して塩には収縮性があります。そのために塩をうまく使うことで、放射能から身を守ることができる、というわけです。
「30cmの塩の壁を造ると放射線は透過できない」といわれています。
人間の場合も同様で、海水を煮詰めて作ったよい塩気をしっかり補給して体内に循環させておけば、放射線の害からかなり身を守ることができるとされています。
塩分の取り過ぎは逆に体によくないとされていますが、適当な量の塩分をしっかり取ることで、放射能に対抗していくことも頭の片隅に入れておくとよいでしょう。
放射線の性質は、物を透過して遠くに広がろうとする強力な拡散性です。
ですから原爆症は、爪や皮膚が溶けてケロイド化し、毛穴が開いて髪の毛が抜けたり、原爆の場合は熱線によって一瞬で体が溶けて揮発してしまうという点です。
放射線治療などで被曝した場合は、赤血球や免疫細胞が溶けて貧血の傾向や白血病が起きたり、腸がゆるんで便秘をしたり、体が冷えてだるくなったり、髪の毛が抜けたりといった陰性化した症状が現れます。
この時に、陰性の強い砂糖を含む食べ物や、果物、アルコールなどを摂取すると、非常に危険であるということです。反対に塩は砂糖と比べると陽性で収縮性が強く、きゅうりやナスを塩でもんだり、塩漬けしておくと縮んでいきます。

出典:良質の天然塩が放射能を遮断(海水塩・岩塩) | 食べもので放射能対策〜栄養と排出〜

	

原爆症を治療した秋月博士も提唱した塩

塩のナトリウムイオンは造血細胞に活力を与えるという秋月博士の持論から、長崎の原爆の爆心地においても、塩が与えられていました。
博士は次のように命令しました。
「爆弾をうけた人には塩がいい。玄米飯にうんと塩をつけてにぎるんだ。塩からい味噌汁をつくって毎日食べさせろ。そして、甘いものを避けろ。砂糖は絶対にいかんぞ」
博士は自身の経験から、レントゲンを受けたあとに起こることがある全身の倦怠感などには生理食塩水より少し多めの塩分を含んだ水を飲むとよいということを思い出し、原爆の放射能から体をガードするには塩が有効であることを推理したといいます。
 
また同時に、砂糖を摂ることを禁じたり、味噌を摂ることを提唱しました。そうしたことで、博士および治療にあたったスタッフに、原爆症の症状が出なかったといいます。その後も、普通は出る原爆症の症状も出ずに、ずっと生き延びています。

出典:良質の天然塩が放射能を遮断(海水塩・岩塩) | 食べもので放射能対策〜栄養と排出〜

	

活性酸素を除去する効果のあるヒマラヤ岩塩

上記記事では、岩塩はナトリウムになるので効果がない上に悪影響があり「良質の天然の海水塩がいい」とのことですが、ヒマラヤ岩塩は別枠と言えます。
当サイト管理人もヒマラヤ岩塩を愛用しています。ヒマラヤ岩塩以外の要因もあるであろうことながら、すこぶる調子がいいです。

出典:良質の天然塩が放射能を遮断(海水塩・岩塩) | 食べもので放射能対策〜栄養と排出〜

	
子供たちの健康を守るためには、過去の貴重な事例に学ぶことが重要だと思いました。放射能汚染から命を守る最強の知恵―玄米、天然味噌、天然塩で長崎の爆心地でも生き残った70名
	
(๑´・ᴗ・`๑)爆心地の近くで被爆したにもかかわらず深刻な放射線障害を受けなかった秘密は玄米菜食だったのです。 放射能汚染から命を守る最強の知恵―玄米、天然味噌、天然塩で長崎の爆心地でも生き残った70名
	
毎日にんにくと梅干しを食べて、天然ビタミンCを取る。重曹水で野菜を浸けて、農薬、放射性物質除去。夜は重曹と天然塩のお風呂、少量の重曹でやさしく歯磨き。虫歯、口内炎にも有効。被曝対策に!
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21