• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<選挙が不正で潰されるならネットから正義の火を燃やそう!> 国際基準に照らしてヒドすぎる日本のメディア報道 <新聞を破け、TVを潰せ!!>

<選挙が不正で潰されるならネットから正義の火を燃やそう!> 国際基準に照らしてヒドすぎる日本のメディア報道 <新聞を破け、TVを潰せ!!>

  • Theme:
Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<選挙が不正で潰されるならネットから正義の火を燃やそう!> 国際基準に照らしてヒドすぎる日本のメディア報道 <新聞を破け、TVを潰せ!!>

日本社会からマスコミは消えた・・・政府広報機関となった新聞やTVやラジオから流れるのはもはやニュースではない。誤報でもない。アメリカの傀儡政権となった安倍内閣や日本会議の広報宣伝に過ぎない!!騙されてはいけない、世界の動向、日本の動向を知りたくば新聞を破れ、TVを潰せ!!真実はネットの中に隠れている

 米紙「ニューヨーク・タイムズ」のマーティン・ファクラー東京支局長が、日本の大手紙の報道ぶりに本気で怒っている。「イスラム国」によって邦人2人が殺害された事件に関連して、「神奈川新聞」(3月3日付)のインタビューに答えてこう語っていた。

「日本のメディアの報道ぶりは最悪だと思います。事件を受けての政府の対応を追及もしなければ、批判もしない。安倍首相の子どもにでもなったつもりでしょうか。保守系新聞の読売新聞は以前から期待などしていませんでしたが、リベラルの先頭に立ってきた朝日新聞は何をやっているのでしょう。もはや読む価値が感じられません。私がいま手にするのは、日刊ゲンダイ、週刊金曜日、週刊現代といった週刊誌です。いまや週刊誌の方が、大手紙より読み応えがあるのです」

 いやあ、NYタイムズ支局長が本紙の愛読者とはビックリ仰天だが、裏返せば、日本の大手紙が国際基準に照らしてそれだけ酷くて「読むに値しない」ということである。

 先に来日したドイツのメルケル首相は講演先に朝日新聞社を選び、「ドイツは過去ときちんと向き合った」こと、「福島原発事故に学んで脱原発の決定を下した」ことを語って、上品かつやんわりと安倍政権の歴史修正主義と原発再稼働方針を批判したが、「言論の自由」についても多弁を弄し、「言論の自由は政府にとって何の脅威でも問題でもない。さまざまな意見に耳を傾けなければならない」と強調した。

 このことの全体的な意味を、朝日新聞自身がちゃんと理解していたのかどうか疑問だ。従って同紙は読者にもそれをきちんと伝えていないのだが、実は、昨年夏に従軍慰安婦問題をめぐるいわゆる「偽証」問題で朝日が政府・国会・マスコミから袋だたき状態に遭った時に、独有力紙「フランクフルター・アルゲマイネ」は「安倍政権はリベラルなメディアの息の根を止めようとしている。メルケル首相は安倍にクギを刺すべきだ」という論調を張っていた。

 メルケルはまさにそのような独メディアの空気を背に、あえて朝日で講演して言論の自由について語り、暗喩として「朝日頑張れ」のメッセージを繰り出したのだ。が、私の見るところ、朝日はこのメルケルの腹の据わりを受け止め切れていない。

 ファクラーは「日本はいま、重大な局面を迎えています。平和主義を守り続けるのか、米国や英国のように『列強』としての道を歩むのか」と言うが、その重大局面に正面から向き合っているのが本紙だけだとしたら余りにも寂しい。

出典:国際基準に照らしてヒドすぎる日本のメディア報道 | 日刊ゲンダイDIGITAL

	
しかし、驚いてしまった。都議会の冒頭解散は一番の公約だったはず。それをいきなり、反故にするかのような発言。そこに突っ込まないマスコミ。「これだけの支持を得たので」は理由にならない。当選は「支持を得て」に決まっている。
	
30年間、原発の建設を阻止してきた祝島、でも同じです。青森の大間でも。どうしようもない不条理のしわ寄せを喰らう地域住民の所へ、マスコミの記者たちはなかなか来ません。
来なきゃ、ダメです。
命を懸けて、取材してほしいです。
	
小池氏、騙される貴方が悪いのよ②との関係問われ小池氏「都民の方々から選ばれた都議会の方々とも、しっかりと都民のための政策の実現のために、これからも連携をとらせていただきたい」(朝日).マスコミは自民党にいじめられる小池像報道。メディアは騙した側ですね。醜いマスコミだ。
	
山本太郎さん()の応援
普段マスコミで扱われないような福島の東電原発から流れ出る汚染水の言及がありました。鳥越さんは安倍総理が言った汚染水は港湾内でブロックされているのは嘘だと訴えてくれた。本当に感謝。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21