• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・すでに日本という国家の支配権をアメリカと中国が争い始めた?> 中国人の土地・不動産所有を制限すべき

<・・・すでに日本という国家の支配権をアメリカと中国が争い始めた?> 中国人の土地・不動産所有を制限すべき

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<・・・すでに日本という国家の支配権をアメリカと中国が争い始めた?> 中国人の土地・不動産所有を制限すべき

中国では日本人が土地を資産として所有することはできません。 ですが、日本での中国人の不動産取得は自由です。自由というより野放し状態と言っていいでしょう。 現実に星野リゾートが開発したトナムは中国人の手に渡りました

中国人にわたっても、従来通り日本人の利用ができるのであれば問題は少ないのですが、買収されると、そこは中国人専用の租借地の様な状態が出現

日本の水資源の元である原野・山林がどんどん中国資本に買収されている現実をリスクととらえてものではと思うほどのレベルになってきました水源を、環境破壊がお得意の中国人が開発や占有したらどうなるでしょう?

出典:中国人の土地・不動産所有を制限すべき | 高雄・kazan

	

問題なのは、所有不動産のオーナーの経済的基盤が確立されている間は管理とその指導が行き渡りますが、そのオーナーの経済的基盤が消滅した時にはどうなるでしょう?

現在日本では治山治水上の問題で原野山林の防災対策を講じようとしても、土地の権利関係が複雑になり、権利者が日本中に拡散して権利関係を調査するだけでも、膨大な日数と費用が発生し、防災対策工事の着工が行われないという事態が各地で起きています。

中国人の所有不動産が、行政の管理と指導から除外されたとき、そこが防災上の対策工事の必要性が生じた場合、所有者の経済的基盤が棄損されていた場合、権利関係が複雑化し、かつ広範囲なグローバル化になった時、そこだけが、治山治水・防災工事が不可能になり、その土地の下流域の防災対策ができない事態が発生します。

従来から、農村や山村では、共同体が、農作業用の用水や山林の間伐などで治山をしてきました。 自分達の済む場所より高位地での治山治水は、運命共同体としてのつながりの中で、有効に管理されてきました。

そこに意思の疎通、価値観が共有できない中国人が入り込んで来たら、共同体はどうなるでしょうか。

さらに、所有者の経済基盤が失われた時、その不在権利者とどのように連絡を取るのでしょうか?

中国人の金持ちは、その経済基盤が、ある日突然、国家の都合で破産状態になったり、今囁かれている中国経済の崩壊で不透明な存在であることは目に見えています。

さらに、国家の統制の元、中国政府自体が、ダミーに隠れて、所有するというリスクも排除できません。

中国政府は、もはや日本の友好国家ではありません。準敵対国家です。

その敵対国家が広大な土地を所有し、水資源の独占をしたらそのリスクは計り知れないものになります。

出典:中国人の土地・不動産所有を制限すべき | 高雄・kazan

	

問題の本質とは?

今日の政治や行政や財閥系大企業などに国防という意識が皆無であるという点です
憲法9条の改正に国防という大きなテーマが掲げられてますが、今日の政府行政の意識にあるのは売国以外になにもありません。集団的自衛権の発揮行使は資金力と人材力の欠乏したアメリカ軍の補充を日本の自衛隊にそして将来は日本の軍隊に肩代わりさせたいだけです
日本の国防上たいへん重要な事件が最近とみに発生してますが外務省はほとんどなにもしてません
日本という国家を管理する立場の管理職たちが私利私欲のため国防でなく売国にひた走りの今日です
中国人による不動産買い占め
日本中が狙われている!
中華街が至る所に出現し、治安が悪化する未来などNO
さらに有事には「本国の指令で日本で決起する」のですよ!
日本のTVは
中国人によって《人口が増え、消費が伸びる》と能天気な刷り込みをしていますが、
これを
侵略というのです!
	
中国人による日本の不動産買い占めは、近い将来日本の領土が無くなることだね。日本人は職と住まいを失われ、中国人による支配が始まる訳だ。
	
国とは何か・・・土か人か?
国家の本質とは国土を示すのか、はたまた国民を示すのか?という名言です!
もちろん答えは<人>です
中国も国を追われた華僑たちが世界で生き延び、時来たりと故郷を支持したことで今日の中国が復活しました。インドの経済復興の勢いは遮るものを知りませんが、そのインドも印僑たちが世界中に散らばり故郷を支え始めたからに過ぎません
近々、真の愛国心を持つ日本人たちが海外に逃げ出す時が近づいてきたようでもあります
今日の日本という国土、日本という国の経済力、産業という技術力、そして信教という国家への愛国心が実に多く侵略されています

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21