• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・詐欺政権にいつまで騙されてんだろうね?> 家族の絆が大切と言って家族への公的支援はイギリスやフランスの半分以下の日本、社会保障費全体(2013年)でもフランスの68%しかない日本、「寄付」や「家族の支えあい」にすり替え社会保障削減狙う安倍政権

サムネイル出典:

<・・・詐欺政権にいつまで騙されてんだろうね?> 家族の絆が大切と言って家族への公的支援はイギリスやフランスの半分以下の日本、社会保障費全体(2013年)でもフランスの68%しかない日本、「寄付」や「家族の支えあい」にすり替え社会保障削減狙う安倍政権

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<・・・詐欺政権にいつまで騙されてんだろうね?> 家族の絆が大切と言って家族への公的支援はイギリスやフランスの半分以下の日本、社会保障費全体(2013年)でもフランスの68%しかない日本、「寄付」や「家族の支えあい」にすり替え社会保障削減狙う安倍政権

家族が大切というのなら、まずもって家族への公的支援をするのが普通の政府だと思いますが、客観的に見ると日本ほど家族への公的支援が少ない国はそうそうありません

日本の家族への公的支援1.74%というのは、イギリス、デンマーク、アイルランド、ハンガリー、ルクセンブルク、スウェーデン、フランス、アイスランドの半分以下です。 そもそも社会保障への公的支出全体を比較しても下のグラフ(OECDの直近データ)にあるように、OECD34カ国平均を少し上回ってはいますが、フランスの68%しかありません。

安倍政権は、子どもの貧困対策で寄付をつのったり、「家族の絆」だけを強調したりするなど、政府の責任を放棄しています。こうした安倍政権の動きを、稲葉剛さんは社会保障削減を家族による支えあいで代替させようとする「絆原理主義」だとして批判しています。

実際、「家族の絆」の強調とあわせて、財務省やマスコミなどは日本の社会保障費の増大が財政危機をもたらしているかのようなことを吹聴し社会保障削減は必至であるかのような論調を拡散しています。しかし、上の2つのグラフにあるように、日本の家族への公的支援は激しく少なく社会保障費全体で見ても多い方ではないのです。客観的数字で見て社会保障費が財政危機の原因でないことは明らかなのに、「寄付」や「家族の支えあい」にすり替え社会保障費削減をすすめようとしている安部政権のウソとペテンに騙されないようにする必要があります。

出典:家族の絆が大切と言って家族への公的支援はイギリスやフランスの半分以下の日本、社会保障費全体(2013年)でもフランスの68%しかない日本、「寄付」や「家族の支えあい」にすり替え社会保障削減狙う安倍政権 | editor

	
「なぜ安倍自民党ではダメなのか」

・経済成長率マイナス1.9%(民主党政権時代より悪い数値)
・労働者派遣法改悪推進。
・制裁解除したのに北朝鮮拉致問題は進展せず。
・財政赤字は悪化。
・社会保障削減。
・にもかかわらず増税。
・カジノ法案推進。
etc.
	
家族の絆が大切と言って家族への公的支援はイギリスやフランスの半分以下の日本、社会保障費全体(2013年)でもフランスの68%しかない日本、「寄付」や「家族の支えあい」にすり替え社会保障削減狙う安倍政権 | editor
	
日本の大企業・富裕層はタックスヘイブンで世界第2位の巨額な税逃れ、庶民には消費税増税と社会保障削減 | editor
	
たぶんきっかけは、生活保護の不正受給問題がマスコミに取り上げれたときから。あの辺りからじゃないですかね。あの辺りから、政治が「無駄な支出」を減らすための社会保障削減を正当化し始めた。そんな気がします。
	
安倍が世界にばらまいた金は85兆円超!国民には増税増税、社会保障削減!東京五輪が日本経済にトドメの - みんなが知るべき情報/今日の物語

…昨年12月の記事。
国家予算(一般会計)に匹敵する金額。。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21