• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<日本は高度成長期のころ世界からエコノミック・アニマルと呼ばれていた> フィリピンが日本への出稼ぎに警鐘 米国も指摘する「人身売買」の実態は(BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース  <日本人の農協御一行様が海外旅行を始めたころ、日本人は海外からセックス・アニマルと呼ばれた>

<日本は高度成長期のころ世界からエコノミック・アニマルと呼ばれていた> フィリピンが日本への出稼ぎに警鐘 米国も指摘する「人身売買」の実態は(BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース  <日本人の農協御一行様が海外旅行を始めたころ、日本人は海外からセックス・アニマルと呼ばれた>

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<日本は高度成長期のころ世界からエコノミック・アニマルと呼ばれていた> フィリピンが日本への出稼ぎに警鐘 米国も指摘する「人身売買」の実態は(BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース  <日本人の農協御一行様が海外旅行を始めたころ、日本人は海外からセックス・アニマルと呼ばれた>

今日の実態として真に問題なのは・・・、日本人の児童買春だろう。日本人にはロリコン趣味が多い。二次元の世界では飽き足らず児童買春にアジアに通う日本人は公職出身者に多いのが知られている

フィリピンの首都マニラにある繁華街マラテ・エルミタ地区。何十軒ものフィリピンパブが立ち並び、明け方まで日本人や韓国人が行き交う。この街では、驚くほど高い確率で日本での出稼ぎ経験を持つフィリピン人女性に出会う。

国連が定めた人身取引反対世界デー(7月30日)を機に、フィリピン外務省は8月3日、出稼ぎ希望の女性たちに注意を呼びかける声明を発表した。違法に日本に渡ると、人身売買の被害に遭う危険性があるという内容だ。

出典:フィリピンが日本への出稼ぎに警鐘 米国も指摘する「人身売買」の実態は (BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース

	

フィリピンが日本への出稼ぎに警鐘 米国も指摘する「人身売買」の実態は

束縛・搾取、性的サービスの強制も
この地区のパブで「ママさん」として働くフィリピン人女性(36)。客として来店した日本人男性に誘われて偽装結婚した結果、日本で性的産業での労働を強要されたフィリピン人女性たちを知っている、と証言する。

ママさんによると、被害に遭う女性は大半が貧困層出身。仲介業者が囁く「日本での高収入」に魅力を感じ、甘い誘いに乗ってしまう場合が多いという。

渡航費用などの借金を理由に束縛・搾取されたり、事前に知らされていないにも関わらず、客に対して性的サービスを強制されたりするケースが後を絶たない。このママさんは性的搾取にあった知人を救うため、来日した経験もある。

悪徳業者の暗躍で人身売買に巻き込まれてしまうケースがある一方、日本でパトロン役の男性を見つけ出し、一攫千金を狙う女性が多い、とも語る。

「お金持ちの大きな獲物を捕まえる機会と捉えている女の子もいます。オカネモチ、オジサン、カンタン、ダマス」(ママさん)

「ジャパユキ」の変遷
フィリピン外務省は声明で、「働き口がある」と悪徳業者に騙され、日本に違法入国した場合、性的産業で強制労働させられる危険性を指摘した。

「就労を約束したにも関わらず、日本での労働ができない観光ビザで入国させる」「日本人と偽装結婚する」など具体的な手口も挙げている。それらの誘いに乗らず、渡日する場合は政府機関で正式手続きを踏むように訴えた。

フィリピン政府は、出稼ぎ労働者から送金される外貨で国内経済を潤す経済政策をとっている。いわゆる「労働力の輸出」だ。海外からの送金額は、フィリピンの国内総生産(GDP)の約1割に達し、経済を下支えしている。

日本では1980年代から、フィリピンパブで働く女性出稼ぎ労働者「ジャパユキ」が急増した。当時、彼女らは名目上、「興行ビザ」で芸能人や歌手として入国し、労働する形態が主流だった。

90年に日本が入管法を改正して以降、審査が厳格化され、興行ビザで入国する「ジャパユキ」は減少。それに変わって、労働が許可されていない観光ビザ、もしくは偽装結婚して渡日し、仕事を得るケースが急増した。

フィリピン外務省によると、2015年中に報告があった日本への人身売買は6件。うち2人は性的に搾取され、4人は強制労働の被害にあったという。これは報告件数で、氷山の一角と言われる。

「年の差婚」に監視の目
BuzzFeed Japanの取材に応じたフィリピン外務省のチャールズ・ホセ報道官は「注意喚起は在日フィリピン大使館から発案されたが、内容は、全ての国のフィリピン人海外就労者に当てはまる」「近年、人身売買の被害件数が増加しており、厳格な対策を講じている」と強調した。

フィリピン人と日本人の国際結婚をアシストする業者「KSPインタートレードコーポレーション」の小宮清さんによると、フィリピン政府は近年、偽装結婚に対する対策を強化し、婚姻手続きに要する時間は長くなっているという。

小宮さんは「60代の日本人男性と20代のフィリピン人女性など、『年の差婚』への監視を特に強めているようです」と語る。

米国務省は、世界での人身売買の実態をまとめた年次報告書(2016年版)で、日本を「人身取引撲滅のための最低基準を十分に満たしていないが、満たすべく著しく努力している」と評価している。

日本は、ナイジェリア、バングラデシュ、ジャマイカなどと同じレベル。 このレベルにランクされているのは、主要7か国では日本だけだ。

出典:フィリピンが日本への出稼ぎに警鐘 米国も指摘する「人身売買」の実態は (BuzzFeed Japan) - Yahoo!ニュース

	
日本への出稼ぎに「人身売買」リスク、フィリピン政府が警告
	
じつは日本は「人身売買当事国」なんだよね。日本人の認識する「人身売買」の範疇がものすごく狭いのでそうはとらえてないけど

フィリピンが日本への出稼ぎに警鐘 米国も指摘する「人身売買」の実態は
	
➀フィリピン外務省声明「日本で性労働や強制労働に従事させるために人身売買される危険性がある。日本人との偽装結婚を強制され、それをフィリピン女性が望んだように日本では報道する。昨年、本人の意思に逆らって強制されたケースが6件」
	
日本への出稼ぎに「人身売買」リスク、フィリピン政府が警告 多くの人が薄々気付いてる日本の現実。国内の貧困から逃れてきた人たちの弱みにつけ込む「犯罪」ですよ、これは。この根底には根深いアジア蔑視がある。
	
しかし、一方の問題は・・・、ジャパユキさんの時代は去ろうとしている。つぎに訪れるのはカラユキさんの時代を迎えようとしている点だ。明治維新のころ、日本の娘たちは貧しいがために東南アジアに売春婦として大量に売り飛ばされていた。東南アジアの港のどこにでもカラユキさん(日本人売春婦)はいたといわれる。安倍政権になってから日本の国力(教育水準、経済力、産業力)は坂を転げ落ちるように降下している。現に就職先がなく海外を飛び歩く日本人女性が増えている

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21