• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・これほどエキサイティングな選挙はめずらしい> 動き始めた“トランプおろし” 一線越えた失言で支持率急落

<・・・これほどエキサイティングな選挙はめずらしい> 動き始めた“トランプおろし” 一線越えた失言で支持率急落

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Release Date:
<・・・これほどエキサイティングな選挙はめずらしい> 動き始めた“トランプおろし” 一線越えた失言で支持率急落

11月に本投票が行われる米大統領選挙。民主党のヒラリー・クリントン候補と共和党のドナルド・トランプ候補との対決は、トランプ候補の度重なる失言などが原因となって、世論調査ではクリントン候補がトランプ候補との差を広げる形でリードを続けている。複数の米メディアは今月に入ってから、トランプ候補が大統領選挙から撤退する可能性について言及。すでに共和党内部では、「トランプ撤退」を見据えて、後任探しがスタートしているとの報道もある

人気のなさという点は党の違いを超えた共通の問題・・・トランプ、クリントン氏に投票したのは僅か9%  <つまり、この選挙にアメリカの民意などない>

 民主党のクリントン候補と共和党のトランプ候補が次期大統領の座を争う今年の大統領選挙では、それぞれの候補が異なる政策を掲げているものの、人気のなさという点は党の違いを超えた共通の問題だ。ニューヨークタイムズ紙は1日、これまでの予備選でトランプとクリントンに投票したのが、全国民の1割にも満たなかったと伝えている。約3億2000万人が暮らすアメリカで、有権者は約2億3000万人いるが、予備選挙で投票したアメリカ人は約6000万人で、予備選挙で投票した有権者の約半数はクリントンとトランプ以外の候補者に投票していた。投票率や、代議員の数を競うシステム、(全ての州ではないが)勝者総取りというルールの影響もあり、クリントンとトランプの両候補はそれらの恩恵を受けたことになるが、両者とも絶対的な人気を持つ候補ではない。

 統計学者のネイト・シルバー氏は2008年の大統領選挙で、様々なデータを分析して、大統領選挙の結果を事前予測し、インディアナ州以外の49州と首都ワシントンにおける勝者を正確に言い当てた。2012年の大統領選挙では、ギャラップなどの大手調査会社数社がオバマ大統領の対抗馬であった共和党のミット・ロムニー氏が若干優勢とする調査結果を発表したのに対し、シルバー氏はオバマ大統領が圧勝する形で再選するだろうと予測。実際には11月の本選で必要な「過半数」をこえる332人の選挙人獲得でオバマ大統領は再選を果たしている。また、2012年の選挙では、シルバー氏はついにアメリカ50州全てと首都ワシントンにおける勝敗を全て正確に予測したことで、大きな注目を浴びた。

 シルバー氏は「ファイブ・サーティー・エイト」という、統計学専門ブログを運営し、その中でスポーツから政治、事件まで様々な分野で統計学を使った予想を打ち出している。7月からは同ブログ内で、各調査会社が出した支持率のデータや各候補の言動、メディアによる取り上げられ方などをアップデートしながら、連日統計学を使ってシミュレートし、クリントンとトランプがそれぞれ大統領に選ばれる確率を連日発表している。すでに2万回以上のシミュレーションが行われているが、トランプが大統領になる確率は8月に入ってから急速に低下し、逆にクリントンが選ばれる確率が上昇している。

 「ファイブ・サーティー・エイト」のシミュレーションが公開された7月8日の時点で、クリントンが大統領に選ばれる確率は66.4%で、トランプ大統領誕生の確率は33.6パーセントであった。民主党全国大会のメールがハッキングされ、その内容がウィキリークスで公開され、民主党関係者が予備選挙でクリントン候補をバーニー・サンダース氏にどうやって勝たせるべきか協議していた事実が明るみになると、クリントン候補の支持率は急落し始める。7月30日には僅差ではあるが、トランプ候補が大統領就任の可能性で初めてクリントン候補を上回った(トランプ候補が50.1パーセント)。しかし、そこから間もなくしてトランプ候補の支持率は凋落の一途を辿り、8月7日の時点でクリントン候補が大統領に選ばれる可能性は81.9パーセント。トランプ候補は18.1パーセントという大差となった。

 ほんの10日前まで、クリントン候補と接戦を演じていたトランプ候補だが、ある意味で自信の大きな武器となっていた「舌禍」が、先月末の戦死米兵へのコメントでは諸刃の剣となって、自らを大きく切りつけることになったのだ。

出典:動き始めた“トランプおろし” 一線越えた失言で支持率急落 | THE PAGE(ザ・ページ)

	

動き始めた“トランプおろし” 一線越えた失言で支持率急落・・・戦死米兵へのコメントに党派を超えて批判の声

 先月25日から4日間、米東部フィラデルフィアで開催された民主党全国大会では、2004年6月にイラクで戦死したパキスタン系アメリカ人のフマユン・カーン陸軍大尉の両親がスピーチを行った。パキスタン生まれのカーン夫妻はアメリカ移住の資金をためるために、アラブ首長国連邦のドバイで必死に働き(カーン大尉はドバイで誕生している)、父のキズルさんは渡米後にハーバード大学のロースクールで学位を取得して弁護士になった苦労人だ。カーン大尉はバージニア大学で学生生活を送っていた際に米軍の予備役に登録。父と同じ弁護士を目指していたが、米陸軍兵士として任務に就いていたイラクで、車を使った自爆テロに巻き込まれ死亡している。

 カーン夫妻の演説は、様々なバックグラウンドを持つ人々がアメリカという国を支えているというクリントン陣営のメッセージで、同時にこれまでの演説で国内におけるイスラム教徒への偏見を助長させてきたトランプ陣営との国家観の違いを明確にしたものであった。キズルさんは壇上でイスラム教徒の入国禁止を示唆するトランプ氏を批判したが、これに対してトランプ氏はキズルさんの演説は「クリントン陣営が用意した原稿だ」と応戦し、「妻が一言も語らないのは、そういった場所で思ったことを口にしてはいけないという文化が影響しているからだ」ともコメントした。カーン大尉の母ガザラさんは、7月31日のワシントンポスト紙に寄稿し、「壇上で一言も発さなかったのは、息子の写真を目にした時に悲しさから言葉が出なくなったからだ」と、トランプ候補の発言に反論した。

 クリントン陣営がイスラム教徒を含む多文化に寛容な社会づくりを目指すことをアピールしたのは、今回が初めてではない。昨年12月、トランプ候補は「イスラム教徒のアメリカ入国に対し、一定の禁止期間を設けるべきだ」と発言。1週間後にミネソタ大学で演説を行ったクリントン候補は、聴衆に向かって「イスラム教徒のみなさん、私はあなた方と同じアメリカの同胞であることを誇りに思っています」と語りかけ、トランプ陣営との違いを明確化させている。クリントン陣営の関係者は4日、CNNの取材に対し、「(カーン夫妻の登壇が)有権者に対してインパクトを与えることは確信していたが、これほど大きな形で、かつ早い時期に結果が出るとは予想していなかった」と本音を漏らしている。

 トランプ候補から副代表候補に指名されたインディアナ州のペンス知事は、「トランプ氏もカーン氏はアメリカの英雄だと思っています」とコメントし、火消しに努めた。しかし、戦死したカーン大尉の両親の演説に否定的な見解を示したトランプ氏を、アメリカではタブーとされる戦没者や退役軍人に対する冒とく・批判と受け止めた有権者は多く、目に見える形でトランプ人気は急落していった。

 加えて、以前からトランプ候補の言動を批判してきた共和党のベテラン議員らも、今がチャンスとばかりにトランプ批判を展開。過去に大統領選挙に出馬し、ベトナム戦争では捕虜の経験もある、共和党の重鎮マケイン上院議員は「トランプ氏の発言は共和党の価値観を表すものではない」と語り、トランプ候補を強い口調で非難している。しかし、トランプ候補は謝罪や発言の撤回を拒否。逆にツイッター上で、「カーン夫妻は私に対して悪意に満ちた攻撃を行っている」と主張し、火に油を注ぐ状況を自ら作り出している。

出典:動き始めた“トランプおろし” 一線越えた失言で支持率急落 | THE PAGE(ザ・ページ)

	
【もはやバラバラのトランプ陣営】 "共和党の重鎮マケイン上院議員は「トランプ氏の発言は共和党の価値観を表すものではない」と語り、トランプ候補を強い口調で非難している。"
	
トランプ氏の人気が急落と、複数の米メディア。戦死米兵の家族を侮辱する発言を境にそうなったようで、2012年の大統領選挙で50州全てと首都の勝敗を全て当てた統計学者によれば逆にクリントンが選ばれる確率が8月に入って上昇してるそうです
	
戦没者遺族批判が致命傷。こうなればヒラリー陣営にとってはトランプ降りるなとなるw QT クリントン候補が大統領に選ばれる可能性は81.9%→動き始めた“トランプおろし” 一線越えた失言で支持率急落(THE PAGE)
	
動き始めた“トランプおろし” 一線越えた失言で支持率急落 | THE PAGE さんから この成金おじさんは戦死兵士の遺族を侮辱するという、越えてはならない”一線”を越えてしまった。いよいよトランプ旋風も終焉か
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21