• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
<・・・なんかアメリカも支離滅裂になってきたね> ヒラリー・クリントンは認知症? / 狂人ヒラリー 〜悪人が未来の地球で生き残る術はなし〜

<・・・なんかアメリカも支離滅裂になってきたね> ヒラリー・クリントンは認知症? / 狂人ヒラリー 〜悪人が未来の地球で生き残る術はなし〜

Author:
photo2016essayphoto2016essay
Posted date:
<・・・なんかアメリカも支離滅裂になってきたね> ヒラリー・クリントンは認知症? / 狂人ヒラリー 〜悪人が未来の地球で生き残る術はなし〜

ロシア対外情報庁によると、今週末、ヒラリー・クリントンの認知症を治療していた主治医の父親(ビンセント・フレック氏)が、ヒラリーの秘密カルテを公開し健康が悪化していることを暴露した24時間後に殺害されていた

ヒラリー・クリントンは認知症?   2016年8月10日

ヒラリー・クリントンは、皮質下血管性認知症、と診断されているようだ。この認知症は、日本における認知症の約半数をしめているようだ。臨床症状としては緩徐進行性の経過を示すことが多く、実行機能障害、思考速度遅延、意欲低下などが特徴的であり、初期では記憶障害が明らかではない場合もある。身体症状としては皮質型のような局所神経症状は目立たず、偽性球麻痺、尿失禁、血管性パーキンソニズムを伴うことが多い。

出典:https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=115474

	

狂人ヒラリーの続報

ヒラリー・クリントンの健康状態が急速に悪化しています。

ヒラリーは脳腫瘍の症状があります。彼女は薬漬けであり、ある時は元気な50歳くらいの女性に見え、ある時は今にも死にそうな状態に見えます。

このような症状が現れる原因に認知症やアルツハイマーもあります。

もはや症状を隠すことができなくなっています。(中略)…彼女が身に着けている最近の服装はだぶだぶなものばかりです。これはオムツをしているのを隠すためではないでしょうか。もし彼女が失禁をするようになっていたなら、病は全身に影響を与えています。

出典:https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=115474

	

FBIがヒラリーの捜査を開始

FBIがついにヒラリー・クリントンの選挙キャンペーンの事務所の捜査を開始しました。

実際に、ヒラリーは民主党大会で大統領候補の地位をサンダース氏から盗み取ったのです。

FBIは事務所から大量の資料やコンピューター(ノートパソコンも含む)、銀行の通帳、インボイス、クレジットカードの記録、納税申告書、その他を押収しトラックに積んで持っていきました。

出典:https://shanti-phula.net/ja/social/blog/?p=115474

	
ロシア対外情報庁によると、今週末、ヒラリー・クリントンの認知症を治療していた主治医の父親(ビンセント・フレック氏)が、ヒラリーの秘密カルテを公開し健康が悪化していることを暴露した24時間後に殺害されていたことがわかりました
	
ヒラリー・クリントンの病状を暴露した人が殺害されたもようです。
ヒラリーの周辺では多くの人たちが不審死を遂げているようです。権力者の意図に反して、真実の情報をリークすると殺害されるのが常です。
これまでも、勇敢で正義感にあふれた人々が何人も殺害されています。彼等の犠牲の上に私たちは真実の情報を得ることができます。
まあ、ヒラリーが使い物にならなくなっても、オバマが大統領の地位を維持するか、ヒラリーの後継者でヒラリーと同じように超リベラルの悪党であるイルミのパペット政治家(ティム・ケイン)が用意されているのでどうしょうもないのですが。。。

出典:日本や世界や宇宙の動向 : ヒラリーの病状を暴露した人物が殺害されていました。

	
ヒラリー・クリントンは、皮質下血管性認知症、と診断されているようだ。

この認知症は、日本における認知症の約半数をしめているようだ。

臨床症状としては緩徐進行性の経過を示すことが多く、実行機能障害、思考速度遅延、意欲低下などが特徴的
	
ヒラリー・クリントン 認知症の医療記録が漏洩する。
F. Mind

・・主治医リサ Bardack 内科医の皮質下血管性認知症との診断記録が漏洩、2012年12初旬脳震盪による、制御不能な痙攣、失神、記憶障害等進行性で治療法は無い
	
	
  ヒラリー候補が演説中に失語症となり、医師であるシークレットサービスがすぐさま傍によるシーンが写っている。発作を起こした場合に備えて特殊な注射器を持っている。原因は認知症であるという。また伝えられるところによると階段も一人で上がれないようだ。

 FBI長官はメールでの起訴をしないと発表したが、ヒラリーの選挙事務所から大量の資料やノートパソコン、銀行の通帳、クレジットカード等を押収した模様。再び起訴すべく調査を続けていることが判明した。

 午前中銀メダルのことを書いたら競泳の200mバタフライで坂井選手が第1号となった。今はオリンピック一色だが、10月ごろから大きな変化が始まるのだろう。その落差に人々は驚くだろう。脱落者が出ることは想像できる。東京オリンピックが幻となるからだ。

 それ以前に生きるか死ぬかの選択がある。有名人だから優遇されるわけではない。科学偏重に陥り自然を破壊したつけを払わされるのだ。正月の十大ニュースも変化が現れるだろう。

出典:チビの日記:間違いだらけのブログ: ヒラリーは認知症

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
photo2016essay

photo essaiest https://twitter.com/photoessay21