• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
[制御棒]ボンッゴーシュシュンシュシュシュシュシュンシャー♪地底に埋めたい10万年♪

サムネイル出典:

[制御棒]ボンッゴーシュシュンシュシュシュシュシュンシャー♪地底に埋めたい10万年♪

Author:
threed365threed365
Posted date:
Update date:2016年09月03日
[制御棒]ボンッゴーシュシュンシュシュシュシュシュンシャー♪地底に埋めたい10万年♪
原子力規制委員会は31日、原発の廃炉で出る放射性廃棄物のうち、原子炉の制御棒など放射能レベルが比較的高い廃棄物(L1)の処分の基本方針を決定した。

出典:制御棒処分、70m以深 国の管理10万年 規制委方針:朝日新聞デジタル

	

制御棒処分、70m以深 国の管理10万年 規制委方針

コトリwithステッチバード / 宇宙ダンス!

「ボンッゴー シュシュンシュ シュシュシュシュンシャー♪ 火星に住みたい 1万人♪」
「ヨッヨーッ ビート ビートでラップ♪ ダンスをしたい 5万人♪」

制御棒処分、電力会社が300~400年管理

地震や火山の影響を受けにくい場所で70メートルより深い地中に埋め、電力会社に300~400年間管理させる。

出典:制御棒処分、70m以深 国の管理10万年 規制委方針:朝日新聞デジタル

	

 その後、国が10万年管理

その後は国が引きつぎ、10万年間、掘削を制限する。

出典:制御棒処分、70m以深 国の管理10万年 規制委方針:朝日新聞デジタル

	

日本国が10万年管理

10万年の安全は守れるか

福島第1原発3号機

原発から出る放射性廃棄物
原発の廃炉で出る放射性廃棄物は、使用済み核燃料から出る放射能レベルが極めて高い高レベル放射性廃棄物と、L1、原子炉圧力容器の一部などレベルが比較的低い廃棄物(L2)、周辺の配管などレベルが極めて低い廃棄物(L3)に大きく分けられる。

出典:制御棒処分、70m以深 国の管理10万年 規制委方針:朝日新聞デジタル

	

低レベル放射性廃棄物(L2)(L3)

東海原発敷地内の固体廃棄物貯蔵庫に保管されている低レベル放射性廃棄物=(2015年)7月、茨城県東海村
大手電力会社でつくる電気事業連合会は、国内の原発57基が廃炉になれば、L1だけで約8千トンの廃棄物が出ると試算している。

出典:制御棒処分、70m以深 国の管理10万年 規制委方針:朝日新聞デジタル

	

被曝警告の標識

「この一帯に近寄ると死にますよ、はやく立ち去りなさい」
「今現在われわれの世代で『ここなら10万年間大丈夫です』という場所を選べるか具体的に指定できるかというとそれはできない。

一言で言えば、この日本列島で地層処分をやるというのは未来世代に多大な迷惑をかけるかもしれない、かける可能性のある非常に無責任な巨大な賭けだと思う。」

出典:10万年の安全は守れるか ~行き場なき高レベル放射性廃棄物~ - NHK クローズアップ現代+

	
「今までいろいろ計算したり検討したりした経験から言えば、大きく覆ることは今のところ私はないと思います。
ただし、そこは十分に最新の知見で再度、論理構成をチェックするということになるかと思います。」

出典:10万年の安全は守れるか ~行き場なき高レベル放射性廃棄物~ - NHK クローズアップ現代+

	
乾いた笑いしか出なかった。
10万年続いた国家ってどこにあるんですか、学識者の皆さん。
	
「国の管理10万年」とされたのと同じ政策決定で、「電力会社が管理する期間については「数万年とするのは現実的でない」として、300~400年間とした」とあるのは、なんというか、面白い。国の管理は何万年でも「現実的」と考えているのか。
	
電力会社が今のまま3~400年も持つとは思えないし、10万年も現政府が存在する訳もなく夢物語な方針。
計画倒産して書類紛失、数十年後に掘り起こされる未来が見える
制御棒処分、70m以深 国の管理10万年 規制委方針:朝日新聞デジタル
	
なお「管理に10万年」というのは無知な朝日新聞の煽りで、天然ウランレベルまで放射能が減少するのに10万年かかるのは「使用済み核燃料を直接処分」した場合。もんじゅを中心とした再処理をすると数千年、J-PARCで研究が始まった核変換技術が確立すると、管理期間は300年まで短縮できる。
	
【原発】廃炉で出る制御棒の処分方針が決定 70m以深に埋め国が10万年管理

⇒10万年ってネアンデルタール人から現生人類の代替わりが起きるくらいのスパン。国どころか人類が生きているかも怪しい。
	

「制御棒が埋設されて数千年が経った。文明は崩壊し人々は中世のような暮らしをしていたが、彼らは「あの山に近づいてはならない」という話を口々に伝えていた。
だがある日、好奇心を抑えきれない若者が山の中の洞窟に入り込んで…」
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
threed365