• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
インドの大富豪が2兆円を投じ、10億人が無料で使える通信サービスを開始!

インドの大富豪が2兆円を投じ、10億人が無料で使える通信サービスを開始!

Author:
gulugoogulugoo
Release Date:
インドの大富豪が2兆円を投じ、10億人が無料で使える通信サービスを開始!

印大富豪、無料4G接続を10億人に提供 高速ネット普及へ

インド一の資産家ムケシュ・アンバニ氏が200億ドル(約2兆円)を投じ、10億人が無料で使える第4世代(4G)通信サービスの提供を開始した。低価格の高速インターネット接続サービスを国民に普及させることを目指す。

新しい4Gサービス「リライアンス・ジオ」は5日から正式提供を開始した。インド国内の80%強を網羅し、年内は無料で利用できる。来年以降もデータ通信料は月額149ルピー(約230円)に抑える。

出典:CNN.co.jp : 印大富豪、無料4G接続を10億人に提供 高速ネット普及へ - (1/2)

	

状況は一変する!

インドでインターネットを利用できるのは成人の5人中1人にとどまっていました。しかしこのサービスが成功すれば、スマートフォンなどからインターネットを利用する人が激増し、状況は一変する見通しです。

出典:印大富豪、無料4G接続を10億人に提供 高速ネット普及へ - LINE NEWS

	

グーグルは全土に無線LANを導入

インド市場には米ハイテク大手も狙いを定め、グーグルは全土で鉄道の駅に無料の無線LANを導入。フェイスブックも無料サービスの提供を試みていた。

アンバニ氏はインド全土に約10万の基地局を建設し、ジオのサービスは既に推定1万8000の市と20万の村落を網羅。2017年3月までに人口の90%に到達することを目指す。

アンバニ氏は15年前、リライアンス・コミュニケーションズを経営する弟のアニル・アンバニ氏と仲互いして通信事業から撤退したが、ここ数年は和解していた。ジオはリライアンス・コミュニケーションズが保有する無線周波数帯を利用する。アンバニ兄弟の資産総額は合せて260億ドル(約2兆6000億円)と推定される。

出典:インド一の資産家、10億人が無料で使える4G通信サービスの提供開始 - ライブドアニュース

	
なんだこれ、規模が違う。すごいとしか言いようが無い。 / 印大富豪、無料4G接続を10億人に提供 高速ネット普及へ via
	
リライアンスは、タタと並ぶ財閥。インド国内10万局で、データ通信は200円強は素晴らしいですね
	
印大富豪、無料4G接続を10億人に提供 高速ネット普及へ

粋すぎぃ!
なお、無料は年内のみだが、それ以降もコンビニ弁当以下の月額料金で利用できる模様。
お前ら(国内通信インフラ産業)も見習わんといかんとちゃうんか?
	
これはすごいな。過疎地域の道路とかじゃなく、時代にあった正しいインフラに投資すると、有形無形のリターンが何倍にもなって戻ってくるんだろうな / 印大富豪、無料4G接続を10億人に提供 高速ネット普及へ
	
印大富豪、無料4G接続を10億人に提供 高速ネット普及へ
 
約2兆円で10億人にだって! 
規模も凄けりゃやるコトも凄いね 
銭貯めこんでもまだ詐欺まがいのコトやって稼ごうとするどこぞのハゲとかハゲとかハゲとかとは大違いだ
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
gulugoo

面白い事を紹介していきます。 よろしくお願い致します。