• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
検閲?自己検閲?言論の自由は?いずこへ?Fukushimaグレー・ゾーンの中2016

検閲?自己検閲?言論の自由は?いずこへ?Fukushimaグレー・ゾーンの中2016

Author:
shingyoushingyou
Release Date:
検閲?自己検閲?言論の自由は?いずこへ?Fukushimaグレー・ゾーンの中2016

検閲?自己検閲?検閲?自己検閲? 配給会社都合により、急遽「A2-BC」上映中止せざるを得なくなってしまいましました。

「A2-BC」(の日本代理店ウェブサイト)、福島に住んでいる子どもたちについての私のドキュメンタリーは、映画のすべての国内上映をキャンセルされます。彼らはまた、そこには、契約上の残りの二年以上であるにもかかわらず、日本でフィルムを配信する契約を解除しています。

実際の検閲とどのくらいの自己検閲での結果であるどのくらいのこの決定の私には明確ではありません。私の気持ちは、それが将来のある時点での潜在的な検閲問題の恐怖に基づいて自己検閲であるということです。このような場合は、それは秘密法(の恐ろしいと広い到達効果の一例であるINFO)。自分自身に法律の起草者が確実に想定していたことを非常に取締りを課し、その単なる存在は自己検閲に従事する人々が発生します。この法律はあっても感じられるために、その効果を適用する必要はありません。言論の自由は?


福島で起こっていることについては正直、オープンディスカッションやディベートを持つことはもはや不可能である、と「A2-BC」のすべての国内上映のキャンセルは、単に日本での言論の自由に感染した疾患の症状です。

出典:documenting ian, blog: Censorship? Self-censorship? 検閲? 自己検閲?

	
"A2-B-C" (TRAILER予告編) thyroid cysts and nodules in Fukushima children

原発事故当時15歳女性の証言Young woman from Fukushima speaks out

福島からの若い女性は、原発事故当時15歳女性の証言読み上げ
(日本語下記)

最後の4日間のそれぞれについて、私は甲状腺癌の彼女の診断について福島から勇敢な、若い女性で撮影インタビューの一部を公開しています。次のインタビューの一部の情報だけでなく、いくつかのデータは参考用です。全体の4部構成のインタビューを見ることができる一方で、インタビューのパート1は、以下のリンクをクリックすることで表示することができHERE。

出典:documenting ian, blog: Young woman from Fukushima speaks out 原発事故当時15歳女性の証言

証言インタビューは、こちらでご覧ください。
    このインタビュー映像は2016年2月12日に福島県で撮影されました。(ビデオこちら)
 本人の了解を得た上でこのインタビューを公開しています。
 原発事故当時18歳以下だった福島県住民のうち、甲状腺がんおよびその疑いのある患者の人数は166名(2016年2月現在)に上ります。彼女はその中の1人です。
 福島県は当時18歳以下だった住民を対象に無料で定期的に甲状腺検査を実施していますが、1巡目(平成23~平成25年度実施)では18.8%の人が検査を受けていません*。
 2巡目(平成26~平成27年度実施)の検査結果はまだ出揃っていませんが、県による検査を受けない人の割合は年々増加しており、平成27年度(12月31日現在)では50.7%にのぼります**。特に、18~21歳(平成26年4月1日時点での年齢)の年齢階級では未受診率が74.5%という状況になっています**。
 彼女がインタビューの公開に応じてくれたのは、こうした検査を受けていない人たちに検査を受けてほしいという思いがあるからです。

彼女の話の要点は以下の通りです。
彼女は甲状腺がんの手術以降疲れやすくなった。
彼女は手術以降、精神的不安を感じることがあった。
彼女には気軽に相談できる医師がいなかった。
彼女は他の子ども達が自分と同じ甲状腺がんを患ってほしくないと思っている。
彼女は福島に暮らす若者に、病気を早期発見し適切に処置するために、県が行う甲状腺検査を受診してほしいと思っている。
彼女は将来子供を持つとき、その子の健康への影響に不安を感じている。
原発事故・甲状腺がんについて公に話すことが難しい空気になってる中、このインタビューを公開することによって、彼女の仕事や家族、友人関係など日常生活に悪影響が及ぶ危険があります。 彼女のプライバシーを尊重してくださいますようお願いします。

出典:documenting ian, blog: Young woman from Fukushima speaks out 原発事故当時15歳女性の証言

	

イアン監督の前作 In the Grey Zone (NEW TRAILER予告編) グレー・ゾーンの中

In the Grey Zone (NEW TRAILER予告編) グレー・ゾーンの中
40時間を超えるフィルムを90分に編集していく作業に半年
かかったというこの作品は、今月末、フロリダで上映され、
来月には、オランダで上映されるのだけれど、
日本で一般公開されるのことはないのです。

とっても残念です。
どこかで、上映される日が来ることを祈ります。

出典:ドキュメンタリー映画「グレー・ゾーンの中」を見ました。|Mihokoのオフィシャルブログ

	

Return to the Zone: Safecast

原発20キロ圏内に生きる男 - Alone in the Zone
【3.11特集】原発20キロ圏内に生きる男 続編 - Return to the Zone: Safecast & Matsumura

Fukushima 2016

Fukushima 2016 : Five years after nuclear disaster
人工地震だったのかどうか、答えは闇の中。
原発事故だったのか、
原発攻撃だったのか、答えは闇の中。
攻撃だったら、結果は成功ですね。
見た目は緑が増えて平和的ですが、壊滅状態ですから。

しんぎょうの原子力ウォッチ 閻魔様といつでも見てござる

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
shingyou

「みんながご機嫌やったら世界は平和。苦しい時に一番ふんばっている存在が心。楽しい時に一番Enjoyしてるのは心と脳。」カンボジアのシェムリアップ在住、ゲストハウス経営、般若心経メディテーションセンター、山野愛子どろんこ美容化粧品販売、ビーガン料理研究家、画家、花屋、まとめ係、ほぼほぼ菜食。元ディスコの黒服BOB、MC COB(HIP HOP) ,Ali-yan(Psy)。2012年から自分の可能性に挑戦するため、あてもなく家族でアンコールワットの近くに移住。たくましいカンボジアの人々にもまれながら、神戸代表の気持ちで日々肛門を締めながら奮闘中。 インターネットによって日本と繋がれることに感謝しています。。日本人として生まれて、次世代に伝えたいことをまとめていきます。世界中に愛と笑と義理人情と般若心経を広めたい!よろしくお願いします。