• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
衝撃サザエさん一家の年齢および都市伝説・幻の一話・歌詞

衝撃サザエさん一家の年齢および都市伝説・幻の一話・歌詞

Author:
丘の町丘の町
Release Date:
衝撃サザエさん一家の年齢および都市伝説・幻の一話・歌詞

気になるサザエさん一家の年齢は?

磯野波平 年齢は54歳。

原作での誕生年は1895年(明治28年)。誕生日は9月14日、干支は未、おとめ座。福岡県出身。フネとは結婚して28年になる。フネの夫でサザエとカツオとワカメの父であり、タラオの祖父、マスオの義父(舅)、海平の弟、鯛造の義弟(妹婿)、ノリスケの伯父、イクラの大伯父でもある。磯野家の大黒柱で京都大学卒。連載初期の役職は「局長」であったがいつの間にか降格しており、後期には平社員となっていた。アニメでは家族の家長として威厳があるが、原作においては威厳がなく、家族を叱るシーンもあまり多くなく、登場回数も必ずしも多くない。
弱点はお酒と美人。

磯野フネ 年齢は50ゥン歳

原作:誕生年は1901年(明治34年)。1月11日生まれ。波平の妻でサザエとカツオとワカメの母で、タラオの祖母、マスオの義母(姑)、海平とおこぜの義妹、鯛造の妹でもある。旧姓は石田、結婚して名前順は遅くなった。努力家で優しい。静岡県出身で、原作では沼津市に実家がある。県内のキリスト教系女学校(現在の高等学校)を卒業。エンディングでは「舟」と表記

フグ田サザエ 年齢は24歳。

原作では誕生年は1922年(大正11年)で27歳。11月22日生まれのB型。サソリ座。福岡県生まれ。普段の体重は45kg(桜餅を食べ過ぎて太った体重が47kg)。波平とフネの長女(第一子)でカツオ、ワカメの姉。マスオの妻でタラオの母でもあり、また海平・鯛造の姪。ノリスケのいとこ。イクラのいとこ伯母でサケオの義妹、ノリオの義叔母。旧姓は磯野。

フグ田マスオ 年齢は28歳。

早稲田大学を卒業し、海山商事営業課に勤務
原作では32歳で誕生年は1917年(大正6年)。4月3日生まれ。サザエの夫でタラオの父。波平とフネの娘婿で、さらにカツオとワカメの義兄(姉婿)、ノリスケの義いとこ、海平や鯛造の姪婿、サケオの弟でノリオの叔父。人間関係をよく語る。実家は大阪で、住吉区出身。普段の会話では大阪弁は使っていないが、原作で時々出てくる母親は大阪弁を話す。父親はすでに死去

磯野カツオ 年齢は11歳。

原作での誕生年は1938年(昭和13年)。3月11日生まれ。B型。サザエの弟であり、ワカメの兄、タラオの叔父、海平や鯛造の甥、ノリスケのいとこで、イクラのいとこ叔父。波平とフネの息子で、磯野家の長男(第二子)。原作では○出小学校・フジ小学校・○×小学校と学校名がいくつかあるが、アニメ版では一貫してかもめ第三小学校5年3組となっている(ワカメも同様)。

磯野ワカメ 年齢は9歳。

体重25kg。6月15日生まれのA型。サザエとカツオの妹で、タラオの叔母、海平と鯛造の姪、ノリスケのいとこ、イクラのいとこ叔母。磯野家の次女(第三子)。原作での誕生年は1942年(昭和17年)。原作漫画では連載は当初5歳の幼稚園児、最終的に小学1年生で7歳の設定だが、アニメではかもめ第三小学校3年2組。

フグ田タラオ 年齢は3歳。

原作での誕生年は1947年(昭和22年)、もしくは1948年(昭和23年)10月頃。3月18日生まれ。サザエとマスオの息子。波平とフネの孫息子、カツオとワカメとサケオの甥、海平と鯛造の又甥、ノリスケのいとこ甥であり、タイ子の義いとこ甥、イクラのはとこ、ノリオのいとこである。アニメ初期にはなかったが、必ずといっていいほど「- です」と話すのが特徴。愛称は「タラちゃん」

タマ

磯野家のオスの白い飼い猫。家族皆にかわいがられ、話の中心になることもよくある。非常に利口ではあるが、性格は臆病。隣の犬ハチとは犬と猫の仲を超えて仲がよく、ネズミが苦手で仲のいいメス猫がいる。イクラと同様、言葉はしゃべらないが相手の話す言葉はある程度は理解できる。難しい言葉になると「?」のふきだしでタマが理解できていないことが表現される
サザエさん一家年齢をまとめると上記になります。
久しぶりにサザエさん見てる。
マスオさんが28歳で驚いている人はアナゴさんが27歳と言う更に衝撃的な事実を知るまい。
サザエ一家は、世田谷(桜新町)に住んでいる。家族全員、ちゃぶ台を囲む時は、子供だけ座布団敷いてない。髪型が個性的な家族。なぜか商社勤務多い。住んでいる家屋は和風なのに、エンディングで家族が吸い込まれる家は洋風。
	

サザエさんの原作漫画は新聞連載の4コマ漫画

1946年(昭和21年)4月22日、福岡の地方新聞『夕刊フクニチ』で連載を始めたが、長谷川が東京へ引越しするために連載を打ち切った。連載開始当初は、台詞がカタカナで書かれていた。漫画の舞台は博多で、サザエは独身だったが、連載を打ち切る時にサザエがマスオと結婚している(福岡時代の最終回とみられる回のオチの部分が、小さいながらも「サザエさんうちあけ話」の作者の回想で描かれている)。長谷川の家族が東京の桜新町へ引っ越した後は、『夕刊フクニチ』で連載を再開。舞台も東京へ移り、マスオが磯野家に同居する。
 掲載紙は間もなく『新夕刊』(東京スポーツの源流となる夕刊紙)に移り、『夕刊朝日新聞』(『朝日新聞』本紙とは別扱の新興紙)・『朝日新聞』の夕刊を経て、1951年(昭和26年)4月16日からは『朝日新聞』の朝刊に移る。その後色々な経緯を経て打ち切り

サザエさん幻の1番の歌詞

サザエさんのエンディングの歌詞ですが、実は1番ではなく2番と3番の歌詞がミックスされたものが放送に使われています。

というのも1番の歌詞は、「二階の窓を開けたらね♪」で始まっているのです。ご存知の通り磯野邸には二階がありません。
サザエさん エンディングテーマの歌詞
 作詞:林春生

 【1番】
 二階の窓を開けたらね 朝の光がさしこんだ
 とてもすてきな とてもすてきな 日曜日
ほらほらいつもの 声がする
 サザエさん サザエさん サザエさんは愉快だな

【2番】
大きな空をながめたら 白い雲がとんでいた
今日は楽しい 今日は楽しい ハイキング
 ほらほら明るい 声がする
 サザエさん サザエさん サザエさんは元気だな

【3番】
 静かな森を歩いたら 赤い花が咲いていた
今日は楽しい 今日は楽しい ハイキング
ほらほらみんなの 声がする
 サザエさん サザエさん サザエさんは愉快だな

出典:サザエさんのエンディング | 便知 〜 雑学・うんちく集 〜

余談ですが・・・カツオとイタリアに旅行に行く場合、注意が必要です。
カツオをイタリア語で言うと「Cazzo」、これはいわゆる「男のモノ」をスラング風に言った言葉にあたるからです。

サザエさん幻の第一話!

サザエさんの最終回はハワイ旅行!?

国民的アニメ「サザエさん」の最終回をご紹介しよう。

ある日、カツオ君が商店街の福引で一等の「ハワイ旅行」を引き当てる。この幸運に沸き立つ磯野一家は、さっそくハワイへと旅立つことになる。ところが、行く途中に一家を乗せた飛行機が海に墜落してしまい、サザエさんは貝のサザエに、波平は海の波に、フネは船に、ワカメは若布に、マスオさんとカツオ君とタラちゃんは、それぞれ魚のマス、カツオ、タラといったように、全員が名前の指し示すものへと変化してしまい、完結となる

出典:

他にも、磯野家の全員に何らかの問題が起こって一家が崩壊したり、宅配便で玉手箱が届き、それを開けて全員が歳をとったりと、様々な「最終回」の噂が存在

サザエさん症候群

サザエさん症候群

出典:サザエさん症候群の対処法8つ!日曜日の夜が憂鬱というあなたへ。|WELQ [ウェルク]

「サザエさん」が放送される日曜の夕方は、週末が終りに近づく時間帯であり、「サザエさん」を見ているうちに、翌日から会社や学校に通わなくてはいけないという思いが生じやすく、憂鬱になる人が多いとされることから、このことを「サザエさん症候群」と呼ぶそうです。そして、一週間の中で最も自殺をする人が増えるのは、この「サザエさん」の放送直後なんだとか・・・

じゃんけん前の予告編

西暦1991年(平成3年)の秋に予告編の最後が「んがぐぐ」から「じゃんけん」へ突然変わりました。喉につまらせて「んがんん」。実は「詰まっちゃった」と言っているとか、いないとか...

サザエさんじゃんけん勝つたっめには

サザエさん ジャンケン学

サザエさんジャンケン学というものが存在!
サザエさん研究し過ぎだろ
ニッチにも程がある。
といったコメントが

えっ、サンタさんってパパだったの?!

マスオサンタ事件(サンタさんとお約束)

クリスマスイヴに放送された『サザエさん』(フジテレビ系で毎週日曜日18:30~19:00に放送)において、サンタさんの正体が両親であることが分かる内容だったため、電話やホームページによる視聴者からの抗議があり、新聞でも報道されました。
抗議の内容は、“子供の夢を壊さないで”というものが大半だった模様です。
※本ページで使用されている、サザエさん及び画像の著作権は全て長谷川町子美術館に帰属します。本ページの目的は、多くの人たちにサザエさんをもっと好きになっていただけたらという思いから制作しております。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
丘の町

フリーランスを目指しています。 少しでも皆様のお役に立てる記事をとうこうできればと思います。