• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
EXO(エクソ)って何なん!?日本に再び襲来K-POPの新王者

EXO(エクソ)って何なん!?日本に再び襲来K-POPの新王者

Author:
TamagoTamago
Posted date:
EXO(エクソ)って何なん!?日本に再び襲来K-POPの新王者
	
東方神起、BIGBANG、少女時代...日本で人気のK-POPアーティスト(アイドル)たち。ついつい日本でK-POPといえば彼らを思い浮かべますが、実は本国である韓国では今、とんでもない男性グループがチャートや賞を総なめ!席巻しているのです。

その名も「EXO」(エクソ)

9人組のダンスボーカルユニット
メンバーは韓国人8名・中国人1名で構成されています!
東方神起・BoA・SuperJunior・少女時代・SHINeeなどと同じ韓国の最大芸能事務所所属☆
デビューは2012年。
当時はメンバー12名でしたが、2015、2016年と引き続き中国人メンバー3名(クリス・ルハン・タオ)が脱退し、現在は9名で活動中。

とにかく一度見てみよう

百聞は一見に如かず!
EXOの魅力をまず動画でご覧ください!
最新曲「Monster」(2016/07時点)のミュージックビデオ
なんと公開から1ヶ月にして約4000万回の再生数を記録!(2016/07時点)
世界各国からの視聴が集まり、「EXO Monster」でYoutube検索するとあらゆる国のファンが投稿したリアクション動画などがズラリ。

ワールドワイドな人気なのです。

韓国の歴史を塗り替える"異常"な人気

紹介せざるを得ない、彼らの「異常」とも言える人気をご紹介。
2014年度のアジア全域のアーティストを対象としたミュージックアワード「MAMA (Mnet Asian Music Awards)」では堂々の最優秀賞を獲得し、圧巻のパフォーマンスを世界に魅せつけました。

韓国の音楽史上"14年ぶり"のミリオン達成

EXO初のミリオンアルバム「XOXO」の表題曲「Grwol(ウルロン)」
なんと音楽配信が主流となった昨今で、CDの売上枚数が100万枚を突破するという偉業を、韓国の音楽史上"14年ぶり"に達成したのです!
デビュー依頼、3作連続100万枚達成

出典:Amaozn

「XOXO」  2013年リリース

1st Album

EXOのデビューフルアルバム

今のEXOを語る上で、そしてLIVEで欠かせないメジャー曲ばかりが集まった、一番聴きやすいオススメアルバム

出典:Amazon

EXODUS  2015年リリース

2nd Album

EXOならではの所謂「中二感」のある、壮大な曲、カッコいい曲が満載のアルバム

それぞれの曲がまるで1本の映画のようなストーリー性と疾走感を持った名曲揃いの1枚

出典:Amazon

EX"ACT  2016年リリース

3rd Album

2作連続100万枚セールスを突破したEXOが満を持して今年リリースした1枚

これまでの2作とは雰囲気の一変した、キャッチーさを削ぎ落としたオシャレな曲調で仕上げられた1枚。

前2作に比べてもしかしたら物足りなさを感じるかもしれないのですが、この3作目の曲たちがプラスされることでEXOのライブの表現の幅がグッとUPしました!

受賞歴

2012年音楽風雲榜新人盛典(ニ冠)「今年の最高人気グループ賞」「ベストドレッサー賞」[20]
2013年音楽風雲部屋新人神殿(二冠)「最高グループ賞」EXO、「最高人気グループ賞」EXO-M[21]
2013年音楽風雲榜年度盛典「最高人気グループ賞」EXO-M[22]
MelOn Music Awards<(四冠)
2013年「ベストソング賞」(大賞)含む三冠
2014年「TOP10賞」[23]
MelOn Music Awards(六冠)
2012年「ニューアジアンアーティストグループ賞」
2013年「今年のアルバム賞」(大賞)
2014年「今年のアルバム賞」(大賞)「今年の歌手賞」(大賞)含む四冠[24]
ゴールデンディスクアワード(五冠)
2013年「新人賞」
2014年「大賞」「本賞」二冠
2015年「大賞」「本賞」※2年連続二冠[25]
ソウル歌謡大賞(六冠)
2013年「新人賞」
2014年「大賞」「本賞」「デジタル音源賞」の三冠
2015年「大賞」「本賞」※2年連続二冠[26]
GAONチャートK-POPアワード(五冠)
2014年「今年のアルバム賞(第3四半期)」「今年のアルバム賞(第4四半期)」「今年の人気賞」の三冠[27]
2015年「今年の歌手賞(アルバム)」「ファン投票人気賞」の二冠[28]

出典:EXO - Wikipedia

書ききれないほどの受賞歴
1つでも賞をとれたらそれだけで栄誉のある年末の音楽大賞で、軽々と3冠、4冠と賞を総ナメにしてしまうモンスターグループ「EXO」
米ビルボードのメインチャート「ビルボード200」で韓国の男性歌手史上最高ランキングを記録した。

2013年「アメリカでたくさん見られたK-POPのミュージックビデオ」3位
2013年「アメリカで最も売れたK-POP」5位(※「Wolf」9位)[18]
2013年「K-POPベストソング20」1位(アメリカ音楽情報誌ビルボード)[19]。

中国初のランキング音楽番組「全球中文音楽榜上榜」でEXO-Mが2週連続1位、韓中の音楽番組同時1位獲得という初記録を成した[8]。

出典:EXO - Wikipedia

韓国だけではなく、アメリカのビルボードでも高い評価を受け、かつ、市場をとるのが難しいとされている中国でも偉業を達成。

中国からの熱狂的な応援

アルバムを11270枚購入

とあるメンバーのファンである中国人が、そのメンバーの誕生日11月27日とかけて、なんと1万1200枚ものアルバムを購入!笑

ちなみに中国は韓国で発売されるCDを輸入購入するために、国内のファン同士で共同購入する傾向にあるため、実際このCDは中国国内のファンに行き渡ります。

出典:Twitter

総額24,232,400円のお買い上げ

こちらも別のメンバーの中国人ファンが一度に購入したアルバムの明細書。

EXOは日本デビューもしているので、タワレコにて14900枚購入。
このように、爆買いの国・中国にも熱狂的なファンが大勢つくるほどのEXOの魅力!

男性海外アーティスト史上最速!東京ドーム公演達成

なんとあのボン・ジョヴィを抜き、デビューから3年7ヶ月という男性海外アーティストでは史上最速で東京ドーム公演を達成!
しかも、2015年の11月4日に日本デビューシングル「Love Me Right 〜romantic universe〜」をリリースして2日後から東京ドーム3Daysがスタート。

つまり、チケット発売は数ヶ月も前なので、日本デビュー前の時点で既に東京ドームを3Days埋めるファンが日本にいたことになります。スゴすぎる。
そしてモチロン、デビューシングル「Love Me Right 〜romantic universe〜」はオリコンチャート1位を獲得。デビュー曲にしてこの成績。

結局、何がスゴいの?

ここまでご紹介してきた「EXO」、ではなぜここまで大人気になったのでしょうか?
人気のヒミツは?

その① "中二心"をくすぐる!?EXOの「設定」

EXOはただの、韓国人(中国人)が集まって出来たアイドルグループではありません。

彼らは「EXO PLANET」と呼ばれる惑星から地球に舞い降りてきた地球外生命体なのです!!

彼らのデビュー曲である「MAMA」のミュージックビデオの冒頭では1分30秒にわたって彼ら地球外生命体に関するまるで映画の予告のようなシーンが組み込まれています。
EXOのデビュー曲「MAMA」
メンバーそれぞれが「超能力」を持っている、というコンセプトアイドルの超本格的版!といったところでしょうか。

この一見突飛であり"中二"っぽい設定がむしろ、ファンたちにとっては現実世界を忘れさせてくれる要素になっており、まるでアニメや映画の中の主人公を追っているような気持ちになるのかもしれません。
また、EXOの生みの親であるSMエンターテイメントは各国から業界の大物プロデューサーやダンサーをアサインしアイドルをプロデュースしていくことで有名。

EXOのミュージックビデオや新曲公開前の予告映像(ティザー)など、全て映画のように精密に作りこまれたものばかりで、EXOというアイドルが好き、という層とは別にEXOにまつわる映像作品やプロモーション戦略の緻密さが好き、という層も一定数います。

華やか過ぎるメンバーのルックス

EXOを語る上で外せないのはやはりそのずば抜けたルックス。

日本人の中にある「THE 韓国人顔」のイメージを払拭するイマドキな外見のメンバーたち。

デビュー当時は12名でしたが、スイートなルックスからワイルドなルックスまで幅広く揃ったEXOのメンバーたちは、"必ず自分のタイプの顔が見つかる"12名として話題でした。

それではメンバー紹介も兼ねてその魅力的なお顔をご覧ください!

※現存メンバー9名をご紹介します

スホ  (ボーカル/リーダー)

1992年 5月22日生まれ (能力:水)

EXOのリーダーは彼です!
白い肌と透き通るようなボーカルが魅力で、リーダーでありながらもメンバーから一番イジられる存在です。

しっかりした見た目や、公の場での言動とは裏腹に、オヤジギャグが好きだったり、自称「自分がメンバーで一番おもしろい」発言など、メンバーに呆れられることも多々!(笑)な愛されリーダーです。


ベッキョン  (メインボーカル)

1992年 5月6日生まれ (能力:光)

EXOの一番のムードメーカー、いつでもニコニコのベッキョン。

メインボーカルメンバーで、ハスキーでパワフルな美声が魅力的。

別名「アイライン王子」と呼ばれ、薄めの可愛いすっぴんから打って変わって、アイラインを引くと女性並みに顔が美人に変化することで有名!

レイ (ダンス・中国人メンバー)

1991年 10月7日生まれ (能力:治癒)

EXOに現存する唯一の中国人メンバーです。
カイと共にEXOのメインダンサーをつとめるほどのダンスの実力者。性格はふわふわしていて天然な可愛らしさ。

中国での個人活動も活発でテレビや映画、雑誌に引っ張りだこです。

作詞作曲も出来る彼は、ソロデビューも果たしています。

チャニョル  (ラップ)

1993年 11月27日生まれ (能力:炎)

EXOのラップ担当であり、圧倒的なルックスでモデル業も多くこなす彼。身長186cmでこのルックス、そして特徴的な低い声。モテないワケがありません。

前述で12000枚のCDを中国ファンに買わせるほど魅了したのもこの彼!

ベッキョンやセフンと仲がよく、メンバー内でも騒がしい子!

セフン  (ダンス)

1994年 4月12日生まれ (能力:風)

EXOの末っ子です
チャニョルと並んで更身長でバツグンのルックス、中国ではこの2人が人気を二分しているともいわれています。

ダンスとラップを担当。
クールなルックスにはなかなか末っ子感がありませんが、甘えん坊で誰よりもメンバーを気遣う末っ子なので、メンバーのお兄さんたちから溺愛されています。

カイ  (メインダンサー)

1994年 1月14日生まれ (能力:瞬間移動)

EXOのメインダンサーであり、センターです。

年齢はセフンの次に若いのですが、ステージ上では何かがのりうつったように人格が代わりカリスマ性みなぎるパフォーマンスをする、EXOの顔。

恵まれた高身長と手脚の長さを活かした、クラシックバレエ仕込のダンスが特徴。

ステージを降りると非常におっとりしている性格です。

チェン  (メインボーカル)

1993年 9月21日生まれ (能力:雷)

ベッキョンと並びEXOの歌を支えるメインボーカル。
類まれなる歌唱力で、低音から超高音のシャウトまで自由自在に扱えます。

メンバーが出演する映画の主題歌などをソロで歌うことも多くあります。

いつもニコニコのしっかり者。

ディオ  (メインボーカル)

1993年 1月12日生まれ (能力:力)

EXOのボーカルメンバー。
映画やドラマに引っ張りだこの超演技派俳優でもあり、その実力はアイドルにもかかわらず新人俳優賞を受賞するほど。

EXOの中では唯一の(?)寡黙な性格で多くは語りませんがメンバーから大変愛されています。

シウミン  (ボーカル)

1990年 3月26日生まれ (能力:氷結)

EXOの最年長メンバーで、ボーカルもダンスもできちゃう万能お兄さん。

最年長なのに、メンバーの中で一番幼く見えるルックスが人気で、メンバーからも「可愛い」と言われてしまう最年長。

猫のようなルックスが特徴的。
同じ事務所の先輩である、東方神起の大ファン。
圧巻のパフォーマンスに最強のルックス!
これから、より一層日本活動を強めてくるEXOを要チェックですよ!!
そんなEXOは2016年、日本第2弾シングル『Coming Over』12月7日にリリース決定★★

11月・12月に東京ドームと京セラドームでの単独ライブもありますので是非!ご注目ください!


2016.11.30 (水)
東京都:東京ドーム	16:00	18:00	
全席指定 ¥10,800(税込)

2016.12.01 (木)
東京都:東京ドーム	16:00	18:00	
全席指定 ¥10,800(税込)

2016.12.09 (金)
大阪府:京セラドーム大阪	16:30	18:30	
全席指定 ¥10,800(税込)

2016.12.10 (土)
大阪府:京セラドーム大阪	13:00	15:00	
全席指定 ¥10,800(税込)

2016.12.11 (日)
大阪府:京セラドーム大阪  13:00	15:00	
全席指定 ¥10,800(税込)


Yahoo!チケット:http://r.y-tickets.jp/exo1601
チケットぴあ:http://w.pia.jp/t/exo-tour/
ローソンチケット:http://l-tike.com/exo-lawt/
e+:http://eplus.jp/exo/

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Tamago