• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【AKB関連】欅(けやき)坂46ハロウィーンに合わせたライブイベントでドイツのナチスの衣装ではないかと話題に

【AKB関連】欅(けやき)坂46ハロウィーンに合わせたライブイベントでドイツのナチスの衣装ではないかと話題に

Author:
丘の町丘の町
Posted date:
【AKB関連】欅(けやき)坂46ハロウィーンに合わせたライブイベントでドイツのナチスの衣装ではないかと話題に

欅坂46の衣装 ナチス軍服酷似でユダヤ系団体が抗議

日本のアイドルグループがコンサートで着た衣装が、ナチス・ドイツの軍服に似ているとして物議を醸し、アメリカのユダヤ系人権団体が「強い嫌悪感」を示すとともに、グループが所属する音楽会社とプロデューサーに謝罪を求めました。
人気アイドルグループの「欅坂46」がライブで着た黒い衣装がナチス・ドイツの制服に酷似しているとTwitter上で批判を受け、海外メディアも報じる事態になっている。

欅坂46は10月22日、横浜アリーナでハロウィーンに合わせたライブイベントに出演。その際、ナチス・ドイツでも使われたクロワシに似た紋章を付けた黒い帽子、幅広い襟の黒のマントで登場した。グループのメンバーのブログにもその服を着た写真が投稿された。


これについて、アメリカ・ロサンゼルスに本部を置くユダヤ系の人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター」が31日、声明を発表して「強い嫌悪感」を示しました。

さらに「10代の若者がこのような衣装を着て踊るのを見ることは、ナチスによる大量虐殺の犠牲者たちにとって大きな苦痛だ。グループに悪気がないとしても、ナチスの犠牲者の記憶を軽んじ、ドイツだけでなく世界中の若者に間違ったメッセージを送ることになる」と指摘し、グループが所属する音楽会社「ソニー・ミュージックエンタテインメント」と総合プロデューサーの秋元康さんに謝罪を求めました。

出典:欅坂46の衣装が「ナチスそっくり」 Twitter炎上、英紙も報道

	

そもそも欅坂46って!?

ソニーミュージックが“坂道シリーズ”第2弾グループとして「欅坂(けやきざか)46」を誕生

乃木坂46の姉妹グループである欅坂46。
東京・六本木ヒルズに隣接する「けやき坂」が由来
欅坂46のデビューシングル『サイレントマジョリティー』。初週だけで約26万2,000枚を売り上げ、女性アーティストのデビューシングル初週売上の歴代記録を更新。
8月に出した2ndシングル『世界には愛しかない』はデビュー作を上回るヒットとなった。

秋元康さん「大変申し訳なく思う」

欅坂46の総合プロデューサーをつとめる秋元康さんは、NHKの取材に対し、「ニュースで知りました。ありえない衣装でした。事前報告がなかったので、チェックもできませんでした。スタッフもナチスを想起させるものを作った訳ではないと思いますが、プロデューサーとして、監督不行き届きだったと思っております。大変申し訳なく思っています。再発防止に向けて、すべて事前にチェックし、スタッフ教育も徹底して行いたいと思います」とコメントしています。
所属の音楽会社公式ホームページで「認識不足」とする謝罪文を掲載。今後は指摘された衣装を一切着用しないことを明言した。
 平素は欅坂46を応援していただき、誠にありがとうございます。

 10月22日に開催されましたハロウィンイベントにおいて、欅坂46が着用した衣装について、「ナチスドイツの軍服がモチーフではないか」とのお問い合わせ・ご指摘をいただいております。

 私どもの認識不足により、衣装の色やその他を含む全体のデザインが、そのようなイメージを想起させる部分があり、ご不快な思いをさせてしまったことに対し、心よりお詫び申し上げます。

 また、当該の衣装に関しては、今後一切着用いたしません。

 今回のご指摘を真摯に受け止め、再発防止に努めてまいります。多くのみなさまにご心配とご迷惑をおかけいたしましたこと、重ねてお詫び申し上げます。

出典:欅坂46の衣装がナチス制服と酷似 所属レコード会社のHPで謝罪文 - ライブドアニュース

レコード会社のHPに掲載されたコメント全文

比較!ナチスドイツの軍服と欅坂46の衣装

欅坂46コスプレTwitterの反応は

朝日◆アイドル衣装「ナチスに酷似」 ネット批判、英紙も報道 「人気アイドルグループの「欅(けやき)坂46」がライブで着ていた衣装がナチス・ドイツの制服に酷似」※英メール紙報道→
	
 の件、世界的な通信社のAFPや、イギリスの硬派な新聞ガーディアンまで報道。しかも、欅坂46をプロデュースする秋元康氏が東京五輪の大会組織委員会の理事ってこともバレてる。ますます東京五輪、先行き暗いね~
関連↓
	
「欅坂46」がナチス・ドイツの軍服そっくりで、アメリカのユダヤ系人権団体が秋元康氏らに謝罪を要求。
行進しながら「大人たちに支配されるな」と歌う制服姿を見ていると、絶望的な終末感覚が襲う。
人が溢れた交差点を

どこへ行く?(押し流され)

似たような服を着て

似たような表情で・・・


群れの中に紛れるように

歩いてる(疑わずに)

誰かと違うことに

何をためらうのだろう


先行く人が振り返り

列を乱すなと

ルールを説くけど

その目は死んでいる


君は君らしく生きて行く自由があるんだ

大人たちに支配されるな

初めから そうあきらめてしまったら

僕らは何のために生まれたのか?

夢を見ることは時には孤独にもなるよ

誰もいない道を進むんだ

この世界は群れていても始まらない

Yesでいいのか?

サイレントマジョリティー
	
日本の芸能人がSSの制服に似た衣装を着ていた件は、ドイツの新聞でも報道されています。あまりの非常識に呆れて物も言えません。ドイツでは右手を高く掲げるナチス式の敬礼も、法律で禁止されています。この件で今朝東京新聞の電話インタビューを受けました。明日の朝刊にコメントが載ると思います。
	

「ナチス制服騒動」で欅坂46冠番組、テレ東が放送休止の憶測!?

欅って、書けない?(欅坂46冠番組)「放送休止のお知らせ」

問題になった「欅坂46」の衣装は、10月22日のハロウィンイベントで着用したもの。鳥のマークが付いた帽子とミリタリー風の黒いマントなどの装いに、ネット上ではイベント直後から「ナチス親衛隊の制服に酷似している」と問題視する声が相次いだ。

25日には英大衆紙デーリー・ミラー電子版が、26日には英紙デーリー・メール電子版が今回の騒動を紹介。31日には米国のユダヤ人権団体「サイモン・ウィーゼンタール・センター(SWC)」が、公式サイト上に謝罪を求める声明を発表する事態に発展。欅坂46は11月1日夜に謝罪していた。

こうした状況の中で、「欅坂46」公式サイト上で、11月1日午後に「放送休止のお知らせ」が掲載された。発表文では休止の理由や経緯などは説明されていないが、
ツイッターやネット掲示板では「ハロウィン企画であの衣装着た回がお蔵入りになったかもしれない」「来週あの衣装で新曲放送だったんだろうな 編集し直しか」などと騒動との関連を推測する声が相次いだ。

「本社移転で休止?」

一方、同番組は10月30日の放送の中で「次回は11月13日に放送します」とのテロップを流していた。ただ、この時も、理由については触れられていない。また、次回放送予定日だった11月7日はテレビ東京の本社移転が行われる予定になっている。

かつて日本IBM本社ビルとヴィラフォンティーヌ六本木アネックスビルがあった跡地(六本木三丁目東地区第一種市街地再開発事業)で、そこに地上42階のビルが建てられ入居することになった。
 現在は本社周辺の複数のビルに関連会社が分散している。それらを一カ所にまとめて、効率を上げるのが第一の目的。さらに、放送マスターを最新設備に更新させる狙いもある。「テレ東は30年前、東京タワーのビルから虎ノ門の本社ビルに移転したが、いまの物件は日経新聞の所有。保有不動産といえば天王洲スタジオだけの身軽さだから、いつでも移転できる。他局ではこうはいきません」

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
丘の町

フリーランスを目指しています。 少しでも皆様のお役に立てる記事をとうこうできればと思います。