• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
[米大統領選] トランプ大統領が誕生するかもしれない「3つの理由」

サムネイル出典:

[米大統領選] トランプ大統領が誕生するかもしれない「3つの理由」

Author:
threed365threed365
Posted date:
[米大統領選] トランプ大統領が誕生するかもしれない「3つの理由」
アメリカ大統領選挙は、各州で順次投票が始まっていて、民主党のクリントン候補が女性初の大統領に選ばれるか、共和党のトランプ候補が8年ぶりに政権を奪還するか、注目されます。

出典:米大統領選挙 投票始まる | NHKニュース

	

順次投票が始まる

東部ニューハンプシャー州の人口の少ない一部の地域では、全米に先駆けて日本時間の8日午後に投票が行われ、直ちに開票されました。
世論調査では、民主党のヒラリー・クリントン候補を共和党のドナルド・トランプ候補が最終盤に猛追し、接戦になっている。

出典:米大統領選 トランプ氏が1つも落とせない「3つの激戦州」とは? | THE PAGE(ザ・ページ)

	

トランプ大統領が誕生するかもしれない「理由1」

【経済や政治への不満や怒りはトランプ支持につながる】

格差是正を前面に掲げ、政治革命を起こすと訴えたサンダース上院議員が若者を中心に支持を集め、政治経験が豊かなクリントン候補が予想外の苦戦を強いられました。

出典:米大統領選挙 投票始まる | NHKニュース

	
トランプ氏は、自由貿易によって製造業が海外に流出し、雇用が失われていると主張して、TPPから撤退すると繰り返し訴えているほか、NAFTA=北米自由貿易協定の再交渉を行う考えを示し、現状に不満を抱えている中低所得者層からの支持につなげています。

出典:米大統領選挙 投票始まる | NHKニュース

	
「メキシコとの国境に壁を築く」などと主張し、急増するヒスパニック系移民への不満を強めている白人有権者層からの支持を得る一方、ヒスパニック系住民を中心に反発も広がっています。

出典:米大統領選挙 投票始まる | NHKニュース

	

トランプ氏は「白人ブルーカラー層」の支持を得ることに成功した

トランプ大統領が誕生するかもしれない「理由2」

【当日の天気はトランプに味方する。期日前投票はほぼ五分】

今年のように11月1日が火曜日だと、第1月曜日の翌日は8日までずれ込んでしまう

出典:米大統領選「ヒラリーで決まり」は早すぎる | 市場観測 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

	
寒暖の差が激しく、天候が不安定な11月は、わずか数日のズレが投票率を大きく左右する

出典:米大統領選「ヒラリーで決まり」は早すぎる | 市場観測 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

	
キリスト教原理主義や全米ライフル協会の会員は、「なにがあっても投票する」という強い意志を持っている。だから、嵐が来たら、こういう支持基盤を持っている候補のほうが有利だ。

出典:アメリカ大統領選ほど先が読めない選挙はほかにはない。|アメリカ大統領選、やじうま観戦記!|渡辺由佳里|cakes(ケイクス)

	
報道によると、11月3日までに投票を済ませた有権者は合わせて3510万人に上り、前回の投票総数1億3000万人の約27%に達し、最終的には4割程度になる可能性もあるといいます。

出典:<米大統領選>トランプ氏が支持率で猛追 逆転の可能性はあるのか? | THE PAGE(ザ・ページ)

	
各種の世論調査の平均値を掲載しているアメリカの政治情報サイト、リアル・クリア・ポリティクスによりますと、民主党のクリントン候補、共和党のトランプ候補ともに、支持率の上下を繰り返しています。

出典:米大統領選挙 投票始まる | NHKニュース

	
投票日の前日の時点では、クリントン氏が47.2%、トランプ氏が44.2%となっています。

出典:米大統領選挙 投票始まる | NHKニュース

	

トランプ大統領が誕生するかもしれない「理由3」

【「重要州の知事は共和党」という事実】

現在、フロリダやオハイオ等、重要州の知事は共和党が占めている。

例えばトランプ氏と予備選を争ったオハイオのケーシック知事は、相変わらず反トランプ氏を掲げている。だが、トランプ氏批判を続けると、自らが支援する上院議員候補の足を引っ張りかねず、ここへ来て中途半端になってきた。

一方、フロリダでは、共和党知事のリック・スコット知事が全面的にトランプ氏を支持している。トランプ氏同様にビジネスマンから政治家になったスコット知事。彼はヒラリー氏陣営が要求した「ハリケーンが来襲した際の事前投票の期日延期」を拒んだ。

出典:米大統領選「ヒラリーで決まり」は早すぎる | 市場観測 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

	
最後は「執行力」が勝負を決める。カネと人的リソースではヒラリー氏が圧倒している。

ただ大統領選は日本の国政選挙とは違い、各州が独自のルールでその州の勝者を選ぶ(メイン州とネブラスカ州は選挙人を総取りではない)。そこでは、「知事がどちらの党の所属か」は極めて重要だ。

出典:米大統領選「ヒラリーで決まり」は早すぎる | 市場観測 | 東洋経済オンライン | 経済ニュースの新基準

	

■アメリカ大統領選挙の仕組み

11月8日の一般投票では「大統領選挙人」を選ぶ

一般投票の日は「11月の第1月曜日の後の火曜日」(つまり、1日が火曜日となる日を除く11月の第1火曜日。今年は1日が火曜日だったので、11月8日)と建国直後から定められています。

出典:米大統領選のキーワード 「一般投票」「選挙人」「勝者総取り」とは? | THE PAGE(ザ・ページ)

	
一般投票で、国民は各党の候補者に投票するものの、実際には間接選挙であり、「大統領選挙人」という人たちを選びます。

現在の選挙人の数は538人です。これは「50州から選出されている連邦上院議員と下院議員の数(それぞれ定数100人、435人)」+「首都のワシントン市から上院議員、下院議員が選出されたと仮定した数(それぞれ2人、1人)」です。下院議席の数は各州の人口比に近いため、より人口が多い州により多くの選挙人が割り振られている形となっています。

メイン州とネブラスカ州を除いて、一般投票で最も多く票を集めた候補者が、その州の選挙人をすべて獲得するという「勝者総取り」となります。

出典:米大統領選のキーワード 「一般投票」「選挙人」「勝者総取り」とは? | THE PAGE(ザ・ページ)

	

フロリダ州やオハイオ州など10の州での勝敗が大統領選の行方を決める

重要なのが、共和・民主両党の大統領候補の選挙運動は、全米50州を満遍なく、行うわけではないという点です。

各州の政治文化の傾向から、間違いなく民主党候補への投票が過半数を上回る州(ブルーステーツ)と共和党候補への投票が過半数を上回る州(レッドステーツ)が最初から分かっており、選挙戦で候補者がほとんど遊説に訪れない州も少なくありません。

出典:米大統領選のキーワード 「一般投票」「選挙人」「勝者総取り」とは? | THE PAGE(ザ・ページ)

	
候補者にとれば、人口が多く、選挙人の多い州での選挙運動に注目するのは当然です。それもあって、各候補が力を入れるのは、人口が比較的大きく、党派性が明確ではない特定の州に限られています。

過去数回の選挙と同じように、2016年選挙の場合、フロリダ州、オハイオ州、バージニア州、ノースカロライナ州、ペンシルバニア州、コロラド州、ミシガン州、ネバダ州などの10ほどの数の「激戦州」が大統領選の雌雄を決めると考えられています。

出典:米大統領選のキーワード 「一般投票」「選挙人」「勝者総取り」とは? | THE PAGE(ザ・ページ)

	

12月19日の「選挙人投票」で大統領が決まる

大統領選挙人は「12月の第2水曜日の後の最初の月曜日」(今年は12月19日)に州ごとに選挙人集会を開いて大統領候補に投票を行い、選挙人投票で過半数の270をとった候補が大統領となります。

出典:米大統領選のキーワード 「一般投票」「選挙人」「勝者総取り」とは? | THE PAGE(ザ・ページ)

	
【速報】CNNによると、米・カリフォルニア州アズサで銃撃事件が発生。少なくとも2人が負傷。銃撃現場近くにあった投票所は閉鎖された。
	
米大統領選でケンタッキー州など一部の州で開票始まる。ケンタッキー州では、開票率1%で、トランプ氏が約73%の得票でリード。インディアナ州でも同様に72%でトランプ氏リード。 
	
クリントンがフロリダを取れば「ほぼ」決まる。トランプがフロリダを取れば、今晩はしばらく寝られなくなる。
	
ブレグジットの時は、こうだったんだよね。

予想に反して、次々とブレグジット過半数の州が発表され、

おかしいな?
あれ?
うそ?
ほんとに?

ブレグジット決定!

まずはトランプ優勢ですが、果たして?
	
私は2週間ほど前にアメリカの選挙に投票した。こんな恐ろしい選挙は初めて。初めてで最後だといいけど、クリントンが勝ってもトランプの支持者がおとなしく受け入れると思えない。今日のアメリカは不安に満ちている。あとは結果を待つのみか…
	
【開票
東部バーモント州、民主党のクリントン氏の勝利確実。

中西部インディアナ州、共和党のトランプ氏の勝利確実。
南部ケンタッキー州、共和党のトランプ氏の勝利確実。

【獲得数(総数538)】 トランプ氏 19  vs クリントン氏 3
	
トランプ現象も、ブレグジットも、こういう下地がある。アメリカでは白人中年層の各種依存症による死亡率も急増している。なぜ依存症になるのか?つまり収入の問題があるから。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
threed365