• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
「脱法ドラッグ」から「危険ドラッグ」へと新名称が決定。圧倒的センスのなさにげんなり

サムネイル出典:

「脱法ドラッグ」から「危険ドラッグ」へと新名称が決定。圧倒的センスのなさにげんなり

Posted date:
「脱法ドラッグ」から「危険ドラッグ」へと新名称が決定。圧倒的センスのなさにげんなり

社会問題化している脱法ドラッグについて警察庁と厚生労働省は22日、新たな名称を「危険ドラッグ」に決めたと発表した。麻薬以上に興奮や幻覚作用がある薬物もあり、「脱法ドラッグ」や「脱法ハーブ」といった名称では危険性が伝わらないとして、新名称を公募していた。

警察庁などによると、新名称は延べ7972人から1万9887件が寄せられた。「危険ドラッグ」は102件で、ほかには「準麻薬」(183件)、「廃人ドラッグ」(140件)、「危険薬物」(123件)などがあった。

選んだ理由について古屋圭司・国家公安委員長は同日の閣議後会見で「新たな呼称が国民にしっかり浸透することで、非常に危険なものだと認識してもらうことを期待する」と述べた。田村憲久厚労相は「興味本位で手を出しやすいイメージがあった。非常に危ない薬物だということをストレートに理解してもらえる」と述べた。

出典:「脱法」改め「危険ドラッグ」 警察庁と厚労省が新名称:朝日新聞デジタル

センスのなさにネットは騒然

色々なドラッグまとめ

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
マツオカソウヤ

プログラマー。Sharetube作ってる人。サーバ周り、サービス設計、システム、デザイン、執筆を手掛ける。SNSのJoinchrome、ソーシャルRSSのBazzfeed、TwitterアプリのPicleの失敗を経て、今に至る。今日もまた東京の何処かでコードと記事を書いています。