• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
contents_button
熊本地震の地震雲の画像まとめ

熊本地震の地震雲の画像まとめ

Author:
seo-shareseo-share
Release Date:
熊本地震の地震雲の画像まとめ

地震雲とは

地震雲(じしんぐも、じしんうん)とは、地震の前後に観測されると言われる雲の形、またその現象を言う。地球科学や気象学からは地震の発生と地震雲とよばれる雲の発現との間の因果関係は不明とされる。
概要
古くからの地震予知研究においては、誰かが前兆と思った現象の報告と地震の発生状況などを照らし合わせるなどして得られた、経験則に基づいて研究や予知が行われた。地震雲もその一種であり、観測者にとって見慣れない、もしくは何らかの形で特徴的だと思われた雲をその対象としている。

身近に且つ手軽に観察できる「雲」を対象としているため、一般市民が参加した観測・報告による研究も行われている。また、公的な研究機関ではなく、民間による独自の研究も多い。地震雲の発生メカニズムを説明する学説は発表されているが、地震発生の過程と観測される雲の発生する原因との因果関係は不明であり、科学的な根拠について説明する研究もそれほど多くはない。また、地震雲か否かの識別方法に明確な基準もなく、地震予知の方法として根拠があるかも不明である。

いわゆる地震雲について、公的機関や学術団体は総じて地震の観測と因果関係が不明とする見解をとっている。日本地震学会は「地震研究者の間では一般に関係性はないとされているが、関係が皆無であると断言はできない。しかし過去の報告例は大地震の前にたまたま特異な形の雲を見たことで地震と雲を結びつけてしまう一方、地震が起きなかった場合には雲のことを忘れてしまうと考えられる」としている。気象庁は「無いと言いきるのは難しいが、仮にあるとしても『地震雲』とはどのような雲で、地震とどのような関係で現れるのか科学的な説明がなされていない」としている。大多数の科学者や政府・行政の公式的な見解は「報告された『地震雲』とされるものの中には明らかに地震と関係のない雲も多く含まれており、その観測や報告は正確性について疑問が残るうえ、地震雲と地震との関係性も明らかになっていない」としている。「地震雲研究」は、その手法が科学的妥当性を欠いていると指摘する向きも多い。

さらに、地震予知の可能性を検証したいとする者が日本や中国などの研究者の中にいる反面、「地震雲」はオカルトや疑似科学だとして全面否定する意見もあり、「地震雲」の情報がカルトや詐欺などに悪用されているという指摘もある

出典:地震雲 - Wikipedia

「オカルトや疑似科学」とありますが、本当にそうでしょうか。私個人は何らかの関係があるに違いないと思っています。皆さんはどう思いますか?

11月11日 11時12分頃熊本で震度4を計測する地震が発生

平成28年11月11日10時16分 気象庁発表
11日10時12分頃地震がありました。
震源地は熊本県熊本地方(北緯32.7度、東経130.7度)で、
震源の深さは約10km、地震の規模(マグニチュード)は4.2と推定されます。
各地の震度は次の通りです。
なお、*印は気象庁以外の震度観測点についての情報です。

熊本県  震度4  宇城市豊野町* 熊本西区春日
     震度3  玉名市天水町* 菊池市旭志* 宇土市新小路町
          西原村小森* 嘉島町上島* 益城町木山
          甲佐町豊内* 熊本美里町永富* 熊本美里町馬場*
          宇城市松橋町 宇城市不知火町* 山都町下馬尾*
          合志市竹迫* 熊本中央区大江* 熊本東区佐土原*
          熊本南区城南町* 熊本南区富合町*
          上天草市大矢野町
     震度2  熊本高森町高森* 南阿蘇村吉田* 南阿蘇村河陽*
          八代市平山新町 八代市泉町 八代市松江城町*
          八代市千丁町* 八代市鏡町* 八代市泉支所*
          八代市坂本町* 玉名市中尾* 玉名市岱明町*
          玉名市横島町* 山鹿市菊鹿町* 山鹿市鹿本町*
          山鹿市鹿央町* 菊池市隈府* 菊池市泗水町*
          玉東町木葉* 長洲町長洲* 大津町引水*
          菊陽町久保田* 御船町御船* 宇城市三角町*
          宇城市小川町* 氷川町島地* 氷川町宮原*
          合志市御代志* 和水町江田* 熊本北区植木町*
          あさぎり町免田東* あさぎり町岡原*
          あさぎり町須惠* 湯前町役場* 水上村岩野*
          五木村甲* 上天草市姫戸町* 上天草市松島町*
          天草市有明町* 天草市五和町*
     震度1  阿蘇市内牧* 南阿蘇村中松 南阿蘇村河陰*
          八代市東陽町* 荒尾市宮内出目* 玉名市築地
          山鹿市老人福祉センター* 山鹿市鹿北町*
          山鹿市山鹿* 菊池市七城町* 南関町関町*
          山都町大平* 山都町今* 和水町板楠*
          人吉市西間下町 人吉市蟹作町* 錦町一武*
          多良木町多良木 多良木町上球磨消防署*
          山江村山田* 球磨村渡* 水俣市牧ノ内*
          水俣市陣内* 芦北町芦北 芦北町田浦町*
          上天草市龍ヶ岳町* 天草市牛深町 天草市天草町*
          天草市倉岳町* 天草市河浦町* 天草市栖本町*

この地震による津波の心配はありません。

出典:気象庁|地震情報

	

Twitterに熊本の地震雲を目撃し写真をアップしたユーザーが多数

Twitterの地震雲写真を如何にまとめます。
しかし、写真は撮っていないTwitterユーザーやTwitterをやっていない目撃者も多数いることが予想されますので、実際はこれよりももっと多数の目撃があるでしょう。
地震雲ツイートが話題になってるので、宮城沖地震と熊本地震発生時の衛星画像といまの衛星画像置いておく。
おわかりいただけるだろうか?
一本筋の雲が発生してから場所が変わらずそこにあることに…

気象衛星の写真が捉えた不自然な一直線に伸びた雲
渦巻き型の地震雲発生。このような自然雲が出来る可能性はどのくらいあるものだろうか。気象予報士や雲の研究者がいたら聞いてみたい。
昨日は熊本で震度2の地震があったみたい。私は気づかなかったけど…昨日の夕方の空に浮かぶ地震雲らしき雲。
微妙ですがこれも地震雲かもしれませんね。
低く伸びている雲が地震雲と思われます。
なんじゃこの雲は。
今日のお昼過ぎも変な雲がいっぱいだった。←仕事中で撮れなかったけど。
熊本地震以降、毎日毎日地震がきてた時に出てたような雲が、今日はいっぱい出てた。
ただの気紛れ愉快なお空ならいいけど、地震雲だったら嫌だな。
これは明らかに地震雲でしょう。
上の2枚の写真をクリック又はタップしてご覧ください。写真の下の方に地震雲が写っており見切れています。
ハッキリしすぎている
地震雲っぽいのが熊本方向に向かってるような…
秋の夕方頃に多く発生する筋雲ににていますが、今は季節も冬で形もちょっと違う感じの地震雲です。
不自然な地震雲です。
なんか地震雲のツイート多い気がする。
写真撮らなかったけど熊本地震のときは前震の夕方低層に太く真っ直ぐの雲がでていた。ついでに虫や生き物の声がなくなり地球が死んだみたいだった。本震の前の19時頃は高い音が聞こえ頭痛がしていた。そして地震が発生する直前に低い地鳴りがしました
写真付きのTweetじゃないのが残念ですが、「虫や生き物の声がなくなり地球が死んだみたいだった。」や「本震の前の19時頃は高い音が聞こえ頭痛がしていた。」など、非常に重要な情報だと思います。
予想ですが、電磁波による健康被害と虫は電磁波に敏感なのかもしれません。
熊本地震からもうずっと挙動不振だけどさ、この雲やばいやつじゃないん…
低い部分と高い部分でハッキリと別れすぎた不自然な地震雲も。これは人工降雨による雲か!?
現在:地熊本県玉名市
佐賀方面に向かってます。
これは…断層型地震雲?
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
seo-share

Web作成、SEO集客、物販アフィリエイトを得意としております。 その他コピーライティングや、行動心理学なども合わせて勉強中で、皆様の参考になるページをわかりやすくまとめることをモットーに精進していきたいと思います。