• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
今宵の月はスーパームーン。68年ぶりに最も接近する大きな満月

サムネイル出典:

今宵の月はスーパームーン。68年ぶりに最も接近する大きな満月

Author:
Fossils15Fossils15
Posted date:
Update date:2016年11月17日
今宵の月はスーパームーン。68年ぶりに最も接近する大きな満月
近年話題になっているスーパームーン。月がとくに大きく見えることから、お月見を心待ちにしている方も多いのではないでしょうか。
本日の月の出は、例えば東京で16:40。月の入りは5:19。22:52にちょうど満月になるとのこと。夕方に月が東の方角に昇ってから明け方まで、晴れていれば天空にきらめく大きな月を見ることができるのです。

そもそも月は楕円状の軌道を描いて地球の周囲を回っているのですが、スーパームーンは、月が地球に最も接近した日が、満月と重なる現象のこと。天文学上では、はっきりとした定義がないとのことですが、一つの天文現象として現在、その名称が普及してきているのです。

月との距離を実際に考えてみると、今年最も離れていた4月22日の満月に比べると約5万キロほど接近し、約35万6500キロに縮まるのだとか。そこから割り出すと、本日の今年最大の満月は、最小の満月(4月22日)に比べて、直径で約14%、面積で約30%も大きく見えるのだそうです。

出典:今宵の月はスーパームーン。68年ぶりに最も接近する大きな満月を仰ぎ見れば(tenki.jpサプリ 2016年11月14日) - 日本気象協会 tenki.jp

月が地球に一番近づき、更に満月になる今宵の月・スーパームーン

スーパームーン2016年は11月14日!時間と方角と撮り方は?

016年のスーパームーンを見る最高の時間と方角は

11月14日午後4時40分
又は、11月15日午後5時30分
東よりすこし北寄り
まず、これだけは覚えておいてください。(これは東京の場合です。他の地区は、最後の方に調べるサイトを載せておきました)

この時間が月が出てくる時間と方角です。なので、天候次第ですが、最高にきれいなスーパームーンを見るにはこの時間が一番です。また、写真を撮ったりする場合は、午後4時半くらいから準備して待っておくことをお勧めします。

出典:スーパームーン2016年は11月14日!時間と方角と撮り方は?

11月14日

11月14日の天気予報が発表されました。

札幌 晴れ後曇り  10%
仙台 曇り時々晴れ 10%
東京 曇り後雨   60%
新潟 曇り時々晴れ 20%
金沢 曇り後雨   60%
名古屋 曇り後雨  80%
大阪 曇り後雨   70%
広島 雨時々曇り  90%
高知 曇り後雨   90%
福岡 雨      90%
沖縄 晴れ     10%
全国的に、かなり厳しい状況です。

11月15日

札幌 曇り時々雨  80%
仙台 曇り時々雨  50%
東京 雨後晴れ   70%
新潟 雨時々曇り  90%
金沢 雨後曇り   90%
名古屋 雨後晴れ  90%
大阪 晴れ時々雨  80%
広島 晴れ時々雨  60%
高知 晴れ時々雨  80%
福岡 雨後晴れ   50%
沖縄 晴れ後曇り  30%
やはり、ちょっと難しいかもしれません。

68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気になる大地震との関連性。

月の引力が巨大地震の原因になり得る?

 占星学者ノール氏は自身のサイトで、巨大地震の前後にスーパームーン現象が起きている例を多数挙げて、スーパームーンが大地震を引き起こすと主張してきた(一例を挙げると、2011年3月11日の東日本大地震の8日後、3月19日にスーパームーンが起きている)。こうした主張に対し、スーパームーンと大地震を関連づける科学的な証拠は存在しないというのが、従来の科学者らの共通認識だった。

 ところが今年9月、東京大学地震科学研究グループの井出哲教授らが、「巨大地震は、潮の満ち引きの原因となる月の引力が強くはたらく時に発生しやすくなる」という研究結果を英科学誌『ネイチャー』のオンライン版に発表した。同チームは、マグニチュード5.5前後の地震1万件以上と、潮の満ち引きを起こす力のデータを分析。すると、高潮の力がはたらいているときにM5.5クラスの地震が始まると、M8かそれ以上の巨大地震に発展するケースが多いことがわかったという。

 調べてみると、68年前に地球と月が最接近した1948年1月26日の近くでも、わずか1日違いの1月25日に、フィリピン・パナイ島近くを震源とするM8.2の地震が発生している。もちろん、11月14日前後にこうした大地震のリスクが高まるかどうかはわからないが、少なくとも、防災グッズや非常用食料・飲料水といった常備品を改めてチェックするいい機会にはなりそうだ。

From tonight"s #fullmoon in #Seattle : Super Moon? What #supermoon ...? pic.twitter.com/IgAGcomAst

出典:68年ぶりの超特大スーパームーン、11月14日に:気になる大地震との関連性 | ワールド | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

	
ScienceCasts: 2016 Ends with Three Supermoons

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Fossils15