• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
猫の恩返しは耳をすませばの主人公月島雫関の処女作?

猫の恩返しは耳をすませばの主人公月島雫関の処女作?

Author:
丘の町丘の町
Release Date:
猫の恩返しは耳をすませばの主人公月島雫関の処女作?
二つの作品は作品同士がリンクしているという都市伝説があり、実はこの作品は耳をすませばのキャラクターが大きくかかわっている作品である。
	

あらすじ

ハルは、何となく日常を過ごしている普通の女子高校生。ちょっと楽しいこととちょっとついていないことが繰り返される、平凡といえば平凡な毎日だ。

その日はちょっとついていない日だった。朝から寝坊してしまい、朝礼に遅刻してみんなの前で恥をかき、放課後の掃除でもヘマをして片想い中のクラスメイトに笑われてしまう。あまつさえ、放課後に親友のヒロミと一緒に歩いていた時、そのクラスメイトにかわいい彼女がいるらしいことまで知ってしまう。ひたすら落ち込むハル。

その時、ハルはトラックに轢かれそうになった猫を発見する。ハルは、思わずヒロミが持っていたラクロスのラケットつかみ、間一髪で猫を救い出した。すると、驚くまいか助かった猫は二本足で立ち上がった!猫は礼儀正しくお辞儀をして、「危ないところを助けていただきありがとうございました。お礼はまた改めて」と言って立ち去っていった。あまりの出来事に、ハルは呆然とするだけだった。

その夜、ハルの家の前には猫の行列が現れた。一行は、はるばる「猫の国」からやってきたらしい。あっけにとられるハルを前に、王様の「猫王」は昼間の出来事の礼を述べ、王子を助けた恩返しを予告して去っていった。昼間助けた猫は、猫の国の王子様だったらしい。

 翌日も不思議な出来事が続く。ハルの家の敷地は一面のねこじゃらしで埋め尽くされ、学校の下駄箱にはネズミの贈り物が差し入れられていた。ハルの親友のヒロミの家にも、王子様を助ける時に壊れたラクロスのラケットが大量に届けられていたという。何が何やらよく分からないハルの前に再び猫の国の使者が現れ、ハルを猫の国に招待したいと言った。使者は猫の国の素晴らしさを語り、ハルを王妃として迎えたいとまで言う。片想いが敗れて少しへこんでいたこともあってか、つい「猫の国もいいかもね」とその気を見せると、使者は「それでは今夜お迎えにあがります」と言って去っていった。

 正気に戻ったハルは絶叫する。「どうしよう、猫のお嫁さんにされてしまう!」困っているハルの頭上に不思議な声が響いてくる。「ハルちゃん、猫の事務所を探して」。ハルはその声に誘われるまま街へ出て行くと、白くて太った猫「ムタ」に出会う。ムタの後をついてアーチをくぐると、そこはミニチュアの街だった。猫の事務所は、その街の一角にあった。

 「ようこそ、猫の事務所へ!」
そこには猫の男爵「バロン」が立っていた。

 猫の事務所に入ったハルは、バロンにこれまでの出来事を報告した。バロンは、ハルのために問題を解決することを約束したが、ふと油断したすきに猫王の側近が乗り込んできて、ハルは「猫の国」に連れ去られてしまう。バロンとムタ、そしてカラスのトトはハルを追って猫の国へ急いだ。
「猫の国」では、ハルとルーンの婚礼の支度が進んでいた。ハルは、無事元の世界に帰ることができるのだろうか。
2002年に公開されたジブリ映画『猫の恩返し』。
2002年にスタジオジブリの森田宏幸監督により映画化された作品です。
日本国内の興行収入は2002年の邦画1位を獲得したヒット作です。


公開されてからすでに14年経っていますがいまだに根強い人気で、テレビで放映されると毎回高い視聴率を誇っています。
 

そのジブリ映画『猫の恩返し』には不思議な都市伝説があることをご存知ですか?

実はネット上では『猫の恩返し』の都市伝説なるものが数多く出まわっています。

耳をすませばの主人公月島雫関わっている?

月島雫は小説家志望の女の子なのだが、実は猫の恩返しはその月島雫の処女作なのではないか?と言われている。この処女作とは、耳をすませばの作中で彼女が天沢聖司のおじいさんに見せるために書いていたものである。
月島雫の書いた小説に対してのおじいさんの感想や、彼女が愛読していた本などから内容はメルヘンでファンタジーと思われるため、猫の恩返しなのではないかという都市伝説が生まれたのだが、実はもう一つ、少し違った説もある。
それは、月島雫の処女作ではないが、猫の恩返しは月島雫の想像、もしくは妄想の産物だったのでは?という都市伝説である。
つまり、耳をすませばでバロンに出会ったり、ムーンに出会ったりした経験をもとに脳内で物語を作り上げており、それを映画化したものなのではないか?ということである。
また処女作ではないが、将来プロになった月島雫が書いた作品という都市伝説もあり、実は耳をすませばを公開したのが1995年、猫の恩返しが2002年に公開されており、現実で考えると当時中学生だった月島雫は22歳になっていることになる。
つまり、プロになってから猫の恩返しを書いたというのにはぴったりの年齢なのである。

「バロン」と「デブ猫」の2作品には「同じキャラ!?」

猫の恩返しはバロンという猫男爵が主人公をリードして助けていく。これと全く同じ猫が「耳をすませば」でも登場するのだ。

そのため、両作品の関連を中心とした多くの都市伝説があがっている。耳をすませばの主人公、月島雫は作中で偶然見つけた不思議な店の店主が持つ猫人形の美しさに惚れ込むのだ。

そして、物語を書こうと決心した雫はこの人形をメインに「猫の恩返し」を書きあげたのだ。

これは公式でも明かされており、耳をすませばの原作者・柊あおいに宮崎駿が直々にリクエストをして書き下ろした「バロン 猫の男爵」が原作となる。

「猫の恩返し」の作者と言えば、原作者の柊あおい氏

「耳をすませば」を見たことのある方は、「猫の恩返し」を見てあれあれ?と思ったことでしょう。見たことのある猫がしゃべっています。バロン(男爵)は分ベルト・フォン・ジッキンゲン男爵というのが正式名称で、略してバロンと呼ばれています。この猫は地球屋の影の主人という設定です。西司郎(耳をすませばの天沢聖司の祖父)がドイツのカフェで見つけて日本に連れ帰ったものでした。

その地球屋のバロンが今度は実際に動いてしゃべって紅茶なんて飲んじゃっています。雰囲気もスゴく酷似しており、これはあの「耳をすませば」のバロンだよね?と言わざるを得ません(もちろん、作中でそれを否定してるわけではないのですが)。この点もこの2作品の関わりを強調する論拠となっています。

出典:ジブリ猫の恩返し都市伝説が囁かれる5つの要因 | 雑学の豆知識♪

かなりの脇役ですが、結構キーになってくるのが2作品に登場するデブ猫です。「耳をすませば」では天沢聖司にムーンと呼ばれていました。これと似た猫が「猫の恩返し」ではムタと呼ばれる猫として登場します。これはバロンの仲間の猫です。設定では昔猫の国で悪さを働いたらしく、猫の国では伝説の犯罪者「ルナルド・ムーン」と呼ばれているとか。おや?ムタの別名はムーン?

そう言えば「耳をすませば」では近所の子たちにこのデブ猫は「ムタ」と呼ばれていました。ムーンとムタ、2つの名を持つデブ猫。これは偶然ではないでしょう。この猫も何かしらの関連性を持ってこの2作品に登場していると見られています。このことも猫の恩返し都市伝説の重要なファクターとなっています。

宮崎駿監督はバロンとムタが難事件を解決する探偵物を企画

異例ずくし

アニメ「猫の恩返し」はまず原作が宮崎氏の依頼で書かれたということで、ジブリアニメでは初めてのケースに当たる。

某テーマパークからジブリに猫のシンボルキャラクターやデザインの依頼があり、「ジジ」や「バロン」等を提示したところ、デブ猫の「ムーン」が採用されたという。

そしてムーンを使って20分程度の「ショートアニメ」を作るという企画になった。この時点で都市伝説だろう。

宮崎氏に相談したところ「バロンを主人公にした探偵もの」という話になり、懇意にしていた「耳をすませば」の原作者、柊あおい氏に原作漫画を依頼した。

ところが漫画は「猫の王国に迷い込んだ女子高生」をモチーフとした少女漫画になり、しかもそのボリュームからかなりの長編になってしまう。

ところが「耳をすませば」の近藤監督が亡くなってしまい、また「探偵もの」でないということで宮崎氏は興味を示さず、急遽若手の監督を立てることに…

しかしジブリ内では、宮崎・高畑両氏以外の監督を立てることは難しく、結果的に外部の人を使おうという話になった。そこでアニメ会社のシャフトから「となりの山田くん」の制作で応援に来ていた森田宏幸氏に白羽の矢が立った。

ところが都市伝説によると、森田氏は少女漫画の表現が嫌いで初めは気が乗らなかったという。おまけにジブリは「千と千尋の神隠し」の製作中で人手不足に陥っていた。

その結果、なんとジブリ作品なのにスタッフのほとんどは外部の人で、ジブリ内製ではなく外注作品という異例なことになった。これも都市伝説的な話

映画「猫の恩返し」の主題歌「風になる」

忘れていた目を閉じて 取り戻せ恋のうた
青空に隠れている 手を伸ばしてもう一度

 忘れないですぐそばに 僕がいるいつの日も
星空を眺めている 一人きりの夜明けも

 たった一つの心 悲しみに暮れないで
君のためいきなんて 春風に変えてやる

陽のあたる坂道を 自転車で駆けのぼる
君と失くした 想い出乗せて行くよ

 ララララ 口ずさむ くちびるを染めて行く
君と見つけた しあわせ 花のように


忘れていた窓開けて 走り出せ恋のうた
青空に託している 手をかざしてもう一度

 忘れないよすぐそばに 君がいるいつの日も
星空に輝いてる 涙揺れる明日も

 たった一つの言葉 この胸に抱きしめて
君のため僕は今 春風に吹かれてる

陽のあたる坂道を 自転車で駆けのぼる
君と誓った約束 乗せて行くよ

 ララララ 口ずさむ くちびるを染めて行く
君と出会えた しあわせ 祈るように


陽のあたる坂道を 自転車で駆けのぼる
君と誓った約束 乗せて行くよ

 ララララ 口ずさむ くちびるを染めて行く
君と出会えた しあわせ 祈るように
君と出会えた しあわせ 祈るように

ウクレレミュージシャン・つじあやの

『風になる』の主題歌で有名なつじあやの。ミュージシャンの中でも珍しいスタイル。楽曲制作は打ち込みも用い、情報は専らインターネットである。図書館が大好きで、小説や仏教の本を好んで借りて読んでいる。ウクレレはKeliiのものを中心に数本を使用とのこと。
駅の広場、ミュージアム、音楽学校と、つじあやののライブスタイルはフリー状態。いつでもどこでもライブができるという変わり種のミュージシャン。公園などでも気軽にライブをする。

バロンの恋人で猫の貴婦人ルイーゼも再登場?

バロンは元々、『耳をすませば』の西司朗が留学先のドイツから日本へ持ち帰った人形ですが、一度は店から購入を断られたという経緯がありました。

司朗の彼女と同じ名前の猫の貴婦人、ルイーゼという人形が修理中だったことから、恋人の2体を引き離すことはできないと言われたのです。それを聞いた彼女が、「連れの人形が修理から戻ったら自分が引き取る」と申し出たため、司朗はバロンだけを連れ1人で帰国しました。
しかし、第二次世界大戦で双方のルイーゼが行方不明となり、恋人たちの再会は不可能に・・・・・・。「猫の事務所」に飾られた肖像画のモデルは、バロンの恋人ルイーゼだと言われています。
「ジブリ作品」で声優を使わないのはもはや定番の都市伝説だが、「猫の恩返し」でも主要なキャラクターは全て俳優が吹き替えている。この作品には「ハウルの動く城」以来の常連である「TEAM NACS」も登場している。

そして同時上映の「ギブリーズ episode2」もそのような方針だった事は、意外と知られていない。しかも結構豪華な配役なのだ。

詳しくは調べてもらえば分かるが、一流の俳優が吹き替えていて「猫の恩返し」でも豪華俳優陣が行っている。よって、映画館に足を運んだお客さんが声優の声を聞くことはないが、これはジブリが「声優嫌い」というスタンスを徹底してきたからだ。

『猫の恩返し』の声優キャスト一覧

吉岡ハル/池脇千鶴
バロン/袴田吉彦
ムタ/渡辺哲
トト/斉藤洋介
ルーン/山田孝之
ユキ/前田亜季
猫王/丹波哲郎
ナトリ/佐戸井けん太
ナトル/濱田マリ
吉岡直子/岡江久美子
確かに・・・

猫の恩返しモデル地(阿佐ヶ谷、横浜元町など)

ハルがラクロスのスティックで猫の王子・ルーンを助ける並木通りは、阿佐ヶ谷駅から続く中杉通りを参考にしているそうです(「THE ART OF The Cat Returns」第17頁、美術監督・田中直哉氏のコメントより)。
阿佐ヶ谷駅南口を出ると、写真のようなケヤキ並木が続いています。

出典:海外だけじゃない。実は都内近郊にある”ジブリのモデルになったスポット”5選 | by.S

また、おさかなクッキーでお馴染みのケーキ屋さんは、阿佐ヶ谷に実在します。( cake boutique 『MYNT』 高円寺)お店には森田宏幸監督のメッセージとイラストが書かれた色紙が飾られています。下の画像参照

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
丘の町

フリーランスを目指しています。 少しでも皆様のお役に立てる記事をとうこうできればと思います。