• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
エイズ末期患者をケアするために、正しい知識を

エイズ末期患者をケアするために、正しい知識を

Author:
tamatama
Release Date:
エイズ末期患者をケアするために、正しい知識を

エイズについて

エイズの症状は?

ヒト免疫不全ウイルス(HIV)が免疫細胞に感染し、免疫細胞を破壊して後天的に免疫不全を起こす免疫不全症のことで実態は慢性ウイルス血症による「全身性炎症性疾患」ある。

出典:後天性免疫不全症候群 - Wikipedia

一般にエイズ(AIDS)の略称で知られている。性行為感染症の一つ。
後天性免疫不全症候群(こうてんせいめんえきふぜんしょうこうぐん、Acquired Immune Deficiency Syndrome; AIDS)
「HIV」 とは 「エイズウイルス」 のことで、正式には 「ヒト免疫不全ウイルス」 といいます。
ヒトに感染すると、免疫力を低下させてしまうウイルスです。

出典:HIV/エイズとは|症状・感染経路など|STD研究所 性病の総合情報サイト

	
感染し、治療をせずにいると、免疫力がだんだん弱くなり、数年~10年で健康な人であれば何ともない菌やウイルスで様々な病気がおこります

出典:HIV/エイズとは|症状・感染経路など|STD研究所 性病の総合情報サイト

	
免疫不全によって引き起こされる代表的な症例として、ニューモシスチス肺炎やカポジ肉腫、トキソプラズマ症などが挙げられる。

どうやって感染するの?

HIV(エイズウイルス)を含む体液が、相手の粘膜部分や傷口などに接触することで、感染の可能性が出てきます。

出典:HIV/エイズとは|症状・感染経路など|STD研究所 性病の総合情報サイト

体液→血液、精液(さきばしり液含む)、腟分泌液、母乳など
粘膜→主に口の中、尿道、性器、直腸など
エイズに感染した患者の血液と、他の人の血液が濃厚な接触をすることによって感染する。
エイズは、感染者との性的接触のほか、感染者が用いた注射器の使用、感染者の母親から生まれた場合が主な感染ルートになる病気です。

出典:島根県:島根県 : 特集4 HIV(エイズウイルス)検査を受けましょう(トップ / 県政・統計 / 政策・財政 / 広聴・広報 / フォトしまね / 181号)

	
正しい知識を持って予防対策をとることで、HIV感染のリスクを減らすことができます。

出典:ストップエイズ! 今は「不治の特別な病」ではなく、コントロール可能な病気です。まずは早めに「HIV検査」を:政府広報オンライン

感染者と未感染者の共同生活には支障はない。
HIVは血液や精液、膣分泌液などに含まれますが、感染力が弱いため、日常生活(握手・入浴・缶などの回し飲みなど)ではうつりません。

出典:ストップエイズ! 今は「不治の特別な病」ではなく、コントロール可能な病気です。まずは早めに「HIV検査」を:政府広報オンライン

	
エイズ患者と未感染者が日常生活を共にし、お風呂・便器・食器を共同利用したり、宴会などで同じコップで回し飲みしても感染する恐れはない。

日本で初めて発生したときの状況は?

  1. 1981年 アメリカ
    初めてのエイズ患者報告。最初は男性同性愛者や麻薬中毒患者の間で感染する病と言われていた。
  2. 1986年 長野県松本市
    松本市にフィリピンから出稼ぎに来ていた女性がフィリピン帰国後にHIVに感染していたことが判明。
    その女性が松本で売春行為を行っていたと報道、実名も公表され、女性が働いていた店や、そこに行った客までも探そうとマスコミが松本に殺到。
  3. 1987年 兵庫県神戸市
    厚生省(当時)は神戸で日本人女性初のHIV感染者が確認されたことを発表。女性の死後、名前や顔写真が公開され、更にはその女性が多くの日本人相手に売春行為を繰り返していたと報道された。
二次感染を防ぐためには個人のプライバシーや人権よりも、感染者を特定してこれ以上HIV感染を広げないことが優先だとマスコミは主張しました。

出典:エイズパニックはこうして起きた! | HIV(エイズ)検査完全ガイド

マスコミは感染者がこれ以上出ないよう、エイズの症状や感染の仕方について正しい知識を国民に伝える責任があった。
後に亡くなった女性患者のご遺族が一連の報道に対して名誉棄損の裁判を起こし、判決では女性に売春行為の事実はなかったとされました。

出典:HIV・エイズの歴史を語る(その3)「エイズパニック」|HIV(エイズ)検査の受け方

「エイズ=売春行為で感染」といったイメージが広がった。

薬害エイズ事件って?

薬害エイズ事件(やくがいエイズじけん)とは、1980年代に、主に血友病患者に対し、加熱などでウイルスを不活性化しなかった血液凝固因子製剤(非加熱製剤)を治療に使用したことにより、多数のHIV感染者およびエイズ患者を生み出した事件である。

出典:薬害エイズ事件 - Wikipedia

日本では全血友病患者の約4割にあたる1800人がHIVに感染し、うち約600人以上がすでに死亡しているといわれる。
外国の血液で作った方が安く作れたので、なんと日本国内で使う血液量の96%を外国から買っていました。その量は、世界で使う量の3分の1にもなりました。

出典:AIDSについて もっと知ろう

日本の献血では十分な量がまかなえなかったため、輸入品で製造。
血液製剤は、主にアメリカの売血を原料としていたが、これがHIVに汚染されていた

出典:http://www.nira.or.jp/past/newsj/kanren/100/103/yakugai/yakugai2.html

1983年、アメリカにて判明。その2ヶ月後、血友病患者をエイズから守るため、アメリカで非加熱製剤に替わる加熱製剤が開発される。
アメリカでは加熱することでHIVを殺すことで対応した。
次に問題となるのは、日本に既に輸入された非加熱製剤である。
日本では、その時に危険な血液製剤を禁止することができたのに、アメリカから、危険な血液や血液製剤を輸入し続けました。
国・製薬会社、専門医は、「心配ない、安全だ」といい、血友病患者に、危険な血液製剤を引き続き使わせたのです。

出典:AIDSについて もっと知ろう

日本が加熱製剤にきりかえたのは、アメリカにおくれて2年以上も後のことでした。
バイエル社は、1980年代半ば、アメリカ国内で許可されないエイズ汚染されていた可能性のある
旧式の血液製剤を日本やアジア諸国、南米向けに輸出していたという。

出典:独バイエル社、日本にエイズ汚染された旧式血液製剤を輸出?!! | 神と悪魔の狭間で...

アメリカでは、売れない非加熱製剤を安く仕入れて日本で売り、大きな利益をあげたと言われる。

問題点は?

医療から見た問題点

日本で初めてエイズが発症した際

①医療は予防策・症状について正しい知識の普及に努める責任があったのに、それが十分ではなかった ②エイズ患者への誤解や差別を解消する支援ができず、謝ったイメージが市民に残った ③国から指示や知識の伝達がなされなかった

薬害エイズ事件の際

①「患者の健康と幸福・生命の尊重」という医療の第一目的が守られず、非加熱製剤による利益が優先された ②非加熱製剤の安全性を根拠もなく強調した

社会的な問題点

日本で初めてエイズが発症した際

①マスコミが国民の恐怖をあおり、深刻な差別を生みだした。 ②正しい予防策を伝えることはしなかった ③社会全般の風潮やマスコミに対して、国は何も対策を立てなかった

薬害エイズ事件の際

①感染から国民を守るべき迅速な対応を2年6か月も怠った ②厚生省が何の根拠も示さずに非加熱製剤の安全性の強調だけをおこなった。

エイズ問題に対する前向きな考え

・患者の心理的・経済的負担を支援する
・常に新しい情報を集める
・医療者への倫理教育の充実を
・行政や病院へのオンブズマン制度を

重症エイズ患者に対する理想的なケアとは?

・情熱的な介護で希望を与える
・相談しながらケアを進めていく
・こまめなコミュニケーションとインフォームドコンセント

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
tama

気ままに働く薬剤師。 医療情報を中心にまとめています。