• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
世界の仮想通貨(暗号通貨)の種類一覧

サムネイル出典:

世界の仮想通貨(暗号通貨)の種類一覧

Author:
aeincaeinc
Posted date:
世界の仮想通貨(暗号通貨)の種類一覧
ビットコインを2400円分だけ購入していたある人は数年後数千万円を手に入れました。仮想通貨は「お金」です。さて、そんな仮想通貨(暗号通貨)。日本も含め世界にはどれだけの種類が存在しているのでしょうか。仮想通貨一覧をまとめました。※どんどん世界中で種類が増える為、コツコツ更新していきます。
24ドル(約2400円)分の仮想通貨「Bitcoin(ビットコイン)」を購入して、4年ほど 
そのことを忘れていたノルウェーの男性が、その間のビットコインの高騰のおかげで 
オスロ(Oslo)市内に住居を購入することができた──。 

2009年、暗号化技術の研究をしていたクリストファー・コーシュ(Kristoffer Koch)さんは 
当時誕生したばかりだったビットコインに気まぐれで少額を投資することにした。 

現在29歳のエンジニアのコーシュさんは今年4月、たまたま見かけたビットコイン高騰の記事 
から、自身もビットコインに投資していたことを思い出した。投資から4年、コーシュさんが 
投資していた5000ビットコインの価値は数千万円に膨れ上がっていた。 

コーシュさんは丸一日かけてパスワードを思い出し、その一部を売却して110万クローネ 
(約1800万円)の現金を手に入れた。税金として28%が引かれた後、残った資金でオスロ 
市内の住居購入に向け頭金を支払い、部屋のリフォームも行った。 

「こんなに高騰するとは夢にも思わなかった」とコーシュさんは語っている。 

出典:【仮想通貨】4年前に2400円分買ってた『Bitcoin/ビットコイン』が数千万円に、おかげで住居購入--ノルウェー [10/30] 

	

Bitcoin(ビットコイン) 単位=BTC

特に日本ではこのビットコインが発端で仮想通貨の知名度が上がったといっても過言ではありません。時価総額世界ナンバーワン(2016年調べ)。過去、ビットコインが世に放出されたばかりの時に先見の明を持ってこのコインを購入した世界の投資家は、その後何十万倍にも高騰したビットコインで一気に億万長者の仲間入りを果たしました。

Ethereum(イーサリアム) 単位=ETH

ビットコインと並ぶほどに知名度の高い仮想通貨(暗号通貨)。ビットコインのように高騰する可能性を期待して初期に購入した人々は、やはりある程度の利益を享受した模様です。まだ先行者利益を得られるタイミングだったようですね。

Ripple(リップル) 単位=XRP

特徴は「ブロックチェーンを使わない」ことで送金が実に速いことです。投資というよりは実用の視点で勉強したほうがより深くリップルの価値を理解することができるかもしれません。ビットコインや他の仮想通貨にも換金可能。

Litecoin(ライトコイン) 単位=LTC

世界ラインキング上位の仮想通貨(暗号通貨)の一つ。巷でいわれているのは、「ビットコインよりもマイニング(採掘)が容易である」とのこと。世界の猛者が日々マイニングによってライトコインを手に入れているようですね。

Monero(モネロ) XMR

どうやらビットコインをベースにしていないところが差別化されているポイントで、この点に注目している投資家は買っているようですね。現に急騰のシーンもありました。

Ethereum Classic (イーサリアム クラシック) ETC

非中央集権型。コレがイーサリアムクラシックのポイントだそうです。他の仮想通貨も非中央集権型はたくさんありますが、取引高なども含めての高評価がこの通貨には集まっているようですね。

Dash(ダッシュ) 単位もDASH 旧名Darkcoin(ダークコイン)

「The DAOトークン」との繋がりに注目の仮想通貨。途中で名称を変更したようです。ダークコインというネーミングだと世界的に普及する通貨としては抵抗感があるかもしれません。変更はベターだと思います。

Steem(スチーム) 単位もSteem

突然急騰した時期のある仮想通貨。理由はスチームを報酬として支払う仕組みのキュレーションサイト「steemit(スチームイット)」が人気になったから、とのこと。もちろん現金化も可能。ある人はsteemitで記事を書いて数か月で数百万円の報酬を手にしたそうです。

Augur(オーガー) REP

主には予測市場で流通する仮想通貨のようです。今後、ギャンブル系に適用される仮想通貨は需要が大きくなりそうですね。特に保有しているだけで配当が出る条件を導入する通貨は魅力があると思います。

MaidSafeCoin(メイドセーフコイン) MAID

ちょっぴり長いネーミングですがメイドセーフといった感じで略称されているでしょうか。メイドぐらい短くてもいいかもしれないですね、実際単位はこれですから。このコインの伝説、販売スタートからものの数時間で600万ドル(6億円)にものぼる量が売れたそうです。

仮想通貨(暗号通貨)のICO(クラウドセール)について

仮想通貨は、これが市場に出回る前にプレセールで購入できるものも多数あります。最も安い価格で大量購入しておき、市場で価値が付いた時に高値で売り抜けることが目的の投資家も多いようです。ICOやクラウドセールといったキーワードでアラート登録しておくことも、いち早く情報を手に入れる為の一つの方法としてよいかもしれません。

仮想通貨(暗号通貨)の未来

どの仮想通貨にもいえることですが、価値が変動する以上は未来を見抜くことは難しいです。しかし、世界中の人々が保有し、売買に使用することが、それぞれの通貨の価値を向上させることに繋がることだけは間違いありません。つまり、今後法整備がどんどんなされて、例えばビットコインが世界のあらゆるシーンで決済手段として使用されるようになった時、1BTCが数億円の時代が来ても、想像上は不思議ないことなのです。あなたは今の価格を確認しましたか。魅力ある仮想通貨。みんななの幸せに繋がるとよいですね。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
aeinc

ライティングの技術を磨く為、より良い情報をユーザーの皆様と共有する為、こちらで執筆に邁進して参ります。