• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
フランス、クリスマス前の大惨事。原発停止で暖房制限ろうそく暮らしの計画停電。

フランス、クリスマス前の大惨事。原発停止で暖房制限ろうそく暮らしの計画停電。

Author:
Fossils15Fossils15
Release Date:
フランス、クリスマス前の大惨事。原発停止で暖房制限ろうそく暮らしの計画停電。

フランス電力所有の原発58基のうち18基が原発部品の欠陥と報告書の偽造で原子力安全局により運転停止を命じられ発電量が落ち込む。

 フランス電力(EDF)にとって辛い時期が続いている。同社はフランス全世帯の88%に電力を供給し、市場をほぼ独占する企業だ。現在、同社が所有する原子炉58基(国内電力の4分の3を供給する)のうち少なくとも18基が稼働を停止しており、発電量が激減している。同社によると、昨年は417テラワット時(TWh)だった原発による年間発電量が今年は378TWhまで落ち込む可能性がある。
 現在は8基が未使用の状態にある。数基については数週間、数カ月にわたって再稼働できない場合があり得る。
 発電所は1980年代以来、最も高いペースで石炭を燃やしている。電力の輸入が急増し電気料金が急騰する中、寒波による停電を心配する国民に対し、政府はその可能性を否定しなければならない事態に陥っている。

鍛造品に強度不足の欠陥
 こうした危機的状況が生じた原因はEDFが保有する原子炉全般に使われている部品にある欠陥と見られ、容易には解決できないことが窺える。今年の夏、フランスの原子力規制機関、原子力安全局(ASN)は原子炉の部品、主に円筒型蒸気発生器の基礎部分について緊急検査を命じた。
 仏原子力大手アレバ傘下の仏メーカー、クルゾ・フォルジュと日本のサプライヤー、日本鋳鍛鋼が製造した鍛造品の炭素濃度が高いことが判明、検査官の懸念を集めている。一部には炭素堆積物が許容水準を50%以上超えているものもあり、鍛造品の温度が急激に変化した場合に亀裂が生じる危険性がある。
 こうした欠陥がどの範囲まで広がっているのか、またアレバの従業員がデータを改ざんしたのかについては今のところ不明である。ASNはアレバがこの問題の存在を見抜けなかったことに驚きを隠さない。ASNは現在、過去数十年分のファイル数千件について監査を進めており、今後も新たな欠陥が浮上すると見ている。

出典:フランスの原子力発電最大手を襲う難問:日経ビジネスオンライン

	

今月中には7基が運転を再開するも、本格発電は来月半ばまでかかり一部は検査継続。

フランスの電力会社は厳しい冬の到来に備えて計画的停電を準備、消費者に家電製品や照明、スマホの充電などで電気の使用を控えるよう促す。

今年の12月5日(月曜日)、12基の原子炉がシャットダウンされ、そのうちのいくつかは、冬の間は再起動するべきではありません。これは、今までになかったことで、フランスで寒さが浸透する中で事業者は停電の準備をしています。

ろうそくの光でクリスマス?

寒さが激化すれば、私たちは逃げることはできません。 「冬に温度が低いことは、2,400メガワット(MW)の電力消費の瞬間的な増加を意味する」と電力伝送システム(TEN)は言う。 電流を蓄えることができないので、需給と需要は常にバランスを取らなければならない。さもないと、それは有名な「停電」です。しかし、この冬の供給は、「フランスの利用できる原子力集団の歴史的な衰退」のために特に弱々しい。フランスのエネルギーミックスの4分の3以上を原子力発電が占めていることを覚えておいてください(2015年には76.3パーセント)。 19の原発所(フェッセンアイム、サンローラン・デ・ゾー、Bugey、など)に別れている58個の原子炉が発電を確保することになっています。ところが、11月29日午後15時に、それらの15基が停止したのは、ここ何年も聞いたことがなかった。「9つの原子炉は冬季を通じて使用できないに等しく、10年間で最低レベルの発電量となります」。 中略(不規則や改ざんの発見) これらの停止は機械的に生産量の低下につながります。フランス電力会社(EDF)は2016年の原子力発電計画の3回目の改訂を11月3日にした。もともと計画していた414 テラワット時に対して今は378〜385テラワット時(TWh)です。「今年の冬には、昨年の冬よりも10,000メガワットの原子力発電量不足に対処しなければならない」。 これを補うため、最も汚染され温室効果ガスを排出する火力発電所のフル稼働である。昨年は3000時間近く稼働していたが、今年は4000時間の発電に達するはずだと言われる。14のガス火力発電所や石油と石炭火力発電所などが燃料を補給しており、10月には、これらの化石燃料を使用した発電所の生産量は2015年に比べて37%増加しました。また、「輸入量が2015年の9,000MWに対して、今年は12,200MWと約30%増加している」。

究極の解決策は、一時的な、または部分的停電

しかし、このようなバランスをとる再調整は、「重大で持続的な寒波」の場合には不十分であることがわかる。つまり、季節的に最低温度が1〜3℃低い日が全国平均の基準では3日間あることから、4つの敏感な期間を「12月中旬、1月の第2週、1月の終わりと2月の初め」と特定され、電力輸送業者は、この種の状況に対処するために、フランスでは行われたことのない4つの「例外的手段」を検討している。 第1は、消費者に電力消費のピーク時に使用を制限するように促すことであり、空の部屋のライトを消すこと、家電製品(食器洗い機、洗濯機)の使用をピーク時以外に変更すること、使用していないときには充電器のプラグを抜くこと、などである。 12月5日から利用可能なEco2mixというアプリケーションは、緊迫する前日の午後6時に消費者に警告します。「国家レベルでは、3000MWを節約できると我々は考えている」とRTEは計算する。 第2番目の措置は、RTEとの特別契約を締結した電力消費の多い21の工業地帯で、送電の「15分から数時間の間」の中断である。RTEの評価によると、これは1,500 MWを節約するだろう。 第3の可能性は、ネットワーク全体の電圧を下げることです。 「具体的には、照明ランプの点灯を少なくし、暖房の熱上昇を遅くするどということです」それらはRTEに4,000MWの利益が期待できると言います。 「究極の解決策」は、電力の「部分的な、または一時的な停電」です。すなわち、電気の供給が需要を満たすようになるまで、別の地域で計画的な停電を2時間ごとに輪番ですること。

フランスは憲兵隊が原発の強制捜査するが、同じ欠陥部品を使っている日本の原発では直接的な安全確認調査はしないと日本の原子力規制庁。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Fossils15