• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
意味がわかると怖い漫画「下校時刻の哲学的ゾンビ」の解説

意味がわかると怖い漫画「下校時刻の哲学的ゾンビ」の解説

Author:
うぃぐうぃぐ
Release Date:
意味がわかると怖い漫画「下校時刻の哲学的ゾンビ」の解説
オモコロというウェブサイトに掲載されている「下校時刻の哲学的ゾンビ」という漫画が面白かったのでご紹介します。
その漫画は終わり方に謎があるので、もしかすると意味がわからない方がいるかもしれません。
漫画内には解説がなく、読者に判断をゆだねているんだと思われます。
そこで、筆者なりの解説も書いてみたいと思います。

下校時刻の哲学的ゾンビ

まずは作品をお読みください。
あなたは意味がわかりましたでしょうか?
一見、友達にドッキリを仕掛けられた女子高生の日常に思えてしまいます。
でも、違うんです。
ちゃんとホラーになってるんですよ。

筆者なりの解説

漫画のタイトルに「哲学的ゾンビ」とありますが、そもそも哲学的ゾンビとは何ぞ?
まず、哲学的ゾンビとは次のような意味であることを明らかにしておく。

・罪悪感の希薄な人や、冷たい人、等の人間の性格を表す言葉ではない。

・精神疾患を意味する精神医学関連の用語ではない。

議論の混乱を防ぐために、次のような2つの区分がある。

行動的ゾンビ(Behavioral Zombie)
外面の行動だけ見ていては、普通の人間と区別できないゾンビ。解剖すれば人間との違いが分かる可能性がある、という含みを持つ。例として、SF映画に出てくる精巧なアンドロイドは、「機械は内面的な経験など持っていない」という前提で考えれば、行動的ゾンビに当たる。

哲学的ゾンビ(Neurological Zombie)
脳の神経細胞の状態まで含む、すべての観測可能な物理的状態に関して、普通の人間と区別する事が出来ないゾンビ。
哲学的ゾンビという言葉は、心の哲学の分野における純粋な理論的なアイデアであって、単なる議論の道具であり、「外面的には普通の人間と全く同じように振る舞うが、その際に内面的な経験(意識やクオリア)を持たない人間」という形で定義された仮想の存在である。哲学的ゾンビが実際にいる、と信じている人は哲学者の中にもほとんどおらず「哲学的ゾンビは存在可能なのか」「なぜ我々は哲学的ゾンビではないのか」などが心の哲学の他の諸問題と絡めて議論される。
仮に“哲学的ゾンビが存在する”として、哲学的ゾンビとどれだけ長年付き添っても、普通の人間と区別することは誰にも出来ない。それは、普通の人間と全く同じように、笑いもするし、怒りもするし、熱心に哲学の議論をしさえする。物理的化学的電気的反応としては、普通の人間とまったく同じであり区別できない。もし区別できたならば、それは哲学的ゾンビではなく行動的ゾンビである。
しかし普通の人間と哲学的ゾンビの唯一の違いは、哲学的ゾンビにはその際に「楽しさ」の意識も、「怒り」の意識も、議論の厄介さに対する「苛々する」という意識も持つことがなく、“意識(クオリア)”というものが全くない、という点である。哲学的ゾンビにとっては、それらは物理的化学的電気的反応の集合体でしかない。

出典:哲学的ゾンビ - Wikipedia

	
つまり哲学的ゾンビというのは、客観的には普通の人間と区別はつかないけれど、意識(クオリア)のない存在ということですね。
ポイントは、はた目からは区別できないけど本人に意識(クオリア)がない、というところです。

ここまでくると、先ほどの「下校時刻の哲学的ゾンビ」の意味がわかってくるのではないでしょうか?

漫画内のコマ割りに注目

この漫画はコマ割りが独特で、右、真ん中、左、と分かれています。
向かって左のコマは、すべて主人公の女の子(大朋)の視点だと考えられます。
真ん中のコマは、客観的な視点(テレビカメラのような視点)です。
向かって右側は、友達(龍野)視点です。

まず、前日に謎のキャラメルを食べた友達(龍野)の視点(向かって右側)は最初から消えています。
これは、意識(クオリア)がないことを意味します。
もちろん、客観的には分かりません。

次に、主人公の女の子(大朋)の視点(向かって左側)はキャラメルを食べた途端に消えてしまいます。
こちらも、客観的にはわかりませんが本人の意識(クオリア)がなくなってしまったのです。

二人ははた目には分かりませんが、意識のない存在になってしまったのです。
そう、それはまさに…「哲学的ゾンビ」になってしまったのです。

※ あくまでも筆者なりの解釈です

最後に…

意味がわかるとゾクッとしませんか?
二人は他人から見れば生きているけど、本人は意識のないゾンビのような存在なんですね。
でも、誰もそれを証明することはできません。
二人は解剖しても普通の人間と変わりませんからね。
考えれば考えるほど恐ろしいキャラメルです。

あなたなら、こんなキャラメル食べてみたいですか?
私なら嫌ですね。
自分の意識は大事にしたいですから。笑

関連ページ

こちらもどうぞ。
↓↓↓↓

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
うぃぐ