• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
窮地のフランス原発産業に採算度外視で出資する日本企業、仏では市民が赤字電力公社に抗議。

窮地のフランス原発産業に採算度外視で出資する日本企業、仏では市民が赤字電力公社に抗議。

Author:
Fossils15Fossils15
Release Date:
窮地のフランス原発産業に採算度外視で出資する日本企業、仏では市民が赤字電力公社に抗議。

行き詰まりは必死の日本の核燃料サイクル政策維持のためにフランスの原子力産業に出資する三菱重工、日本原燃。フランスの電力公社は債務超過で破綻寸前。

   アレバが日本で一躍、名を知られたのは2011年3月の東京電力福島第1原発事故後の放射能汚染水の処理装置をいち早く納入したこと。ただ、同年6月から運転を始めたものの、トラブルが相次ぎ、機器の修理に伴う作業員の被ばく量も増えるなど評価は芳しくなく、別の装置で汚染水処理ができるようになった9月まで約3か月働いただけで、東電も「事故間もない時期に導入でき、それなりに役に立った」というのが精いっぱいだった。

日本原燃とともに数百億円を出資する方向で検討

この処理装置も手掛けたように、アレバは原子炉の製造だけでなく、ウラン採掘から核燃料の再処理や廃炉技術まで幅広く手がける世界的な原子力総合企業。「原子力ルネサンス」がはやされた2000年代の栄華も今は昔。福島第1原発事故で市場環境は一変し、世界各地で受注の延期やキャンセルが相次ぐなど原発需要低迷のあおりで業績が悪化。特にフィンランドで受注した原発建設の難航などで2015年12月期の税引き後利益が20億ユーロ(約2400億円)の赤字を計上している。 そこで再建策が、実質的に約9割出資する仏政府主導で検討された。固まった内容は、大枠として、原子炉製造子会社のアレバNPと、その他の主要事業を移した新会社に分けるというもの。今回、三菱重工が出資するのは、NPでない方の新会社で、その株式の67%以上を仏政府が保有し、残り部分への出資を海外企業に求めている。三菱重工と原燃はこの要望に応え、数百億円を出資する方向で、保有比率は計10%程度の見込み。他に中国企業なども出資を検討しているという。

出典:全文表示 | 仏アレバ支援の「真の狙い」 三菱重工と2018年「核燃サイクル」問題 : J-CASTニュース

	

フランス電力公社の負債740億ユーロに環境団体グリーンピースが抗議、本社ビルを一時占拠のパフォーマンス。

グリーンピースは12月14日未明、パリのフランフ国営電力公社EDFの本社ビルに巨大なバナーを広げ、740億ユーロの負債を持つEDFの財務状況に抗議した。現在フランスの原発は原子炉容器の強度が不足するという製造上の欠陥が見つかり、またその製造記録の捏造が発覚して12基の原発が停止させられ電力不足が生じている。
グリーンピースは、これらの原発の安全強化、大規模な修理費用に対処する財政的手段を債務超過のEDFは持っていないと批判しているのである。また、EDFの2017年の財務状況は、昨年の経営黒字が160億ユーロに対し137〜143億ユーロと15%以上減少すると発表し、2017年の配当が減少する不安を投資家に与えており、株価が下落し市場に歓迎されない事態となっているという。

日本企業が投資する経営難のアレバ社の資本の半分をEDFが引き受け、原子力産業の衰退をかろうじて国が食い止めているのが現状。

オランド大統領は3日、バルス首相をはじめとする関係閣僚を集めて会議を開き、経営難の原子力大手アレバについて協議した。政府は会合後、救済策の一環として、アレバの原子炉事業「アレバNP」の過半数資本をEDF(仏電力)が取得すると予告した。
アレバは昨年に48億ユーロの損失を出し、債務超過の状態に陥っている。EDFは5月22日の時点で、アレバの原子炉事業を20億ユーロ強で買収するとの案を打診しており、政府もこれを大筋で受け入れた。政府発表によると、EDFは、原子炉、燃料集合体、原子炉向けサービスを集めたアレバNPの過半数資本を取得。ただし、アレバとの間で戦略提携を結び、株主協定を設定することが条件で、アレバはアレバNPへの「戦略的出資」を維持する。どの程度の出資率であるのかは明らかにされていないが、25%との数字が情報筋の間では取り沙汰されている。この資本提携については1ヵ月以内に詰めるが、政府は、「アレバNPが担当する進行中の大規模プロジェクトのリスク軽減を可能にする交渉」をEDFとアレバの間で進めるとも指摘し、フィンランド(オルキルオト)と仏フラマンビルで建設中のEPR(第3世代加圧水型炉)の工事の遅れの問題が両社の間で取り扱われることを示唆した。政府はまた、原子炉設計、プロジェクト管理、原子炉の販売に関するEDFとアレバの各事業部門の接近が直ちに開始されるとも予告、フランスにおける原子炉のリプレースを準備し、輸出事業の協力を強化すると説明した。

出典:アレバの原子炉事業、EDFが過半数資本を取得へ | KSM News & Research

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Fossils15