• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
おいしい根菜ごぼう

サムネイル出典:ゴボウ - Wikipedia

おいしい根菜ごぼう

Author:
mamewritermamewriter
Posted date:
Update date:2018年12月12日
おいしい根菜ごぼう

サムネイル出典:ゴボウ - Wikipedia

食物繊維たっぷりで味わいも濃厚な野菜のゴボウ特集です。

ゴボウとは

ゴボウ(牛蒡または牛旁、悪実、英: Burdock、学名: Arctium lappa L. )は、キク科の多年草。ユーラシア大陸原産。大阪弁では「ごんぼ」と呼ぶ。
日本で自生はしていないが、縄文時代の遺跡からは植物遺存体として確認されており、縄文時代か平安時代に日本に伝わったともいわれる。日本人が食すようになったのは江戸時代から明治にかけてであり、根や葉を食用とする。
大別すると長根種と短根種がある。栽培の主流となっているのは長根種の「滝野川ごぼう」とその改良種であり、収穫時には直径3センチ、長さは1メートル前後となる。一般に関東は長根種が多く、関西では短根種が多い。ゴボウは連作を嫌うため、同じ畑では2-3年後でないと作れない。
日本では根を食用としてきんぴらや天ぷらのかき揚げなどに使われるほか煮物に用い、近年では細切りにした根を湯がいてサラダにもする。旬は初冬で、新ゴボウは初夏となる。柳川鍋には欠かせない食材とされる。
根は、日本の他、日本が統治していた朝鮮半島、台湾、中国東北部の一部以外では食材としない。
ゴボウにはポリフェノールであるクロロゲン酸が豊富に含まれている。クロロゲン酸は、ゴボウを水にさらしたときに出てくる茶褐色の成分であり、コーヒーにも含まれ、抗酸化作用がある。ゴボウを長く水にさらすとクロロゲン酸が失われてしまうので、「皮はむかない」「水にさらさず、すぐ調理する」「大きめにゴロンと切る」ことがゴボウ調理の三大新常識となっている。ゴボウは、食物繊維、特に水溶性食物繊維が豊富であり、イヌリンが水溶性食物繊維の主体を成している。また長期冷蔵すると、このイヌリンが分解され糖化することで甘味が出るという。

出典:ゴボウ - Wikipedia

	
	

おいしいごぼう料理

✨今日の夕食✨

チキン南蛮・牛肉と牛蒡の炒め煮・ハムサラダ
あと、昨日の残りの
豚汁💨

色合い悪っ😅💦
	
12.12 蒸し鶏の2種ソース

・蒸し鶏の2種ソース
(梅ソース、酢生姜ダレ)
・ポテトサラダ
・切り干し大根
・玉ねぎフライ
(ごぼう味噌ソース)
・白菜の味噌スープ 
・ごはん





	
今日の晩ご飯🍝

・おろし納豆パスタ
・ごぼうのナンプラー炒め
・青椒肉絲
・ニラ玉スープ

多国籍🤣
朝急いでて米研げなかったのと、
えのきと大根とごぼうとパクチーが
早く使わなきゃな感じになったので、
無理やり献立にin!

最後だからって全部使ったら
パスタの麺が多い😂
	
今日の晩御飯
・天ぷら(ごぼう、人参、なす、ピーマン、えびと玉ねぎのかき揚げ)
・とり天
・きゅうりともやしの和え物
・食後に柿
久しぶりにおうち天ぷら。とり天は「何食べ」レシピをささみで。手間はかかったが今日は全部おいしかった~
	
	
	

参考

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
mamewriter

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 グルメ情報収集が趣味で、グルメ系まとめが多いです。