• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
佐々木蔵之介・横山裕主演『破門』試写会@宮城レポまとめ #破門 #横山裕 #佐々木蔵之介 #関ジャニ

佐々木蔵之介・横山裕主演『破門』試写会@宮城レポまとめ #破門 #横山裕 #佐々木蔵之介 #関ジャニ

Author:
あーもんどあーもんど
Release Date:
佐々木蔵之介・横山裕主演『破門』試写会@宮城レポまとめ #破門 #横山裕 #佐々木蔵之介 #関ジャニ
破門試写会@宮城
蔵之介さんから横山さんのお話
3日に福岡入りした破門御一行は焼き肉を食べたそう。蔵之介さんと横山さんはワイン→ワイン→ビール→ビール→ビール→2軒目に移動して焼酎→焼酎、という感じで飲み明かしたそう
	
破門試写会@宮城
横山くんの印象は?という客からの質問に蔵之介さんと監督さん『映画に出てくる役柄そのまんま。でも舞台挨拶とかはしっかりするんだよね。ねぇ~~』役柄についてもっと詳しく話してたけど、ネタバレになるから書きません!
	
破門試写会@宮城
蔵之介さんが『横山くんと今まで一緒に挨拶回ってきてたから、今日が初めて監督と2人きりなんですよ。みんなも横山くんいなくて寂しいよね。でも、あれ?今日ヒルナンデス無かったよね。(ここで監督はける)ということは……?』→
	
破門試写会@宮城
『監督、呼んで貰っても良いですか?(会場ザワザワ)スペシャルゲスト、関ジャニの横山くんでーす!』横山さんの顔だけポスターから切り抜いたお面を顔に貼り付けた監督が登場!(笑)挨拶開始の2分前に思い付いたそうです(笑)大人二人可愛かった!
	
破門試写会@宮城
昨日から仙台入りしていた破門御一行。今日のお昼は利久で極みの牛タンを食べた。食べてる最中になんか聴いたことがある曲が流れてると思ったら、なぐりガキBEATだった!
	
破門試写会@宮城
蔵之介さんと監督さん『横山くんはアラームが鳴ったら10秒以内に起きないと死ぬ!サウナに入ったら砂時計ひっくり返して下に落ちるまでに耐えられなかったら死ぬ!みたいにずっと死ぬ!と連呼している。でも生きてるってことは実行出来てるんだろうね。』横山さんらしい(笑)
	
破門試写会にいってきた!
普通に面白い映画で、引き込まれた!
そしてなにより、なぐりがきびーとが映画の世界観とぴったりで、フルで聴いたけどほんとすてき!いい映画に巡りあえてよかったねきみちゃん!
	
蔵之介さんと監督が登壇
蔵之介さんほんと素敵な方だった!
監督も気さくで、キャストみんな和気あいあいな空気が伝わってきた!
	
今日ヨコがいないという話から
蔵→やっぱ横山がいないとねー
監→じゃ呼んでくる(一回はける)
とヨコサプライズ登場を匂わすも出てきたのは即席のヨコのお面を被った監督w(3分前に思いついて監督が切り抜いたw)
その後2人謝る
そしてなぜか監督ヨコのお面をお腹に貼ったまま話し続けるw
	
ヨコがいないので、ファンに気を遣ってくださったお二人
蔵→横山のファンの方は?
わたしと友達手を挙げる
蔵→あーごめんなさいね、よろしく伝えておきます

やったよろしく伝えてくれる蔵之介さん!w
	
質問コーナー
エイターの方→横山くんと共演した感想は?
蔵→映画撮ってたときは(ストーリーの中で)たばこすって寝てぐーたらでだらだらしたアイドルやなーと思ったけど、キャンペーン始まって、やっぱりしっかりした子だなと思ったw
	
ヨコの話をたくさんしてくれたお二人
なぐりがきBEATのことも触れてた
映画はほぼ去年の春にできてたけど、音楽はまだできてなかった
監督と話しあって書き下ろしで作った曲なので、ほんと映画の世界観ぴったり!
仙台で牛タン食べてた時にこの曲流れてきておっ!ってなったそう#破門試写会
	
3日ヤフオクドーム終わったあと破門チームで決起集会したそう
監→お金の話ばっかりしたw
	
ヨコの「〇〇しなかったら死ぬ」シリーズの話
蔵→朝五時半に起きれなかったら俺死ぬ!って起きるらしいねwあとサウナで砂時計セットしてこれが落ちるまでに出たら死ぬ!とかw
監→よく死んでますw
蔵→いや、死んでないから何度も乗り越えてきてるってことですよねw
	
いやほんと、お二人サービス精神が旺盛で終始和やかな挨拶だった
ほんとはヨコも連れて来たかったってのが伝わっていい連携がとれてる現場なんだろうなーってのが伝わってきた
ヨコのお面の時は一瞬えーって思ったけどw
	
映画の感想は
わたしはすごい好きなジャンルの映画!
テンポもよくて、なによりみんなネイティブ関西人ばかりなので関西弁も浮いてなくてすぐ話に引き込まれた!アクションはちょいえぐい部分もあるけど、土竜の唄観た時よりは大丈夫だった
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
あーもんど