• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
子供向けの怖い話・怪談

子供向けの怖い話・怪談

Author:
うぃぐうぃぐ
Release Date:
子供向けの怖い話・怪談
子供向けの怖い話を、まとめました。
お子さんに「怖い話してー」とせがまれたときに、ぜひお役立てください。
まず前半は、一見怖い話風だけどよく聞くと全然怖くない話から入ります。
本当に怖い話は、後半にあります。

怖くない話(実は面白い話)

ビルの100階

あるところに5人の大学生がいました。 
彼らは1999年の大晦日にシンガポールに旅行に来てました。 
そして運よく100階建の最上階つまり100階の部屋に泊まれることになりました。 
大晦日の日彼らはシンガポールのそのホテルにチェツクインして、 
荷物をおいて、街にあそびに行こうとし、ロビーを通った時にフロントの人に、 
「今夜、2000年問題が起こるかもしれないので、 
12時ちょうどに、ホテル内すべての電気を消します。 
だからそれまでには帰ってきてくださいね。」 

・・・・ しかし彼らは遊びに夢中になり 
その約束をすっかり忘れて12時をすぎてしまいました。 
フロントも真っ暗でエレベーターも止まっている。 
寒すぎてこのままフロントで寝泊まることもできない。 
仕方なく彼らは100階の部屋まで階段で100階の部屋まで行くことにした。 
20階… 30階… 40階…とだんだんと足が棒になってきて、 
50階でついにばててしまいました。 
「オイ、このまま上がっていくと、本当に足が動かなくなる、 
1階上がる毎に交代で怖い話しをして気を紛らわそう」 
と一人の人が言った。 
そして1階上がるごとに怖い話しをして、なんとか上にあがっていった。 
そしてついに99階にたどりつくことが出来ました。 
すると最後の一人が 
「いいか、俺が今から言う話しは… 本当に怖いからな、 
絶対にビビルなよ」 
と他の4人に強く言った。 
(どんな話しだろう…)と仲間達は息を飲んだ。 
そして、彼はいった。 


「一階に・・・ 鍵を忘れた・・・・・・」

出典:

	
話の前半は、以下のにも怖い雰囲気で話すとオチで大きくズッコケられるので、盛り上がりやすいと思います。

猫の魂

今日は猫のタマがやけに鳴いています。
「にゃー、にゃー」
なんだろう?
あまり鳴くと近所迷惑になってしまう。
「静かにしてね。タマ、シィー。」

猫のタマに、シィー。

猫の魂・・・ 

怪談、お岩

その夜も、お岩は数えていた。
「一段、二段、三段・・・・・」
お岩は階段を上るときはいつも数えているのだ。
あまりの階段の長さに呆れたお岩は、思わずつぶやいた。
「階段、多いわ。」


「階段、多いわ。」

「怪談、お岩・・・」

恐怖のみそ汁

ある男の子が、廊下から台所にいるお母さんに向かって聞きました。
「お母さん!今日の晩御飯は何?」
お母さんからの返事はありません。
おかしいな。
男の子はもう一度聞きました。
「お母さーん今日の晩御飯はなに?」
でも、やはり返事はありません。
男の子は、台所へと入っていきました。
すると、台所ではグツグツと何かが煮込まれています。
そこにお母さんの姿はありません。

ちょうどそこへ、お母さんが戻ってきました。
どうやらトイレに行っていたようです。

男の子は聞きました。
「お母さん、今日のご飯何?」
母親はこう言いました。
「今日、麩(ふ)の味噌汁よ」

「恐怖のみそ汁・・・」

悪の十字架

私が、早朝歩いているときのことでした。
とあるスーパーの前を通りかかると、黒いコートを着て、帽子を目深にかぶり、マスクをしている男が立っているのが目に入りました。
男は何やらぶつぶつとつぶやいています。
私は男が何を言っているのかが気になり、少し近づいてみました。
すると、「呪い・・・」という言葉が聞こえました。
私は背筋が寒くなりましたが、もう少し男に近づいてみました。
今度は、「悪の・・・」という言葉が聞こえてきました。
私は怖くて逃げだしたくなりましたが、それでも男に近づいてみました。
男は「十字架・・・」とも言っています。
もう怖くて怖くて仕方がありません。
でも、よくよく考えてみると、男が言っている意味がわかったのです。

私は大きな勘違いをしていました。
男が言っていたのは、次のようなことでした。

「(スーパーが)開くの十時か。のろい(遅い)・・・」

溶けた体・・・

その日はとても暑い日でした。
子どもはお母さんに聞きました。
「お母さん、アイスってあったっけ?」
「うん、冷凍庫に入ってるはずよ。」
子どもは冷凍庫を開けました。
しかし、冷凍庫は壊れていたようで、中に入っていたものはすべて温まっていました。
子どもは泣きそうになり言いました。
「お母さん、アイスないよ。」
「アイスないわけないでしょ?昨日買ったもの。」
「アイスはないんだ。溶けたからだ。」


「溶けたからだ。」

溶けた体・・・

カエルの音量

お父さんの運転する車に乗っている男の子がいました。
車は田舎道を走っていました。
カーステレオからは、流行りの音楽が流れています。
走っているのは田舎道ですので、外からはカエルの声も聞こえてきます。
カエルの声はどんどん大きくなっていきます。
だんだんと音楽が聞こえなくなってきました。
それくらいカエルの鳴く声が大きいのです。
お父さんは、カーステレオの音量に手を伸ばします。
男の子はお父さんに聞きます。
「変えるの?音量。」


「変えるの?音量。」

「カエルの怨霊・・・」

悪魔のヌイグルミ

ある女の子が、おもちゃ屋さんに入るなり叫びました。

「あ、クマのぬいぐるみだ!」

あ、クマのぬいぐるみ・・・

悪魔のぬいぐるみ・・・
ここからは、本当に怖い話をご紹介します。
もちろん、子供向けですので性的な描写や、残酷な描写などはありませんのでご安心ください。

驚かす系の怖い話

恋人のナビ

ある男性が恋人とドライブに出かけた帰りに、事故が頻発しているという山道を通った。 
道はカーブが多く、あたりは真っ暗。 
恋人は助手席でスヤスヤと眠っており、男性が車を運転していた。 
すると、恋人が寝言で「次は右・・・」と言う。 
確かに次のカーブは右に曲がっていた。 
「次は左・・・」その次のカーブも彼女の寝言どおり。 
男性は不審に思ったが、前に通ったことがあるのかな?とあまり深く考えずに運転を続けた。 
「右・・・」 
「右・・・」 
「左・・・」 
恋人の寝言は正確だった。 
男性はだんだんボンヤリとしてきて、彼女の言うとおりに ハンドルを切るようになってきた。 
「次は左・・・」 
左か、と男性がハンドルを左に切った途端、ヘッドライトにガードレールが照らし出された。
その下は崖だ。 
危ない!! 
男性は驚いて急ブレーキを踏み、間一髪崖の手前で車は停止した。 
すると、助手席の恋人が突然、男の声で叫んだ。 

「ちくしょおお!!」

出典:

	
最後、大声で驚かせばかなり盛り上がると思いますが、怖がらせ過ぎてトラウマ化させないよう、ご注意ください。

コインロッカー

ある未婚の女性が子供を産んだ。 
子供を一人で育てる自信がなかった彼女は子供を駅のコインロッカーの中に入れると、そのカギを駅の排気孔の中に投げ捨てた。 それから5年の歳月が流れた・・・ 

彼女が子供を捨てた駅のコインロッカーの前を通りかかった時のことだ。 
幼稚園児ぐらいの男の子が一人、コインロッカーの前で声を張り上げて泣いている。 
可哀想に思った彼女はその子供に話しかけた。 
「どうしたの、ぼく?迷子になったの?わけを話して」 
しかし、子供はますます大声で泣きわめくばかり。 
困った彼女は質問を変えた。 
「じゃあ、お母さんは?」 
すると子供は突然泣きやみ、黒目だけの目で彼女を睨みつけてこう言った。 

「おまえだ!!」 

出典:

	
こちらも、大声で驚かせる系で、ストーリー自体も定番中の定番です。

ドライブ

ある有名な心霊スポットへ、友達と二人、深夜に車で行ってみたんですって。 
トンネルを抜けると、そこが有名な心霊スポット。 
と、そこに目の前にふっと女の人の白い影が。 
あ!と思って、慌ててブレーキを踏んで、降りてみたところ、 
そこに人影はなく、目の前は崖。 
なんでもガードレールが壊れていて、ブレーキを踏んでなかったら 
落ちてしまっていたかもしれないということです。 

「あの幽霊は助けてくれたんだ」 

そう思って、そこで手を合わせ、お祈りして帰路についたそうです。 

トンネルを引き返す途中、ふとミラーを見ると、後部座席に、先ほど、 
目の前を横切った女の人の姿が‥‥。 
その女の人は、こう呟いて、すぅーっと消えたそうです。 

「死ねばよかったのに」

出典:

	
これは、大きな声でオチを言うよりも、ボソっとつぶやくように言った方が怖いかもです。

じわじわ来る怖い話

トンネル

その晩は雨が強く降っていた。 
現場に着き、トンネルの手前で車を脇に寄せ、一時停車。 
その手の感覚は鈍いほうだが、不気味な雰囲気は感じた。 
「恐い場所だ」という先行イメージのせいもあるだろうが。 

しばらく休憩の後、ゆっくりと車を進めトンネルに進入開始。こういう体験は 
始めてなので、ワクワクするような妙な高揚感を感じる。友人達も 
いい年して遊園地の乗り物を前にした子供のような表情で目を輝かせていた。 

それほど寂れた場所ではないとは思うのだが、後続の車は来なかった。 
なので、スピードをかなり落として進んだ。何かが起こる事を期待しながら。 

かし、特に何もおこらずトンネルの終端まで着いてしまった。 
トンネルの壁などを観察していた友人たちも、別に妙なモノを見たわけではなさそうだ。
もう1度いってみよう、と提案が出て、皆賛成した。車をトンネルの端でUターンさせた。 

今度も、何も起こらなかった。不満なので(と言うか、暇なので) 
何度が往復してみよう、という事になった。 
雨が強くなってきたのか、雨粒が車を叩く音がうるさくなってきた。 
3,4往復ほどしただろうか、友人の1人が、「おい、もう帰ろう」と言い出した。

何も変わった事も起こらず、飽きてきたのだろう、と思った。 
だが、何か声の調子がおかしかった。トンネルの出口が見えるあたりで 
一旦車を止め、後ろを振り向いた。 
帰ろう、と言い出した友人は肩を縮め、寒さに震えるような格好をしている。 
もう1人は、その様子を見てキョトンとしている。 
「え、どうした?何か見えたのか?」と聞いたが、 
「いいから、とにかくここを出よう」と言う。”何か”を見たのか?期待と不安で 
動悸が激しくなってきた。雨は一層酷くなり、ボンネットを叩く音が耳ざわりに感じる。 

とにかく、一旦ここを出て、どこか落ち着ける場所を探す事にした。 

国道沿いのファミレスに寄り、ようやく一息ついた。 
夏も近い季節だというのに凍えるように震えていた友人も、ようやく 
落ち着いてきたようだ。 
「なぁ、もう大丈夫だろ?何を見たんだよ」 
「聞こえなかったのか?あれが」友人は怪訝そうな顔で僕達を見た。 

妙な怪音の類か?それとも声?しかし、僕には心当たりはなかった。 
もう1人の友人も、何が何やら、といった表情をしている。 
「別になにも・・・まぁ、運転してたし、雨もうるさかったしなぁ。」 

「聞こえてたじゃんか!」いきなり声を張り上げられて、驚いた。 
深夜なのでファミレスにはほとんど人はいなかったが、バイトの店員が 
目を丸くしてこちらを振り向いた。 
しかし、彼がなにを言っているのか理解できない。 
「何が聞こえてたって?はっきり言ってよ」 
気恥ずかしさと苛立ちもあって、少し強い口調で言ってしまった。 

しばらく重い沈黙が続いたあと、彼が口を開いた。 

「雨だよ、雨の音。」 
「俺達はずっとトンネルの中に居ただろ!なんで雨が車に当たるんだよ!」

出典:

	
子供向けにしては恐怖度は高めなので、怖がりの子には向いていないと思います。
「もっと怖いの教えて!」とせがんでくるような子向けだと思われます。

いなくなったお母さん

あるところに、お父さん、お母さん、男の子、女の子の4人家族がいました。 
最近、お父さんとお母さんの中は冷え切り、ケンカばかり。 
そんな家族ですが、旅行に行きました。 
しかし、子供達が寝てから、夫婦はまたケンカになりました。 
カッとなったお父さんはお母さんを殺してしまいました。 

次の朝、お父さんは子供達に何も言わずに3人で出発しました。 
色々と見て回り、疲れたので休憩することにしました。 
すると、お兄ちゃんが、 

「お父さん、なんで朝からお母さんのことおんぶしてるの?」

出典:

	
こちらも、子供向けにしてはかなり怖いです。
恐がりな子には向いていません。
また。短めの話なので、短時間で話して聞かせることができます。

赤いクレヨン

不動産屋で働く友人から聞いた話。 

その友人が担当するマンションの空室に 
一部屋だけ他と雰囲気の違う部屋があった。 
その部屋に入ると、いつもなにか違和感を感じていたのだが、 
ある日その部屋の廊下が、他の部屋より1m位短いことに気づいた。 
他の部屋よりも短い廊下が、いつもこの部屋で感じる違和感の原因なのかと 
友人は思ったそうだ。 
しかし、なぜ短いのだろうかと思い、廊下の突き当たりの壁を叩いてみると 
どうやら本来の壁と、今叩いている壁との間に空間があるようだった。 
イヤな予感がした友人は支店長の許可をもらい管理人と一緒にその壁を壊してみた。 

友人:「白骨死体でも出てきた方がスッキリしたんだけどさ。」 


でも実際は、その空間の壁一面にびっしりと赤いクレヨンで 
"お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、お母さん、お母さん・・・・” 
と書かれていた…そうだ。 

出典:

	

サリーちゃんの館

「サリーちゃんの館」。 
そこは、幽霊の声が聞こえるお屋敷。 
テープレコーダーを持参して録音スタート。 
「お邪魔します」 
「きれいな家ですね」 
「トイレ借ります」 
「お邪魔しました」 
テープを再生すると.. 
「お邪魔します」「どうぞ」 
「きれいな家ですね」「そうですか」 
「トイレ借ります」「どうぞ」 
「お邪魔しました」「ちょっと待て!」 
びびりまっくて、家に帰ると母親が「変な電話あったわよ。必ず連れ戻すって」 

出典:

	

夜警

あるフリーライターが、「幽霊が出る」という噂のある廃工場で泊まり込みの取材をしたときのこと。 
現場に着くと夜になっていて、「いかにも」という雰囲気の工場なのだが、門には初老の夜警さんがいた。廃工場なのに夜警がいる・・・これは本当に何かあるな、と思ったそうです。 
「ここで泊まり込みの取材をしたいのですが」 
「泊まりで取材?何いってるんだ、君。この中では人が死んでるんだぞ。そんな馬鹿な 
ことはやめなさい」 
「いえ、私も仕事でどうしても取材したいのですが・・・」 
「仕事というが、中に入れないのが私の仕事なんだ。あきらめて帰りなさい」 
「いえ、どうか・・・」 
「どういわれてもダメです。中に入ればたたりにあうぞっ!」 
祟り、と聞いたときフリーライターは背筋がぞ~っとした。しかし彼もプロ。
帰るふりをして夜警さんの死角になるところから塀をよじ登って中に入った。 
工場内の倉庫のようなところに入り込んだ。

その倉庫内は不思議な雰囲気に満ちていた。まず、工場内の倉庫なのになぜか壁に絵が飾ってある。どうも人物画らしいが暗くてよくわからない。 
夜が明けたら確認しよう、ということにしてしばらくすわっていると、足音がする。さっきの夜警さんの巡回だな、と思った彼は倉庫内に置かれていたデスクの陰に隠れた。夜警さんは怪しいと思ったのか、倉庫の回りを何周もしていたがやがて別の場所に移ったようだった。 

ほっとしてデスクの陰から出てくると一瞬頭上にひらひら動くものが見える。
「っっっっっっ!!!!!」、遂に出たかと思ったが、それは倉庫の梁からさがるロープだった。 
すっかり気が抜けてしまった彼はそのまま座り込み、持ち込んだ酒を飲みつつ「取材」を続けたが結局朝まで何も出なかった。 
すっかり明るくなったので例の絵を確認にいったが、下の方にプレートがかかっていた。「株式会社XXXXX 第4代社長 XXXXXXX」。これも関係がないらしい。結構怖かったのに何の収穫も無しで、引き上げようとしたが、夜警さんが昨夜「中で人が死んだ」と言っていたのを思い出して、せめて 
警備員さんにその辺の事情でも聞いておこうと、入ったときと同じコースでいったん外に出てから門の警備員さんのいるところまでいった。 

「すいません、雑誌XXXのものですが、中で人が死んで幽霊がでるという話を聞いたものですから、取材させてください」 
「ああ、そんな取材ですか・・・。いいでしょう。あれは私の同僚でした。家族を愛し、責任感の強いやつでねえ。ある日、初孫が生まれたって日に、30分だけ持ち場を離れて病院まで行って生まれたばかりの孫の顔を見てきちまったんだ。で、運の悪いことにその30分に工場が窃盗にあってねえ。高価なレアメタルとか何とかってやつ、ごっそり持って行ちまったのさ。会社は結局工場に勤めてる労働者の首切りをして生き残りを計ったのだが、解雇されたやつが一家心中してねえ。その私の同僚ってやつがすごく気に病んで、 とうとう首をつって死んじまったのさ。ここからは見えないんだけど向こう側にある倉庫の梁にロープをかけて・・・。ところであんた、この話はどこで聞いたの」 

「・・・夜警の方に」 

「えっ?ここには夜警なんていないけど・・・?」

出典:

	

良い波

高校生の時の夏休み、友達が免許を取ったというので遊びにいこうと電話があった。
時間は午前三時。 
むし暑い事もあって、サーフィンをやりに神奈川の海岸へ。 
海についた時刻が、午前四時。けっこう人もいる。友達は仮眠中。 
「俺も仮眠しようかな?」って思った時、車のドアを叩く音がする。 
開けてみたら、小学5~6年の男の子が立っていた。 
「今、スゴイいい波だよ。おにいさんもきたら?」と少年がいうので、 
俺もサーフィンしにいこうかな?と思ったが、 
「ありがとう。もう少したってからいくよ。」と応えドアをしめたのだが、外から、少年の声がする。
「本当に波いいよ。」「今がぜったいいいよ。」 
あまりにもしつこいので、怒った口調で「わかったよ!」というと同時に少年のつぶやく声がした。 
「ほんとに、いい波だよ。俺、この波で死んだんだ。」 
はッとして、ドアをあけたがそこには誰もいなかった・・・ 
高校の時の思い出である。

出典:

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
うぃぐ

釣りと食べ歩きが趣味の会社員(♂)です。前職はライターをしてました。