• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
あなたは大丈夫?鼻につく強烈な靴の臭いを劇的に抑える11の方法【即効性アリ】

あなたは大丈夫?鼻につく強烈な靴の臭いを劇的に抑える11の方法【即効性アリ】

Author:
kjhnyh2kjhnyh2
Release Date:
あなたは大丈夫?鼻につく強烈な靴の臭いを劇的に抑える11の方法【即効性アリ】
強烈な靴の臭いは、自分でも不快に感じるように大変な臭いで、周囲の人たちにはさらに不快な思いをさせてしまうことになります。臭いが気になる人にとって、靴を脱がなくてはならな場面は大ピンチです。そこでここでは靴の臭いを取る方法をまとめてみました。すぐに出来る方法なども沢山ありますのでぜひ参考にしてみて下さい。

とにかく清潔にする

靴が臭う一番の原因は、足です。足が臭ってしまうことでその臭いが移り、靴まで臭うようになってしまうことです。特に男性だと足の臭いに悩む人も多いかもしれませんが、その臭いの原因となるのは、不潔にしていることで雑菌が繁殖してしまうことです。

まずはとにかく足を清潔に保つことが大切です。いくら靴を気にして足そのものが臭う場合、靴のケアをいくらしても根本的な解決には繋がりません。足を小まめに洗う、蒸れないように通気性の良い靴下や靴を選ぶ、など臭いの原因へのケアが必要となります。

天日干しにする

臭いの原因となる雑菌を抑えるためには、天日干しをすることが効果的です。晴れた日に天日干しすることにより、雑菌を死滅させる効果を期待できます。乾燥させることで通気性もよくなり、湿り気などを抑えることにも繋がります。臭いが気になる靴は、このように日に当てて干したりを忘れがちな傾向にあります。

特に運動して汗をかいたあとの靴や、天候が悪く濡れてしまったあとの湿った状態の靴はどうしても雑菌が繁殖しやすくなります。定期的に天日干しをしてあげることで雑菌の繁殖を防ぎ、臭いを抑える効果を期待できます。

重曹を使う

キッチンなど水回りの掃除などでも便利な重曹は、消臭効果や吸湿作用もあります。靴の臭いを取る上でも便利なアイテムです。

使い方も非常に簡単で、基本的には靴の中に入れておくだけでOKです。とは言ってもそのまま靴に入れてしまうと粉だらけになってしまい大変なことになるので、こぼれないように一旦袋などに入れてから靴へ入れることが大切なのですが、この場合も通気性が良い袋でなければいけません。ビニールなどではなく例えば靴下やストッキングなどを活用すると便利です。ホームセンターや100円均一などでも安く手軽に手に入る点でも気軽に試せる方法だと言えます。

ミョウバンを活用する

ミョウバンには細菌の繁殖を抑える効果があると言われており、古代ローマ時代には消臭剤としても使われていたことがありました。ミョウバンはドラッグストアやスーパーなどで安く手に入れることが出来るのでお金をかけずにできる方法でもあります。

ミョウバンに150CC程度の水を合わせてミョウバン水を作ります。このミョウバン水を靴などに吹きかけるようにして使います。臭い消しとしてだけではなく殺菌効果があることから体の消臭にも使われることも多く、気になる部分にさっとふきつけたり塗ったりしても効果的です。靴の臭いの原因となる足の臭い対策としても活用することが出来ます。

10円玉を使う

一度靴が臭うようになってしまってからだと取ろうと思っても中々取れなくなるのですが、そんな時に効果的なのが10円玉を使う方法です。簡単ですぐに出来る方法ですが、実に効果的な方法です。

やり方は簡単です。靴の中に10円玉を3枚ほど入れておくだけ、特に臭いが強い場合には多めにいれておくのも効果的です。10円玉は銅から作られていますがこの銅には殺菌効果があると言われ、臭いの原因となる細菌を死滅させる効果があります。寝る前や、履かずに下駄箱にしまっておく際にはぜひ10円玉を入れておくようにしましょう。

新聞紙を使う

消臭剤などが手元にない場合には、新聞紙を使うことをおすすめします。臭いが気になる靴のつま先の方まで新聞紙を丸めてしっかりと詰めていきます。たったこれだけのことですが気になる臭いを抑えてくれます。

新聞紙をつめることで靴の中の湿気を吸収してくれます。湿気は臭いの原因にもなりますので、臭いの予防にも繋がります。また新聞誌に使われているインクには消臭効果があります。このような点から、臭いの防止や抑制に繋がります。

水洗いする

例えば毎日履いているような靴だと中々洗えない、という問題があるかもしれません。天日干しをするだけでも雑菌を殺す効果は期待できますが、やはり一度洗剤などを使ってしっかりと洗うことがおすすめで、天日干しでは取れなかった臭いやよごれも取ることが出来ます。

臭いを取るためには、こうしたケアを定期的に行うことが大切です。一足の靴を続けて長く履かないようにして、天日干しや水洗いなども小まめにケアすることが臭いを取る、予防するための秘訣です。

冷蔵庫で冷やす

取り扱いには十分注意が必要となる方法ですが、靴を冷蔵庫に入れて冷やすことも臭いを取るため効果的です。臭いの原因となるバクテリアは、低温下では生きられません。冷蔵庫に入れて冷やすことで臭いの原因となる細菌を死滅させることができます。

ただしそのまま靴を冷蔵庫に入れるのは危険です。汚いままの物を入れてしまうことで、食べ物などに靴の雑菌が移る可能性があるからですね。冷蔵庫に入れる前に天日干しなどをして十分最近を死滅させた後の仕上げとして、この冷やすという方法を取り入れるのがおすすめです。冷蔵庫に入れる際にはジップロックなどを使って密閉などすれば衛生面でも安全です。

消臭グッズを使う

夏はどうしても最近が繁殖しやすく臭いも強く出てしまいがちですが、消臭グッズなどを使って小まめにケアすることも大切です。例え完全に臭いを取ることは出来なくても、最小限に抑えるなど、周囲への不快感を減らす努力をすることも最低限のエチケットと言えるはずです。

市販の消臭グッズには様々なタイプの物が販売されています。中敷きのようなものもあれば、スプレータイプの物もあります。特にスプレータイプものであれば、小さめの携帯用を持ち歩くことでいつでもさっと消臭することが出来ます。根本的な解決策とはなりませんが、その場ですぐに臭いを抑えることが出来る点では効果的で、エチケットの為にも必ず携帯するようにしておきたいものです。

チューブわさびを使う

わさびには高い消臭効果があり、これを靴の臭い取りにも活用する方法です。サランラップなどを使い、その上にわさびを置くようにします。チューブわさびなどであれば手軽に使えるので便利です。

靴の中にサランラップなどを敷いてわさびを置くだけです。わさびの消臭効果で靴の臭いを抑えることが出来ます。わさびを置いたら、さらにその上からサランラップなどで蓋をしてあげるとより消臭効果を高めることが出来ます。

消臭パウダーを使う

靴の臭いを取る効果的な方法に、消臭パウダーを使うことがあります。使い方も非常に簡単、パウダーを靴底に撒いておくだけです。洗剤などで洗っても取れない強烈な臭いに対しては、消臭効果の高いものを使うことがおすすめです。

最近では消臭パウダーも沢山の種類があり、除菌効果や抗菌効果の高い物も多くあります。一般的な消臭剤に比べて金額は高いかもしれませんが、効果のない物を沢山使うことを考えると逆に経済的だと言えるかもしれません。今お使いのケアグッズではあまり効果がない、そうお悩みの方におすすめです。

まとめ

以上、靴の臭いを取る方法をご紹介しました。やはりポイントは細菌の繁殖を抑えることで、さらに日々のケアも大切だということです。どれも簡単な方法ばかりです。靴の臭いが気になる方はぜひ参考にしてみて下さい。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
kjhnyh2