• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
黒ずんでしまった乳首でもまだ対策できる! ⿊ずみをとる⽅法まとめ

サムネイル出典:

黒ずんでしまった乳首でもまだ対策できる! ⿊ずみをとる⽅法まとめ

Author:
dgd2f2dgd2f2
Posted date:
黒ずんでしまった乳首でもまだ対策できる! ⿊ずみをとる⽅法まとめ
乳首の黒ずみでお悩みではないですか?
実は乳首の黒ずみは治せるんです!
毎日の生活習慣の改善で治していったり、即効性があるものもあります。
それでは早速、乳首の黒ずみをとる方法まとめをご紹介していきます。

ビタミンCやビタミンEを摂取する

ビタミンCやビタミンEはメラニン色素の抑制に非常に効果的です。
焼き海苔、パプリカ、柿、キウイ、ほうれん草、ブロッコリー、さつまいも、いちご、アセロラジューズなどは積極的に食事に取り入れて行きましょう。
しかし、肌の黒ずみに良いとされているビタミンCやビタミンEの摂取量は非常に高いので、サプリメントなどで補っていくと効果的です。

ホルモンバランスを整える

妊娠中に乳首が黒ずむ理由はホルモンバランスが乱れることが1番の原因です。
質の良い睡眠、規則正しい生活、バランスのとれた食事をしてホルモンバランスを整えましょう。
食品では大豆製品がホルモンバランスを整えてくれる作用があります。
納豆、豆乳など積極的に摂取するようにしましょう。

角質ケア

肘やかかとの角質ケアはしても、脇まではしないという女性もたくさんいますが、この角質ケアがお肌のターンオーバーを正常にする大事な役割を持っているんです。
市販のお手軽にできるピーリングの角質ケアや、皮膚科でやってもらう角質をビリッと剥がす角質ケアなど様々な種類がありますので定期的に行うようにしましょう。

下着を見直す

乳首が黒ずむ原因は下着や洋服の摩擦にもあります。
機能よりも装飾重視で選ぶとデコレートされているものが多く、その分縫い目も当たりやすくなっています。
乳首を黒ずませないためにはツルッとした生地がオススメです。

保湿ケア

乳首が黒ずむ原因の1つとして、洋服や下着との摩擦があると上で紹介しましたが、この摩擦は乾燥していると特に起こってしまうので顔や体同様乳首にも保湿ケアをしましょう。

「トレチノイン」と「ハイドロキノン」

皮膚科を受診すると「トレチノイン」と「ハイドロキノン」という薬を処方してくれる場合が多いです。トレンチノインとハイドロキノンはそれぞれ「美白」と「古い角質除去」の効果があります。
病院に行くのが難しい方はやお医者さんにバストを見せるのに抵抗がある方はネットでも購入可能です。
しかし、お肌へのトラブルにもなりかねませんので初めての方はなるべくなら受診するのをオススメいたします。

レーザー治療

より確実に乳首の黒ずみ除去がしたい方には美容外科などのクリニックでレーザー脱毛がオススメです。
しかし、レーザーによる治療は劇的な効果がある反面、色素脱失のリスクも伴います。
保険が適用されず高額な場合もほとんどなので、医師と良く相談して信頼できるクリニックを選ぶようにしましょう。

ホームケア商品

レーザー治療のようにリスクがなく、生活習慣改善よりも即効性があるので、ホームケア商品が乳首の黒ずみには1番のオススメ。

デリケートゾーンに直接触れるものだからトラブルがなるべく起こらないように、「植物成分配合」な商品を選ぶと良いですね。
他には「高保湿」「美白成分配合」のもので選びましょう。

市販のものは万が一効果が無かったり肌トラブルがおこってしまっても返金不可ですが、ネットの商品では全額保証制度がついているものもあります。
敏感肌で肌トラブルが心配な方はそういったものを試してみてくださいね。

乳首の黒ずみは元に戻せる!

男女ともに乳首の黒ずみはショックを受けてしまいますよね。
しかも、1度直っても原因を追求しないと何度でも黒ずんでしまのです。
毎日の生活習慣を&ケアで綺麗な乳首を保ちましょう。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
dgd2f2