• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
家庭で楽しめるおいしい中華料理の餃子

家庭で楽しめるおいしい中華料理の餃子

Author:
moepapamoepapa
Release Date:
家庭で楽しめるおいしい中華料理の餃子
中華料理の粉ものの主食として食べられていた水餃子から発展して、日本でも人気の餃子の解説まとめです。

餃子(ぎょうざ)とは

餃子(ギョウザ、ギョーザ、拼音: jiǎozi)とは、小麦粉を原料とした皮で、肉、エビ、野菜などで作った具を包み、茹でたり、焼くなどした食べ物である。調理の方法によって、水(茹で)餃子、焼き餃子、蒸し餃子、揚げ餃子などと呼ばれる。

中国では水餃子(茹でて湯切りをしたもの)が主流であり、焼き餃子は水餃子に比べるとその数がずっと少ない。また中国では餃子は主食として食べられることが一般的であり、日本のように(白飯の)「おかず」としては食べない。

中国においては、北京語の発音で「ジャオズ、チャオズ(ピン音:jiǎozi)」といい、特に中国東北部(満洲)において水餃子(茹で餃子、満州語:hoho efen)がよく食べられる。満洲民族による清朝成立後に広く華北一帯に普及し、中華料理の代表的な料理のひとつになった。それとは別に華南で発達した点心として食べられる蒸し餃子がある。

日本の餃子は、日本で独自に進化("日本化")した餃子であり、焼き餃子が主流であり(中国では水餃子が主流)、用いる具材、調理法も中国で主流のものと異なる。
薄目の皮を使い、豚ひき肉、キャベツ、ニンニク、ニラを入れるのがポピュラーである。
	

焼き餃子

中国の餃子ではキャベツではなく白菜を使い、ニンニクを入れることはない。
日本に餃子が伝わった当時は物資不足のため豚肉ではなく羊肉を使用していたことから、当時は臭みの強かった羊肉の臭い消しとしてニンニクが用いられたとされる。
	
	

水餃子

	
	

蒸し餃子

	
	

変わり餃子

薔薇餃子

近年ネットを中心にかわいいと話題になり、評判の薔薇の花の形の餃子です。
	

手羽餃子

骨を抜いた手羽先を皮のようにして餃子とする肉感たっぷりの餃子です。
	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
moepapa

都内中心に活動しているフリーのシステムエンジニア。企業向けの業務支援システムの制作をメインにしつつ、SEO対策の研究、調査・支援ツールの開発などにも余念がない。 運動も大好きで、変わったスポーツ、運動場には足しげく通っている。