• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
2017年もついに花粉シーズン到来!平成29年スギ・ヒノキ花粉の量と飛散ピーク時期は?辛い花粉症シーズンを早めの対策で乗り切ろう

サムネイル出典:

2017年もついに花粉シーズン到来!平成29年スギ・ヒノキ花粉の量と飛散ピーク時期は?辛い花粉症シーズンを早めの対策で乗り切ろう

Author:
iwakeniwaken
Posted date:
2017年もついに花粉シーズン到来!平成29年スギ・ヒノキ花粉の量と飛散ピーク時期は?辛い花粉症シーズンを早めの対策で乗り切ろう
ついにシーズンイン。すでに花粉症の症状が出ている人続出。場合によってはその花粉症はスギ以外が原因の可能性も…。飛散情報をチェック&早めに対策して、辛い花粉症シーズンを乗り切りましょう。

インフルエンザが大流行中の昨今

1月22日までの1週間の患者数は161万人と前の週に比べ急増し、今シーズン初めて100万人を突破。

出典:インフルエンザ急増、この3週間で本格化 | ウェザーニュース

	

ついにシーズンイン

1月30日(月)には関東や九州の一部でシーズンインを迎え、そろそろ気になる花粉。
2月中旬には東海や西日本の広範囲で飛散が開始。その後も飛散エリアは拡大し、3月にピークを迎える予想です。
早めの対策や、まだ花粉症じゃない方は今のうちからの予防がオススメです。

出典:【2月の天気傾向】続く雪の影響、始まる花粉の影響! | ウェザーニュース

	

東京都では昨年より11日早いシーズン入り

早くなった原因は「ここ最近の暖かさ」

スギの雄花は、暖かくなると花を開いて花粉を飛ばし始める。

出典:1都5県で花粉シーズン入り、2017年予想飛散量は1.2倍 | リセマム

	
今シーズンは、1月下旬に気温が上がったほか、27日と30日に風が強まったため、スギの雄花が一気に開いたとみられる。

出典:1都5県で花粉シーズン入り、2017年予想飛散量は1.2倍 | リセマム

	

既に花粉をキャッチしている人多数!

もう花粉症かな?!
鼻水くしゃみやばし!
	
ようやく春? 春になると鼻がムズムズするけど、花粉症ではないと信じたい。 今年も色んな所にお出掛けしたいなー。
	

今後の見通し

今後も徐々に飛散が増えていき、中国、四国、近畿南部、東海地方の一部でも2月上旬のうちに花粉シーズンに突入。

出典: 悲報、関東・九州で花粉シーズン突入 「花粉に敏感な人に症状が出始めるレベル」に - ねとらぼ

	
北陸や東北南部は、寒気が南下しにくくなって暖かい日が増える2月下旬頃から突入する予想。

出典: 悲報、関東・九州で花粉シーズン突入 「花粉に敏感な人に症状が出始めるレベル」に - ねとらぼ

	
九州など早い所では2月下旬、西~東日本の広範囲では3月上旬~中旬、東北では3月半ば~4月半ばにスギ花粉がピークに。

出典:2017年西日本で飛散数が前年の2倍!花粉症シーズン間近!快適に過ごすヒント:時事ドットコム

	
その後はヒノキ花粉が増加し、九州、四国、東海、関東では3月下旬~4月上旬、中国、近畿で4月上旬~中旬にピークとなる見通し。

出典:2017年西日本で飛散数が前年の2倍!花粉症シーズン間近!快適に過ごすヒント:時事ドットコム

	

今シーズンの飛散量は?

スギ・ヒノキ花粉の飛散量は、広範囲で平年よりやや多く全国平均は1.2倍で、飛散量が少なかった昨年と比べると4.4倍。

出典:「暖かいのはいいけれど…」関東・九州で花粉シーズン突入 東京では昨年より11日早い | ハザードラボ

	

ピークはいつ?

スギ花粉のピークは、福岡は2月下旬から3月上旬、高松・広島・大阪・名古屋・東京は3月上旬から中旬でしょう。金沢と仙台は3月中旬から下旬にピークを迎える見込みです。スギ花粉のピークが終わった後は、各地でヒノキ花粉がピークを迎えるでしょう。金沢と仙台は4月にヒノキ花粉が飛散しますが、飛散数が比較的少なく、前シーズンに続き今シーズンもはっきりとしたピークはない見込みです。

出典:2017年春の花粉飛散予測(第3報) - 日本気象協会 tenki.jp

	

花粉症の方などは徹底した対策を!

「マスクを着ける場合は、目と鼻の間にすきまを作らないようマスクを肌に密着させる、1日使ったものは必ず捨てること」

出典:花粉症対策の空気清浄機 寝室設置は無意味、むしろ加湿器を - エキサイトニュース(1/2)

	
「また、外で服についた花粉を払い落とすなど、家の中に花粉を持ち込まないための工夫も必要」

出典:花粉症対策の空気清浄機 寝室設置は無意味、むしろ加湿器を - エキサイトニュース(1/2)

	

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
iwaken