• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
[祝デビュー25周年]パクってても、ええねん! ウルフルズの厳選パクリ4曲+1

サムネイル出典:

[祝デビュー25周年]パクってても、ええねん! ウルフルズの厳選パクリ4曲+1

Author:
threed365threed365
Posted date:
Update date:2017年04月08日
[祝デビュー25周年]パクってても、ええねん! ウルフルズの厳選パクリ4曲+1
4年半の活動休止を乗り越え、今年2017年5月13日にデビュー25周年を迎えるウルフルズ。ブレイクのきっかけとなった「ガッツだぜ!!」はあるディスコソングのパクリとして有名だ。他にもあれこれパクっているウルフルズ。彼らがパクった元ネタとともに厳選したパクリ4曲を紹介する。

「ガッツだぜ!!/ウルフルズ」

1995年12月6日に東芝EMI(現・ユニバーサル ミュージック合同会社)から発売された日本のロックバンド・ウルフルズの9作目のシングル。初登場順位は低かったものの、その後順位をあげ6位までに上昇し、バンドはこの曲のヒットでブレイクを果たした。

出典:ガッツだぜ!! - Wikipedia

	
	

元ネタ「That"s The Way (I Like It) /KC & The Sunshine Band」

	

KC & The Sunshine Band

1973年に米国フロリダ州で、セッション・ミュージシャンとレコード技術師が中心になり結成された5人編成のデイスコ/R&Bバンド。74年レコード・デビュー。最初に英国で人気に火がつき、75年から米国にも波及。ディスコ・サウンド・ブームに合致、75~79年にかけ、明るくポップに弾けた軽いノリのダンス・サウンドで全盛を誇った。代表曲に「ゲット・ダウン・トゥナイト」「ザッツ・ザ・ウェイ」「ブギー・マン」がある。
(2012/07/30更新) (音楽出版社)

出典: KC & The Sunshine Band - TOWER RECORDS ONLINE

	

That"s The Way (I Like It)

Released	June 10, 1975
Format	Vinyl (7")
Genre	Disco  funk
Length	5:07
Label	TK
Writer(s)	Harry W. Casey Richard Finch

「ええねん/ウルフルズ」

2003年11月6日に発売されたウルフルズ24枚目のシングル。元ベースのジョン・B・チョッパーが復帰して最初のシングル。ジョン・B・チョッパーの復帰を祝福する曲である。

出典:ええねん (曲) - Wikipedia

	
	

元ネタ「DREAMIN’/BOØWY」

	

BOØWY

日本のロックバンド。1980年代に活躍。1988年解散。1981年、群馬県高崎市出身の氷室京介、布袋寅泰、松井恒松を中心に結成される。初ライブ後に高橋まことが加入し、1982年にデビュー。当初は6人編成だったが同年秋に2人が脱退し、以降は解散まで4人編成で活動する。
エイトビートを基調としポップでありつつもシャープでエッジの効いた縦ノリのロックサウンドや、ジャン=ポール・ゴルチエをステージ衣装に使用したり、今日のロックシーンでは当たり前となった逆立てたヘアースタイルなどの斬新なビジュアル等が多くの支持を集め、5thアルバム『BEAT EMOTION』と6thアルバム『PSYCHOPATH』は当時のロックバンドのアルバムとしては異例のミリオンセラーを記録した。シングルでも1987年に「MARIONETTE」が初登場1位を記録し、名実共にトップバンドへとのし上がった。

出典:BOOWY - Wikipedia

	

BOØWY/DREAMIN"

リリース	   1985年6月21日(LP)
         1985年7月20日(CD)
録音	       1985年2月26日 - 3月15日
         ハンザ・スタジオ
       (ハンザトン・スタジオ)
ジャンル	   ロック
時間	       38分39秒
レーベル	   東芝EMI/イーストワールド
プロデュース 佐久間正英

「かわいいひと/ウルフルズ」

1997年10月8日に発売されたウルフルズ15枚目のシングル。PVには宍戸錠がゲスト出演している。「かわいいひと」は母親に向けた歌である。

出典:かわいいひと - Wikipedia

	
	

元ネタ「Take It Easy/Eagles」

	

Eagles

1971年にデビューしたアメリカのロック・バンド。アメリカ西海岸を拠点に活動しながら世界的人気を誇り、トータルセールスは1億2000万枚を超える。
主な代表曲は、「テイク・イット・イージー」「ならず者」「呪われた夜」「ホテル・カリフォルニア」など。「ローリング・ストーンの選ぶ歴史上最も偉大な100組のアーティスト」において第75位。

出典:イーグルス - Wikipedia

	

Take It Easy

リリース	1972年5月1日
規格	   7インチ・シングル
録音	   ロンドン、オリンピック・スタジオ
     (1972年)
ジャンル	カントリーロック
時間	   3分30秒
レーベル	アサイラム・レコード
作詞・作曲	グレン・フライ
      ジャクソン・ブラウン

「ダメなものはダメ/ウルフルズ」

「ガッツだぜ!!」の大ヒットにより、一躍大ブレイクを果たしたウルフルズが発売した3rdアルバム『バンザイ』に収録。ブレイク前のユースケ・サンタマリアが間奏の語りで参加している。1996年1月24日発売。

出典:バンザイ (アルバム) - Wikipedia

	
	

元ネタ「PLAY THAT FUNKY MUSIC/WILD CHERRY」

	

WILD CHERRY

アメリカ合衆国の白人ソウル/ファンク・バンド。1970年代に活動し、「プレイ・ザット・ファンキー・ミュージック」の大ヒットで有名。

出典:ワイルド・チェリー - Wikipedia

	

PLAY THAT FUNKY MUSIC

Released	April 1976
Format	7-inch single
Genre	Funk rock[1]
Length	5:00 (album version)
      3:12 (single version)
Label	Epic
Writer(s)	Rob Parissi

ウルフルズ

魂揺さぶる歌うたい「トータス松本」、ミスタースマイル「ウルフルケイスケ」、ミスターノープロブレム「ジョンB」、ミスターノースリーブ「サンコンJr.」からなる4ピースロックバンド。
1988年、大阪にて結成。バンド名は、メンバーお気に入りのLPレコードのジャケットの帯にあった「ソウルフル」が改行のため「ウルフル」と読めたことに由来する。

出典: ウルフルズ |曲(シングル)、アルバム、動画(PV)を音楽ダウンロード(配信)、視聴、歌詞、ランキングは【レコチョク】 2000000618

	
「いい女」
デビュー当時から歌われているライブのド定番曲。1stアルバム「爆笑オンパレード」収録。これは名曲。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
threed365