• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
潔癖症を自慢する人は、危険信号かも?

サムネイル出典:

潔癖症を自慢する人は、危険信号かも?

Author:
trextrex
Posted date:
潔癖症を自慢する人は、危険信号かも?

潔癖症を強く主張する人は、危険な信号かも?

私の知り合いにも、男女を問わず自称「潔癖症」が少なくありません。最近は、芸能人や著名人にも自分が「潔癖症」であることを売り文句にしている人もいます。一般的に、不潔を好む人はいないと思われるので、人は誰もが清潔を好む部類に属していると考えます。こうした状況で、なぜ改めて「私は潔癖症」をPRするのかは不明です。もしかしたら、「きれい好き=潔癖症」とでも思っているのでしょうか?でも、何でもそうですが、極端なのは良くないですね。潔癖症も、度を超すと単なる「きれい好き」の範囲を超えて、精神的にもかなりヤバイ状態になります。

「清潔=無菌」と勘違いしている人もいる

度を越した「潔癖症」は、通常の生活にも支障をきたします。例えば、人が触ったドアノブは素手で触れない、人と同じ鍋はつつけない、除菌クリーナー等を携帯しないと外出できない、などです。そもそも、人の肌には常在菌がいて、こうした菌のおかげで皮膚が健康に保たれ、美肌が維持されています。ご存知のとおり、腸にだって菌は無数にいます。つまり、無菌状態では人は生きていけません。すなわち、菌のおかげで健全な身体を保つことができ、病気などに対する抵抗力も維持できています。

行き過ぎた「潔癖症」は精神的なケアが必要かも

潔癖症が原因でちょっとした外出でも不自由を感じるようになってしまった場合は、精神的なケアが必要とされます。「強迫性障害」「強迫神経症」と呼ばれるものです。こうした障害は放置すると、自分はもちろんのこと、周囲の人たちまでをも巻き込んで不幸にしてしまうケースが多いです。周りの人が早めに気づいてあげるのが良いのですが、プライベートな部分でもあり、一人暮らしなどをしているとそう単純な話ではありません。

心当たりのある人は、医師監修のサイトを参考に!

潔癖症に関しては、ネット上に様々なページが存在します。潔癖症に限ったことではないのですが、病気や治療のお話に関しては、「医師監修」のサイトで確認するのが大切です。もちろん、不安があれば早めに病院に行って、専門医に診てもらうのが一番です。とは言うものの、不安だからといってその都度、受診するのは現実的ではありませんね。先ずは正しく理解することから始めましょう。以下、私が読んでみて、信頼性が高く勉強になったサイトです。ご活用ください。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
trex

コラムニスト(もと某経済新聞記者)です。皆さんの幸せ、気分転換、人と話すときのネタ、便利グッズ、お出かけの参考、などになるような「記事」を作成するつもりです。どうぞよろしくお願いいたします。