• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【月の土地が3000円で買える??】ギフトにも最適!

サムネイル出典:

【月の土地が3000円で買える??】ギフトにも最適!

Author:
1Freeeedom1Freeeedom
Posted date:
【月の土地が3000円で買える??】ギフトにも最適!

月の土地を買うとは?

「土地が3000円で買える!しかも地球のものではなく月の土地だ! 」
と言われてもスケールが大きすぎてよくわかりませんよね。

話題の月の土地を売っているのは LUNAR EMBASSY というサイトです。


ネットから買えるの?!と声を出してしまいたいくらい普通に運営されています。
なんだか怪しい雰囲気がありますが、とくに問題はありません。(筆者も実際に購入しすでに土地権利書をGETしています)


公式サイトに入ると事細かに月についての説明がなされていますが、箇条書きで説明すると

・ルナエンバシーはアメリカに本社がありアメリカ人のデニス・ホープ氏という人物が運営を開始。

・世界的な条約として、1967年に宇宙条約というものが発効されており月を国家が所有してはならないという規定があった。

・デニスさんは宇宙条約が国家の力を縛るものだが、個人の力を縛るものではないと判断。

・1980年にサンフランシスコの行政機関に出頭し所有権の申し立て、国連、アメリカ合衆国政府、旧ソビエト連邦にも月の権利についての案を提出。これが受理される。

・その後LunarEmbassy.LLC(ルナ・エンバシー社:ネバダ州)を設立。現在に至る。
とこのような説明がなされています。それでもスケールが大きくて腑に落ちない感じはありますが、とにかくこんなアツイ話はありません。なんたって月の土地なんですからね。
さらに細かい月の権利について知りたい方はQ&Aが公式サイトに用意されていますので確認してみてください。
それでは一体どのような販売形態なのか見ていきましょう。

単位1エーカー毎に土地を買える。

実際に購入画面を見てみると、いろいろな販売商品が置かれています。
基本的に売られているのは
◇月の土地権利書(原文英語)/月の憲法(原文英語/月の地図 
◇月の土地権利書(和訳・A4)/月の憲法(和訳・A4) 
◇土地所有権の宣言書コピー(英文) 
これらがセットになったものが販売されています。
他にはオプションとして上記の権利書がアルミフレームの枠に入っているものや、自分の月の土地の場所が記された地球儀ならぬ月球儀というものもあります。ギフトに適したものあるので用途に合ったもの選びましょう。
この権利書を購入するにあたって、必要な情報は自分の名前(ローマ字で)と住所、郵便番号などとあとどれくらいの面積を購入するのかというものです。
名前はロット番号や正式ナンバーと共に権利書の欄に刻印され、登録されます。つまり月の土地に自分の名前やギフト相手の名前がつくと同義ということですね。(1つの名義に対して1つの権利書が発行されます。)

そして購入する土地の範囲を決めるのですが、購入する際は1エーカー2700円(税抜)で購入することになります。これは複数範囲購入可能で、最大20エーカーまで購入することができます。
そしてそもそもエーカーってどれくらいの広さなの?ということですが、Q&Aでの運営からの解答によると、
◇1エーカーは約1,200坪の広さ
◇サッカーグラウンド1つ分に相当
とのこと。結構な広さですよね!気軽に月に行ける時がきたらメンバーを集めて無重力サッカーに洒落こむなんてこともできるわけです!この広さの月の土地がこの値段であれば結構安いもんだと思えてきます。

あとはカードで購入し届くのを待つだけです!届いたら自慢するなりギフトで渡すなり、どんどんアピールしちゃいましょう!

おわりに

まさかこんな簡単に月の土地が手に入るとは思いませんでしたよね。とてもロマンがある買い物なので男女問わずおすすめできるのではないかと思います。将来もし月に訪れることがあれば自分の土地の上で思う存分満喫しましょう。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
1Freeeedom