• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
セックスレスになりやすい〇〇な状況、解消方法

サムネイル出典:

セックスレスになりやすい〇〇な状況、解消方法

Author:
therapisttherapist
Posted date:
セックスレスになりやすい〇〇な状況、解消方法

そもそもセックスレスって?

日本性科学会によれば...「病気など特別な事情がないのに、1か月以上性交渉がないカップル」と定義されています。しかし、便宜上「カップルのうち、どちらかがセックスをしたいと望んでいるのに、長期間それができない状態」を総じて「セックスレス」と呼ぶのが一般的な解釈です。どちらも望んでいなければセックスレスとは呼ばないってことですね。

ちなみにアメリカでは...
性交渉が1年に10回を下回る夫婦をセックスレスとし、20%の夫婦が当てはまるとされているらしいです。

セックスレスになる理由

1.パートナーに拒まれる
男性目線では意外ですが女性の方がしたい場合があります。
なぜ出来ていないのか、もしくはそれについて考えられる問題についてパートナーと話し合えないことが原因です。女性からは自分からは話しにくいことなので男性がいかにパートナーの負担にならないように声をかけられるか大事です。

2.相手の浮気が発覚
パートナーの浮気が発覚して、嫌悪感を感じるようになりセックスレスになる場合も考えられます。

3.出産後の性欲低下・性行為に興味がない
出産後は母親として子供に全精力を注ぎます。身体的・心理的に負担になりセックスレスになるケースが多いのも事実です。また、もともと性欲がほぼなく、性行為に興味がないということもあるでしょう。

セックスレスになりやすいカップル

会話がほとんどない
会話がなくなると自然にスキンシップもなくなっていきます。セックスレスのパートナーは「会話レス」のケースが多いです。

スキンシップが不足している
昔は手を繋いでいたのに、毎日キスもしていたのに、今では体に触れることもない。そんな状態が続くと、次第に体に触られることに嫌悪感を抱くようになり、お互いに距離が生まれてしまいます。

同棲生活が長い
同棲生活が長いと、生活がマンネリしてしまいます。結婚前に同棲を始めたのに、なかなか結婚のタイミングをつかめず、別れてしまうカップルがいますが、それもマンネリが原因です。


例えば夫の仕事が忙しくセックスレスへ...といったケース

もともとは週に2回以上夫からの誘いがあった、心も身体も満たされる充実したセックスライフを送る。セックスレスとは程遠いラブラブ夫婦。毎日がハッピー。

そんな結婚生活○年目のころから夫の仕事が急に忙しくなる。

食事中の会話も減り、私から話しかけてみても返事が素っ気ない状態。

週二日以上のお誘いが、週1回、3か月に1回…少しずつ明らかに減っていく。

夜の誘いは夫から、と任せっきりだったのもセックスレスを悪化していく。

しかし夫はAVをみている...

なんとかしたい気持ちから夫に声をかけたりするが、ひどいことを言われたりして傷つく。

そして関係が戻らない。

これはあくまで一つのケースです。なるべく早く今の状況を把握し、取り返しのつかなくなるうちに
今日からなにか行動を起こしてみましょう。。

解消方法その1

妻の拒否の原因を知る

産後せックスレスになった女性から次のようなご意見が寄せられているのでご紹介します。
•産後の女性は疲れてしまうので、体力的にきつい
•授乳時とは限らないが、夜中に数時間事に泣いて起こされるので、昼夜関係なく余暇があれば眠りたい
•妊娠中に発生した静脈瘤のために股間の部分が痛い
•出産時に開いた部分が傷となって痛みが残っている

解消方法その2

せックスレスを解消していく上で大切なのは「妻の拒否」またはパートナーを理解する。

相手を理解するためには、先ず相手の立場に立つことが重要です。男性が女性の立場に立つということは並大抵ことではなく、おそらく自分一人の考えでは不可能に近いと思います。

解消方法その3

夫としてできることを考える

深い言葉ですね。
せックスレスになった女性から夫への不満についてお話のなかでは、夫への日頃の不満が募っていると自然と体も離れる、精神的な結びつきを重視する女性は、いくら性欲があっても普段優しくしてくれない夫には拒否反応が強く出てしまうということです。

解消方法その4

女性・男性側両方に言える問題ですが、身体のケアです。
若い時と比べ明らかに見た目がかわってしまい、パートナーが内面不満に思っている。そんな時は食事や軽い運動など続けましょう。そうすることでホルモンバランスが調整できるなどイイこともあります。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
therapist

医療関係での仕事が主ですが、ダイエット・健康に対して情熱を注ぎ込むことが仕事になりつつあります。