• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
化粧品に含まれる界面活性剤って危険なの?調べた結果

サムネイル出典:

化粧品に含まれる界面活性剤って危険なの?調べた結果

Author:
trextrex
Posted date:
化粧品に含まれる界面活性剤って危険なの?調べた結果
 

界面活性剤とは

界面活性剤(かいめんかっせいざい、英語:surface active agent、surfactant)は、分子内に水になじみやすい部分(親水基)と、油になじみやすい部分(親油基・疎水基)を持つ物質の総称。両親媒性分子と呼ばれることも多い。ミセルやベシクル、ラメラ構造を形成することで、極性物質と非極性物質を均一に混合させる働きをする。また、表面張力を弱める作用を持つ。

出典:界面活性剤 - Wikipedia

	
界面活性剤とは界面とは、表面ともいいます。界面(表面)とは、2つの性質の異なる物質の境界面のことです。 2つの混じり合わない物質の間には、必ず界面が存在します。

例えば、洗濯中の洗濯機の中を考えると、水と空気の界面、水と汚れの界面、水と衣類の界面、汚れと衣類の界面、洗濯槽と水の界面、 のように、たくさんの界面が存在しています。

界面活性剤とは、このような界面に働いて、界面の性質を変える物質のことを言います。

出典:界面活性剤とは - 石鹸百科

	

界面活性剤の危険性、安全性に関するまとめ

アトピー性皮膚炎に対して悪影響が懸念されるものは多々ありますが、界面活性剤がよくないという話を耳にしたことがあるという方は多いのではないでしょうか。界面活性剤は、シャンプーや洗剤、化粧品など、私たちの身近なところで使われています。こちらでは、界面活性剤の正しい知識とアトピー性皮膚炎への影響について、詳しくご紹介しています。

出典:【医師監修】界面活性剤の正しい知識がアトピーの悪化を防ぐ! | スキンケア大学

	
天然品はヒトや環境に優しく、合成品は悪影響を与える…と誤解している方もおられます。天然品、合成品を問わず化学物質には、「100%安全なモノ」は存在しません。各々の化学物質が有害か、有害ではないかは、そのものが持つ毒性の強さと使い方の組み合わせによって決まります。

出典:界面活性剤の安全性と環境への影響

	
界面活性剤の中でも、植物性のものは安全なのですが、石油から合成して作られた「石油系界面活性剤」には、さまざまな危険が潜んでします。
その危険性は3つ。程度がかなり高い「毒性・浸透性・残留性」を持っていること。

出典:化粧品成分「界面活性剤」はなぜ危険?

	
どうしても柔軟剤が必要と思われているようですが は肌にとってよくありません。
あの柔軟剤の柔らかさ、つるつるした触感は石油系でしか作りだせないシロモノ。
石油系とは『合成』がつく界面活性剤、危険と認識して
	
シックスクール症候群の原因となる化学物質には、前述したホルムアルデヒドやトルエンを始め、キシレン、パラジクロロベンゼン、界面活性剤、有機リン剤などがある。このような化学物質により健康被害を訴える子どもが増えてきたのだ。──「3-3.危険な化学物質から学校環境を守る」
	
②また肌着、シーツ等から合成界面活性剤との併用で皮膚浸透する事もあり、極めて危険!安全な無添加のせっけんに変える事で防ぐ事ができる。→【とっても危険な添加物リスト これ全部発ガン性物質!】 (テトさんHPより)
	

界面活性剤は危険なのか、安全なのか

界面活性剤に関する様々なサイトを見る限りでは、安全性を断言しているサイトはないようです。従いまして、体に対して有害か無害かで区別するとすれば、無害とは言えないようです。問題は、得ようとしている効果とのバランスが重要だと感じました。人体に有害である物質は、界面活性剤に限らず、その他にもたくさんあります。

要は、有害だと分かっていても、期待される効果によっては許容できる場合もあります。これは、価値観の一種でもあり、個人差もあります。法外な成分は論外ですが、最終的には自分の肌に合っているかを見極めつつ、判断するしかなさそうです。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
trex

コラムニスト(もと某経済新聞記者)です。皆さんの幸せ、気分転換、人と話すときのネタ、便利グッズ、お出かけの参考、などになるような「記事」を作成するつもりです。どうぞよろしくお願いいたします。