• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
いま世界で大流行しているハンドスピナーって知ってますか?

いま世界で大流行しているハンドスピナーって知ってますか?

Author:
therapisttherapist
Release Date:
いま世界で大流行しているハンドスピナーって知ってますか?

シンプルだが謎のおもちゃハンドスピナー

みなさんは聞いたことあるでしょうか?見た目的には手のひらサイズで扱い方は細かくは無いのかな?って印象ですかね?

実は医療職である私は流行する前からこの存在を知っていました。といっても聞いたことある程度でしたが。

少ない筋力でも遊べるものでアメリカで特許とっていたもの、そこまで日本にはうられていませんでした。それか私が気付いていなかっただけかもです。

謎の中毒性があることが判明!

映画や音楽、食べ物やファッションなどなど、日本にある様々なジャンルを見渡すと海外発祥のものが多くを占める。特に米国でブームになったものが、後に日本で流行るという流れは必然といっても過言ではない。

今まさに、そんな現象が起こっている。米国で爆発的人気を誇るおもちゃ「ハンドスピナー」が、日本でも大ブームになりつつあるというのだ。しかし、ハンドスピナーとはいったいどんなものなのか? さっそく入手したので、遊んでみた感想をお伝えしたい。

・米国人の女性が発明した「ハンドスピナー」

海外メディア「The Guardian」の情報によると、ハンドスピナー(別名フィジェットスピナー)は筋無力症などの病気で苦しんでいた、米国フロリダ在住の女性、キャサリン・ヘッティンガーさんが1993年、7歳の娘と遊ぶために発明したものだという。

キャサリンさんは1997年に特許を取得したものの、2005年に特許更新料の400ドル(約4万5000円)が払えず、特許を放棄。その後は様々なメーカーが生産を始め、2017年現在、海外では持ち込み禁止になる学校が出るほどのブームになっているとのことだ。

出典:【話題沸騰中】米国で大ブーム「ハンドスピナー」で遊んでみた結果 → 謎の中毒性があることが判明! | ロケットニュース24

	
持ち込み禁止!
日本でいうカードゲームであったり、携帯電話レベルってことですよ!

どうでもいい話ですが、昔先生に漫画を取られ職員室に行ったら先生が漫画を真剣な目で読んでいたという記憶があります。ほんとにどうでもいい話ですみません。

ストレス発散にも!

「ハンドスピナー」という製品が、ここ最近のクラウドファンディングではよく見られる。

これは、指先や掌で回すコマのようなものだ。それに連動する機能は、一切ない。要は玩具である。だが、これが最近売れに売れている。

「指先を動かす」というのは、人類が古来から行っているストレス発散だ。そうした需要を狙った製品が、クラウドファンディングにも登場しているということである。

出典:ハンドスピナー流行の兆し「Revo Spinner」でストレス発散 | Techable(テッカブル)

	
特に玩具にアンテナを高く張っているわけでもない叔父(いとこ父)がハンドスピナー買ってたあたり、ハンドスピナーは工業系、ベアリング好き方面からパンデミックが始まっているのかもしれない。
	
ぴーすさんが新しい玩具を得た幼児の様にハンドスピナーにハマってて微笑ましくて笑ってる( ´_ゝ`)
男の子(もうおっさん)なんだなぁやっぱりw
	
ヨーヨーを長年やっている身からすると、技術関係なしに「ただ回ることを楽しむ」というハンドスピナーは、「お菓子」ではなく純粋な「砂糖そのもの」を食べる行為に相違ない。そんな事を長く続けると当然糖尿病様の状態になり、自由に回転を摂取することが出来なくなってやがては死に至る。
	
ハンドスピナー割とほんとに楽しいから知らない人は調べてみて 海外では学校に持ち込み禁止になってたりするくらい知ってる人多い

小さい頃から何かと物を回すのが好きだった僕としては最高です
	
購入検討中の方へ・1

●中国からの単なる輸入品と、某ヨーヨー店が品質管理してロゴをつけたものの間には、秒でわかるレベルの質の差がある。(ロゴつきのやつがオススメ)

ガタつきや回転時の異音などが、ロゴありの製品はほとんどない。
ハンズでもここの製品を売ってる。
	
今話題のハンドスピナー見つけたら!
どれ買おう…
	

実際の遊び方などの動画

	
日本の有名ユーチューバーが紹介していましたので、早速拝見!

...おー!2分も回る!単純だがきっと自分で遊んだら意外とハマりそうな予感。しかしいち早く海外で流行しているものを捉え配信していくユーチューバーってすごい。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
therapist

医療関係での仕事が主ですが、ダイエット・健康に対して情熱を注ぎ込むことが仕事になりつつあります。