• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
芸能人の実体験!事故物件の怖い話

芸能人の実体験!事故物件の怖い話

Author:
うぃぐうぃぐ
Release Date:
芸能人の実体験!事故物件の怖い話
そもそも事故物件とは何ぞ?
事故物件(じこぶっけん)とは、広義には不動産取引や賃貸借契約の対象となる土地・建物や、アパート・マンションなどのうち、その物件の本体部分もしくは共用部分のいずれかにおいて、何らかの原因で前居住者が死亡した経歴のあるものをいう。ただし、死亡原因によって事故物件と呼ばないものもあるなど、判断基準は明確に定まってはいない。

出典:事故物件 - Wikipedia

	
ここでは、芸能人の方が体験された事故物件の怖い話をご紹介します。
怖さレベルは低めですので、怖がりな方でも読める内容だと思います。

城田優さんの体験

とある番組にて、城田優さんがいわくつき物件を紹介したときの体験です。
この日の番組は「世界のワケあり物件パート3!!」と題し、怪奇現象などが噂される、世界中のいわくつき物件を紹介した。

番組は、ワケあり物件をめぐる城田の体験をVTRで紹介した。城田は長年あき部屋だったマンションに入居を予定していたが、下見の際に誰もいないはずのキッチンの蛇口から水が滴っているのを目撃したそう。

城田はスタジオで当時を振り返り、「(水を)止めた数秒後くらいに、すぐに気分が悪くなった」などと、身体に異変が生じたことを明かした。また城田は、周りにだれもいない状況で、電話で会話していた友人に「誰と一緒にいるの?」「2回ぐらい笑い声した」と指摘されたことなど、不可解な現象が連続して起こったことも明かした。

城田の話に、スタジオの観客は驚きの声をあげたが、司会の中居正広は「城田くんさ、実はすっげー怖がりじゃん」とツッコんだ。城田は「本来、本当に全然こわくないんですよ!でもいざ自分がそうなると結構怖いですよ…」と本音を漏らしていた。

出典:ライブドアニュース

	

ダウンタウン浜田雅功さんの体験

浜田も過去の家での幽霊体験を明かす。浜田は「見たことはないけど完璧に感じたよ」というのだ。当時、浜田が夜中にテレビを見ていると、ガチャガチャと鍵を開ける音がしたという。

そして「『ミシッミシッミシッ』と歩いて来る音だけする」そうで、さらに浜田の背後を通り、横に来てテレビを見る気配まで感じたというのだ。その後は、来た道を辿るように部屋から出て行ったとか。

マンションの他の住人も、その幽霊のことを全員知っていて、どんどん引っ越していったそうだ。あらためて浜田は「見たことはないねん。でもそういう気配は…音しよるから」とコメントし、幽霊が存在していたと語っていた。

出典:ライブドアニュース

	

はるな愛さんの体験

はるなは以前入居した、とある東京のタワーマンションでの出来事を口にした。

はるなによると、そのマンションは芸能人も多く住む新築だったが、なぜか風呂場の洗面台ガラスに子どもサイズの手形が多数ついていたというのだ。また、その手形を拭き取っても、何度も浮かび上がってきたとのことだ。

不安を感じたはるなは、とある番組でこの件を相談に持ちかけた。すると霊媒師は「ブルーの大きな石を自宅に送るので、洗面台に置いてください」と提案したという。

その後、はるなが指示通りに石を設置すると、手形はすべて消え去ったそうだ。このエピソードにスタジオからは悲鳴が起きた。

ちなみに、その後、はるながインターネットで調査すると、そのマンションは事故物件との認定を受けており、建設時に何かしらの問題があったようなのだ。

はるなは「入口の植木もすぐ枯れるし」と当時を振り返り「すぐ引っ越しました」と、ことの顛末を語った。はるなの話では、その際の石は現在でもお守りとして保管しているそうだ。

出典:ライブドアニュース

	

関ジャニ∞丸山隆平さんの体験

こちらは事故物件の話ではありませんが、心霊スポットにて丸山隆平さんが体験された怖い話。
 関ジャニ∞の丸山隆平(32)も心霊体験をした一人。それは、他のメンバーとテレビ番組の企画で心霊スポットに行ったときのことだった。撮影が無事に終了し、メンバーとロケバスに乗り込んだところ、丸山はカーテンを頭からかぶってガタガタ震えながら、「運転手さん、早くバスを出してください!」とその場を一刻も早く去りたがっていたという。心配した大倉忠義(31)が、コンビニでお清めの塩を買ってきて丸山に振りかけたところ、信じられない現象が起こった。なんと彼の口からブワッと白い煙状のモノが出てきたというのだ。その後、丸山はすっきりして楽になったそうだが、怪奇極まりない。白い煙状のモノの正体とは、いったい、なんだったのだろうか!?

出典:日刊大衆

	

松原タニシさんの体験

まずは、松原タニシさんを知らない方のために。
松原 タニシ(まつばら タニシ、1982年4月28日 - )は、日本のお笑い芸人。
兵庫県神戸市垂水区出身。松竹芸能所属。姉はタレントの松原美穂。

出典:松原タニシ - Wikipedia

	
松原さんが、2DKで家賃2万6000円の事故物件を借りた際の恐怖体験です。
古めの和室とはいえ、格安だ。しかし、肝心の事件について不動産屋は「過去に殺人が起きた」という事実しか教えてくれず。気になって部屋を調べると、洗面台の鏡がなぜかペンキで塗りつぶされている。さらに畳をめくると血痕が残っているではないか!

そんな強烈な家だけに、住み始めてすぐに不思議なことが。電話を受けると「ゴボゴホ」と水の中で喋っているような声が聞こえ、トイレに入ってるときに、玄関のドアノブがガチャガチャと乱暴に回されるなど、心霊現象としか思えないようなトラブルが起きた。

そんな現象が続くなか、ある日、家で起きた事件の全貌が判明した。近所の中華料理店の店長に家を尋ねられ、アパート名を答えると、店長は目を丸くして「え? あの殺人があったとこか? えらいところに住んでるな」と驚いた。聞けば、30を超えた男が一緒に住んでいる母親を部屋でボコボコに殴り、風呂の湯船に沈めて殺したとのこと。電話越しの水の中で喋っているような声はもしかして……。

 ところが、それから数日後、家の近くで事件が起きた。老婆がカナヅチでなぐられて怪我をしたのだ。捕まった犯人の名前には見覚えが。なんとこの部屋で母親を殺した男だった。男は裁判の後、精神科に収容されたが、脱走して戻ってきていたのだ。心霊現象かと思っていたが、ドアノブをガチャガチャ回していたのも、おそらくこの男。たまたまトイレに入っていたからよかったものの、ドアを開けていたらカナヅチで頭を割られていたかもしれない。

 安さがウリの事故物件。背負うリスクもまさに命がけのヤバさだ。

出典:日刊SPA!

	
事故物件に住む恐ろしさは、心霊体験だけではないようです。
実際に命の危険があるかもしれないとなると、事故物件の安さはあまり魅力的とは言えないかもしれませんね。

事故物件は検索できる

日本の事故物件は以下のサイトで検索可能です。
あなたの住んでいる場所は大丈夫ですか?

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
うぃぐ

釣りと食べ歩きが趣味の会社員(♂)です。前職はライターをしてました。