• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
contents_button
期待倍増の紫外線対策!自然な食材で内側から日焼け予防

期待倍増の紫外線対策!自然な食材で内側から日焼け予防

Author:
trextrex
Release Date:
期待倍増の紫外線対策!自然な食材で内側から日焼け予防
 
年間を通じて紫外線対策は必要!もはや常識ですね。
紫外線対策には、様々なサプリやグッズ、スキンケア製品が市販されています。でも、やっぱり普段の食生活を通じて紫外線対策を行うのが、安心で健康的と言えます。そこで、紫外線対策や肌の健康維持として期待されている食材や成分をご紹介します。

ビタミンC

ビタミンCが多く含まれる食材
赤ピーマン/黄ピーマン/パセリ/芽キャベツ/ピーマン/ケール/いちご/キウイフルーツ、など
紫外線が強くなる時期だからこそ知っておきたい、ビタミンCの働きビタミンCには、紫外線によってできるシミやくすみを予防し改善する効果があると言われています。大きく2つの効果があります。

出典:働く女性のためのビタミンCの摂り方~紫外線とビタミンCの深い関係!?│アンファーからだエイジング【専門ドクター監修】

	
ビタミンCは紫外線対策に有効です!
紫外線対策といえば、日焼け止めです。ただ、日焼け止めは紫外線を反射したり、肌に吸収しないようにしますが お肌本来の紫外線対策とは言い切れません。特にシミなどの原因となるメラニンは一度異常を起こすと、常に紫外線を吸収しないようにするために肌を常に黒く保つようにしてしまいます。

出典:紫外線とビタミンC | 恵比寿・代官山・銀座 脱毛サロン パトラクシェ| patolaqshe |

	
ビタミンCはシミやソバカスの原因であるメラニン色素の分泌を抑制。また、すでに生成されたメラニン色素にも働きかけてくれます。ですので、ビタミンCはシミ・ソバカス(メラニン色素)の予防・ケアに大変有効と言うことができるでしょう。

出典:新型ビタミンCで上手にUVケアしよう!

	

ビタミンB2

ビタミンB2が多く含まれる食材
豚レバー/牛レバー/鶏レバー/キャビア/うなぎ/鶏はつ/枝豆/うずら/納豆、など
ビタミンB群は、美肌に効果があるのに知られていないのが現状ですね。ビタミンCと同じくらい肌には必要な成分なのです。特にビタミンB2は皮膚の回復能力を高めますので、紫外線ダメージに強い肌を作れます。

出典:肌細胞を作っているのはビタミンB群 | 何が正しい紫外線対策なの?紫外線対策のポイントはこれ!

	
ビタミンB2、皮膚や粘膜を強くし、細胞の再生や皮膚の新陳代謝を促します。食材:レバー・うなぎ・納豆・いくら・卵など

出典:美肌をキープ!紫外線対策におすすめの栄養素と食材 | あすけんダイエット

	
肌の新陳代謝を活発にするビタミンB2や亜鉛などを摂るのが効果的です。

出典:【専門家が監修】紫外線対策として有効な食べ物 | 美肌レシピ

	

リコピン

リコピンが多く含まれる食材
トマト/すいか/柿/トマトケチャップ/ニンジン、など
確かにリコピンはそれらの作用にも魅力的ですが、実は抗酸化力が高い為、紫外線によるシミやシワの原因である活性酸素を除去する作用もあるため、紫外線対策としても魅力的な成分です。

出典:これは凄い!リコピンの日焼け止め効果と紫外線に対するメカニズム

	
紫外線と「リコピン」
紫外線を浴びると、肌表面では炎症や表皮のごわつきが発生し、 肌内部ではシミのもとになるメラニン色素が大量に生成されます。「リコピン」は、これらの紫外線ダメージすべてに有効な働きがあることが確認されています。

出典:まるで食べる日焼け止め?トマトのパワーとリコピン | 美白化粧品のSONOKOオンライン通販ショップ

	
トマトのリコピンが「日焼け止め」に効果的な理由
トマトジュースで日本一有名なカゴメ株式会社が大学との共同で行った研究でその効果が証明されています。

出典:【まとめ】トマトのリコピンが持つ日焼け止め&美肌効果とは?

	

βカロテン

βカロテンが多く含まれる食材
しそ/モロヘイヤ/ニンジン/パセリ/バジル/ほうれん草/よもぎ/しゅんぎく/かぼちゃ、など
βカロテン(ベータカロテン)は、体の中でビタミンAとしての働きや、抗酸化物質として働き、内側から美しく透明感のある健康的な肌づくりをサポートします。

出典:ベータカロテンのシミ、くすみ、色素沈着に効く美白効果とは?

	
紫外線対策によい栄養素とは?
紫外線対策に必要な栄養素には、シミやシワを防ぐビタミンCや、皮膚や粘膜を保護し、肌を強くする働きのあるβ-カロテン、・・・

出典:【専門家が監修】春野菜で紫外線対策をしよう | 美肌レシピ

	
本日は、βカロテンをたくさん含んだ【紫外線対策】レシピです♪まずは、βカロテンの主な働きをご紹介しますね(^^)
■βカロテンの働き
【体内で必要な分だけ『ビタミンA』につくり替えられる】ビタミンAは、肌細胞の生まれ変わりを促している栄養素なので、紫外線によってダメージを受けた肌細胞を体外へ排出する働きを促します。

出典:βカロテンの抗酸化作用を味方に!紫外線対策レシピ | 肌にいい食事

	

紫外線対策!自然な食材で内側から日焼け予防のまとめ

以上、紫外線対策や日焼け予防として期待される食材と成分をご紹介しました。こうした自然の食材を用いての内側からの対策は、習慣化してしまえば容易です。そして何よりも、継続しても体に優しく、安心安全です。
ももちろん、こうした成分の摂取に加えて、日焼け防止のクリーム、服装、日傘などを組み合わせての対策が最も効果的です。紫外線対策は年間を通じて必要です。自分に合った対策を見つけて、先ずは継続させることから始めましょう。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
trex

コラムニスト(もと某経済新聞記者)です。皆さんの幸せ、気分転換、人と話すときのネタ、便利グッズ、お出かけの参考、などになるような「記事」を作成するつもりです。どうぞよろしくお願いいたします。