• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
【洒落怖】火の番(山・中編)

サムネイル出典:

【洒落怖】火の番(山・中編)

Author:
ankouankou
Posted date:
【洒落怖】火の番(山・中編)

『火の番』

29 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/04/30(木) 18:57:34 ID:u3KG1eMV0
友人の話。 

仲間何人かでキャンプに出かけた時のことだ。 
夜も更けて他の者は寝入ってしまい、火の側に居るのは彼一人だった。 
欠伸を噛み殺しながら、そろそろ火の始末をして俺も寝ようかな、
などと考えていると、覚えのない声が話しかけてきた。
「何しているんだい?」
顔を上げると、火を挟んだ向こう側に誰かが座っていた。 
ぼんやりとしか見えない、大きな黒い影。視界に霞でも掛かったかのよう。 
何故かその時は不思議とも怖いとも思わず、普通に返事をした。 
「んー、火の番をしてる」 
相手の正体は何者なのか、何でこんな時間にこんな場所に居るのか。 
そういった類いの疑問がまったく頭に浮かばなかった。 
先程まではシャンと起きていた筈なのに、
寝惚けた時のように思考が上手く働かなかったという。 
ぼんやりと、俺寝惚けているのかな、と考えているうち、また話しかけられた。 
「その火が消えたらお前さんどうする?」 
「んー、消えないよ」 
「こんな山ン中じゃ、一寸先も見えない真っ暗闇だろうな」 
「んー、この火が消えちゃったら、そうなるだろうね」 
「闇は深いぞ。中に何が潜んでいるかわかったもんじゃないね」 
「んー、暗いのは怖いよ。だから火の番をしなくちゃね」 


30 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/04/30(木) 18:59:00 ID:u3KG1eMV0
声の主は、頻りと火を消すように勧めてきた。 
「火の番なんか止めちゃえよ。もう眠いんだろ。寝ちゃえよぐっすりと」 
「んー、そうしたいけど、そういう訳にも行かないんだよね」 
「俺が消してやろうか?」
「んー、遠慮しとくよ」
「消すぞ」
「んー、でも直ぐまた点けるよ、暗いの嫌だから」 
「一度消えた火は直ぐ点かないぞ。無駄だからもう寝ちゃえよ」 
「んー、ライターもあるし、火種があれば直ぐ点くよ」 
「ライターか。それがあれば直ぐに火が点くのか」 
「んー、点くと思うよ。簡単に山火事になるぐらい」 

すると声は、ライターを無心し始めた。 
「火が消えないならライターなんてもう要らないだろ。俺にくれよ」 
「んー、これは大切な物だから駄目だよ」 
「俺が代わりに火を見ててやるよ。だからライターくれよ」 
「んー、僕のじゃないから、やっぱり駄目だよ」 

こんな押し問答を何度くり返しただろうか。 
やがて影がゆらりと立ち上がる気配がした。 
「火が消えないんじゃしょうがないな。帰るとするか。また遊ぼう」 
その言葉を最後に、何かが山の闇の中へ去って行った。 


31 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/04/30(木) 19:00:43 ID:u3KG1eMV0
「ばいばい」 
小さくなる気配にそう挨拶していると、いきなり強く揺さ振られた。 
ハッとして身構えると、揺すっていたのは先に寝ていた筈の仲間だ。 
目が合うや否や、凄い勢いで問い質される。
「お前!今一体何と話してた!?」 
「何とって・・・あれ?」
そこでようやっと思考がはっきりし、明瞭にものが考えられるようになる。 
「えっ今、僕、何かと会話してたの!? 夢見てたんじゃなくて!?」 
気が付くと残りの皆もテントから顔を出し、こちらを恐ろし気に見つめている。 
彼を揺すり起こした者が、次のように教えてくれた。 

曰く、テントの外で話し声がしたので目が覚めた。 
夜中に迷惑なヤツだと思い、テント中の寝顔を確認してから青くなった。 
人数から判断する限り、今外には一人しか出ていない筈だ。 
恐る恐る外を覗くと、焚き火を挟んで座る影が二つ。 
片方は間違いなく友人だったが、もう一方が何かわからない。 
人の形をした、黒い塊に見えたらしい。 
友人と影は、何度もしつこいくらいに言葉を交わしていた。 
どうやら、火を消す、消さないで揉めている様子。 
絶対に消すんじゃないぞ!
声に出せない願いを胸中で叫んでいると、じきに影は立ち上がり山奥へ消えた。 


32 :雷鳥一号 ◆zE.wmw4nYQ :2009/04/30(木) 19:01:33 ID:u3KG1eMV0
いつの間にか他の皆も起き出しており、背後で息を殺していた。 
影がいなくなった時、テントの中では安堵の溜め息が重なったそうだ。 
その直後慌てて外に飛び出し、憑かれたように火を見つめる友人を引っ掴んで、 
ひどく揺すって目を覚まさせたのだと、そう言われた。 

思わず、影が消え去った方角の闇をじっと見つめてしまった。 
何も動く気配はない。足元で薪の爆ぜる音が聞こえるだけだった。 

その後彼らは、その山を下りるまで絶対に火を絶やさないよう心掛けた。 
不寝番を二人立てて、火の番を交代でしたのだという。 
その甲斐あってかその後、あの黒い影はもう現れなかったそうだ。 

「僕はあの時、何と会話していたのかな?」 
思い出すと今でも鳥肌が立つのだそうだ。

『オススメの怖い話リンク』

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
ankou

怖い話を中心にしてまとめています。