• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
都市伝説「きさらぎ駅」の真相について考察してみたぞ
殿堂

都市伝説「きさらぎ駅」の真相について考察してみたぞ

Author:
うぃぐうぃぐ
Posted date:
Update date:2017年09月05日
都市伝説「きさらぎ駅」の真相について考察してみたぞ
怖い話と言いましょうか、都市伝説とでも言いましょうか、ネットで有名な「きさらぎ駅」はご存知ですか?

2ちゃんねるに、「はすみ」さんというハンドルネームの方から投稿がありました。
「気のせいかも知れませんがよろしいですか? いつも通勤に使っている電車なのですが先程から20分くらい駅に停まりません。いつもは長くても8分で停車するのですが」
その後、40分ほどすると電車は停車したそうです。
着いた駅の名は「きさらぎ駅」。
駅に人影はなく、辺りには何もないようで、草原や山が広がっているだけなんだとか。

とまあ、世にも奇妙な物語の中にでも引きずりこまれたかのようなお話です。

そこでも携帯は使えるらしく、両親に迎えに来てもらえるように頼んだそうです。
両親を待っている間にこんな投稿がありました。
「ご心配かけました。親切な方で近くの駅まで車で送ってくれる事になりました。そこにはビジネスホテルみたいなものがあるらしいです。皆様本当にありがとうございましたです。無事、一件落着!

と…なりそうな展開ですが、そうは問屋が卸さないんですね。
次の投稿で、はすみさんはこう言っています。
「先程よりどんどん山の方に向かってます。とても車を置いて置く場所があるとは思えないのですが。全然話てくれなくなってしまいました。」

うーん、ますます世にも奇妙な物語ですね。
もしくはホラー映画か。

こんなの怖すぎるでしょう…?

そして、その次の投稿ではすみさんの言葉は終わります。
「もうバッテリーがピンチです。様子が変なので隙を見て逃げようと思っています。先程から訳のわからない独り言を呟きはじめました。いざという時の為に、一応これで最後の書き込みにします。
詳しく読みたい方は、この↓リンクをどうぞ。

きさらぎ駅なんて名前の駅は、この世に存在しない…

はすみさんという方が知らない駅に迷い込んだということは分かりましたが、それは単なる迷子みたいなものですよね。
この話の最も怖いところは、きさらぎ駅なんて名前の駅は、この世に存在しないということなんです…

もうここまで来ると、完全にホラーですな。
神隠しです。

きさらぎ駅が、湖の中にあるだなんて話もあります

Googleマップできさらぎ駅を検索すると、茨城県つくば市の池の中が表示されるそうです。
これまた怖い…
トレンディなきさらぎ駅なんだけどGoogleマップで調べたら茨城県つくば市の池を表示するんだよね、で池と言ったら2013年で死んだと言われた人が突然2014年に謎の池の位置情報を載せたかっぱさんだよね。これが漫湖だったら面白いのにね
	

ネット上には、きさらぎ駅による神隠しを怖がる人が多数

きさらぎ駅に着いてずっと調べてた…めっちゃ怖い。゚(゚´ω`゚)゚。
	
都市伝説で一番怖いと思ったのはきさらぎ駅でした
	
きさらぎ駅っていうのの話を妹にしたのよね。夏近いし怖い話しようぜ的な感じのテンションで
それで話してる途中いきなり部屋の電気がカチって一瞬電気消えたり壁からドンドン聞こえたりするのよ...
どういこっちゃ...
	
今日きさらぎ駅って都市伝説読んだ後やから知らん駅めっちゃ怖い
	
やだ…きさらぎ駅ってか調べなきゃよかった怖い((
	
確かに、突然知らない駅に迷い込んで、その後消息が不明になるなんて怖すぎですよね…
4輪車限定ミーティング開催致します!
場所は「きさらぎ駅」周辺を予定しております。
初めての主催なので至らない点が多々あるかと思いますが沢山の参加お待ちしております!!

詳しい行き方は各自でお願いします。

	
ふざけている人もいますね…笑

その後、きさらぎ駅(または隣の駅)に迷い込んだという情報が相次ぐ

駅名は「きさらぎ駅」だけでなく、「やみ駅」だったり「かたす駅」という駅に迷い込んだという方もいます。

やみ駅 きさらぎ駅 かたす駅

65 :本当にあった怖い名無し:2011/03/23(水) 22:53:57.30 ID:iUL2aoTT0
どこに書いたらいいのかわからなくて、ここに書き込むことにしました。 
怖い話ではないけど、不思議な話です。

皆さん、きさらぎ駅って言う駅を知ってますか?
何年か前に、2chで有名になった怖い話だそうで、
はすみさんという方がその実在しない駅に迷いこんでしまって、結局行方知れずになってしまったとか。
インターネット上でも、検索すれば出てくるようです。 

それで僕の話なんですが、今から5~6年くらい前ですかね。
2005年の暮れのころ、福岡から久留米に電車で向かってたんです。
道中暇だったんで、ずっと本を読んでたんですね。ペーパーバックの。
で、気付いたら回りのお客さんがみんな眠ってて、すごい不自然な感じだったんですよ。肌で感じる奇妙さみたいな。
そこで窓の外を見たら、ちょうど電車が古い鉄橋を渡るところだったんですね。
その後陸橋が見えて、その下をくぐったあと、駅に着いたんです。
普段その路線使うことがないのであまり覚えてないんですが、そんな風景は見たことがなかったんですよ。 

駅に到着したんですが、なんかホームが二つあって、その奥に古い日本建築の駅舎が見えてて、 
ホームの柱にひらがなで『きさらぎ』と書いたプレートがありました。
雨が降ってて、ホームの一部にしか屋根がないので傘を持った人が結構いましたが、
不思議と誰も乗り込んできませんでした。 
少し遠くに駅名が書いた大きな立て札があって、そこにはひらがなで『きさらぎ』と書いてあるほかに、
一つ前の駅『やみ』と、一つ後の駅『かたす』という駅名が、ひらがなで書いてあるのが見えました。 


66 :本当にあった怖い名無し:2011/03/23(水) 22:55:22.27 ID:iUL2aoTT0
普通だったら、電車間違えたとかパニックになるのかもしれませんが、
なんとなく不思議な感じがして、降りてみたいなと思いました。
しかし、久留米で人に迎えに来てもらう約束だったので、降りたりする時間はなく、
ぼんやり窓の外を眺めていると、電車が発車しました。

結局、次の駅『かたす』というところにも着かず、長い時間走ったあと、電車は久留米に着きました。
周りの人ももう起きていました。
途中、止まるはずだった駅をいくつも飛ばしたような気がするんですが、そこら辺はよく覚えていません。 

おそらく、本を読みながらウトウトして、久留米の前くらいまで浅い眠りに入っていたなかで見た夢だろう、
ということで納得したんですが、
最近、きさらぎ駅の話をインターネットで見つけびっくりしています。 
はすみさんという方の話と違い、トンネルも抜けていないし、ホームや駅舎に人がいて、周りには住宅もありました。
そもそも九州なので、東海地方からは程遠いです。
それでも駅の名前は『きさらぎ』だったのをはっきり覚えています。
何かオカルト的な意味のある駅名なんでしょうか?この世とあの世の接点とか?
その駅で降りていたらどうなっていたかと思うと、とても恐ろしいです。

出典:

	
他にも、

・きさらぎ駅に行った人かたす駅に行った人

などの体験談があります。
では一体、どんな人がこういう不思議な体験をしているのでしょうか?
迷い込んだ方々に、共通点はあるのでしょうか?

きさらぎ駅に迷い込みやすいのは、腐女子という説がある

きさらぎ駅に迷い込む人は腐女子説っていうのがあるんだけど、
異世界迷い込んでる人の一人称が大体『俺』だったりするからそういう類いの説割と当たってると思う
	
共通点が、腐女子って…笑(腐女子とは、BLを好む女性のこと。BLとはボーイズラブのこと)

筆者の考察

前置きが随分長くなりましたが、ここからが筆者の考察です。
最初、筆者はきさらぎ駅は完全に作り話だと思っていました。
ネット用語でいえば、「釣り」というやつですね。

でも…釣りではない可能性もあるんじゃないかな、と。(もちろん、釣りである可能性も十分にありますが)
まず、ここまで手の込んだいたずらをするメリットがないんですよね。
誤解を恐れずに言えば、重度のかまってちゃんならこういう壮大な釣りをするかもしれませんが、普通はここまで大掛かりな嘘はつかないんじゃないかな、と。
少なくとも、嘘をつくことで金銭的なメリットは発生しないように思いますし。

本人の勘違いや、幻覚という考え方もできます。

ですがここではあえて、「きさらぎ駅」が実在するかもしれない、という方向で考えてみましょう。
たとえば、この話が事実であり、当人の勘違いや幻覚ではないとすれば、異世界に行ってしまったかもしれないということになります。
現在日本で、捜索願が出される数はというと。
Wikipediaによれば、年次別行方不明者届受理状況は2013(平成25)年では、83,948人とのこと。
そのうち、所在確認数が82,182人(死亡含む)。
つまり、1766人は行方不明のままなんですね。

繰り返しますが、ここでは「きさらぎ駅」があるというオカルト全開な思考でいきます。

となると、その1766人のうち何名かが「きさらぎ駅」に迷い込んでしまっていると考えられなくもないわけです。

もちろん、それは可能性が0ではないというレベルの話ではありますが。

昔から「人が突然姿を消してしまった」という神隠しの話は存在します。
その神隠しの一部は、実は「きさらぎ駅」のような異世界に飛んでしまっていたのでは?と考えることもできるかもしれません。

神隠しの一例を挙げるなら。
一番古いのは、中国で神仙と人が争っていた頃に消えた中国の軍隊です。
その頃中国の西側を制覇していたある国が、さらに西側にいるという仙人を捕らえようと3000人余りの兵士を派遣したが、
行軍の途中で派遣軍の一卒(100人)を除いて忽然と消えてしまったというものです。

一度に消えた人数で一番多いのはこれまた中国で、日中戦争のときに作戦行動中に消えた2万人の軍隊。
どこかへ逃げた痕跡も周辺住民に紛れ込んだ形跡もなく、ただ忽然と「いなくなった」そうです。

中国の話なので、年代とか人数とかにどれだけの信憑性があるかは微妙ですが、何らかの元ネタはあったのではと思います。

日本にも「富士山の風穴」という有名な話があります。
ある程度深くて行き止まりな洞窟が富士山にあるのですが、そこに入っていった人がいつまでも出てこないので
調べに入ってみると誰にも何にも辿り着かないまま行き止まりに行って調べに行った人だけが帰ってくる、というものです。

出典:世界であった神隠しのような事件を教えてください - 一番古いのは、中国... - Yahoo!知恵袋

	
世界の神隠しについては、このページに詳しく載っていましたので、もっと詳しく読みたい方はどうぞ。
神隠しの未解決事件
大昔から異世界は存在したけれど、現代はネットがあるからリアルタイムで神隠しの様子を伝えることができたのではないかと考えると、面白いかもしれません。(実際に人がいなくなっている可能性があるわけですから、「面白い」という言葉は不適切かもしれませんが)

結論

筆者の結論としましては…
個人の意見を言えば、きさらぎ駅はないと思います。
投稿者の幻覚か、勘違いだと思います。(そこに悪意がないと信じています)

しかし、幻覚や勘違いの域を超えている話の内容であることも確かです。(幻覚や勘違いのスケールが壮大すぎますから)
また、もしも故意に嘘をついたとしても、誰も得しない嘘をつく理由がわかりませんし、やけに真に迫っている内容であることも確かではないでしょうか。

ですので、真実であってもおかしくないのかな、と。

もしもそんな世界があるのであれば、過去に世界中で起きた神隠しの一部は、きさらぎ駅のような異世界に迷い込んでしまった可能性は無きにしも非ずではないでしょうか。
そう考えた方が、夢がありますし。笑

はっきりしない答えですが、こういうことははっきりさせない方が面白いと個人的には考えています。笑
関連ページ。
↓↓↓↓↓

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
うぃぐ

釣りと食べ歩きが趣味の会社員(♂)です。前職はライターをしてました。