• follow us in feedly
scroll_icon
shuffle_button
恐怖!  悪霊に取り憑かれた実在の人形「アナベル」とは?

恐怖! 悪霊に取り憑かれた実在の人形「アナベル」とは?

Author:
Proud.JapanProud.Japan
Posted date:
恐怖!  悪霊に取り憑かれた実在の人形「アナベル」とは?

「アナベル」とは

少女の霊が乗り移ったと言われているラガディアン人形……
アメリカで本当にあった実話が映画化されたことで、もはや
「呪われた人形」の代名詞と言ってもいい存在だ。

思えばあのアナベルは厳重なガラスケースに封印されているほど、
呪いを浸透させ、奇妙な事故も起こしてきたという。

出典:rocketnews24抜粋

恐怖の実話...

 1970年、とある女性が大学に通う娘のために、アンティークショップで“ラガディアン&アンディ”風の人形を購入。娘は喜びルームメイトと住むアパートに持ち帰ったのだが、その途端、奇怪なことが起こるようになった。誰も触っていないのに、人形の位置が変わったり、別の部屋に移動するようになったのだ。床に見たこともない羊皮の紙が落ちており、手に取ると、明らかに子どもだとわかるような字でなぐり書きされていた、という気味の悪いこともあったという。怪奇現象はヒートアップし、布製の人形であるにもかかわらず両足で立つようになり、娘たちは霊媒師に鑑定してもらうことにした。

 霊媒師は「この人形は昔、このアパートで亡くなったアナベルという名の少女の霊に取り憑かれている」と鑑定。「あなたたちが好きで、一緒にいたいといっている」と伝えられた娘たちは、「いいわよ」と言い人形を持ち帰った。しかし、部屋に泊まった娘のボーイフレンドが夜中、人形に襲われ、胸と喉に無数の深い切り傷を負うという一大事が起き、娘たちは藁をもすがる気持ちで、著名な超能力調査官、ウォーレン夫妻に連絡。夫妻は「人形に取り付いているのは、少女の霊ではない。たちの悪い悪霊が、娘たちに取り憑こうと少女の霊だと嘘をついているのだ」と鑑定した。

 夫婦に引き取られたこの人形は、現在、コネティカット州のオカルト博物館に、ガラス張りのキャビネットに入れられ、「警告:絶対に開けないでください」という警告文と共に展示されている。

出典:ハピズム抜粋
この博物館に来てからもあちこち場所を移動するため、特製のガラスケースに封印されました。
呪いは今でも健在らしく、ガラスケースを叩いて人形を挑発した若者は、博物館からの帰り道で事故に遭い死亡したとのことです。

出典:おに怖ニュース抜粋

「アナベル 死霊館の人形」として映画化され話題に

『アナベル 死霊館の人形』は、2014年のジョン・R・レオネッティ監督、ジェームズ・ワン製作、ギャリー・ダウベルマン脚本による超自然ホラー映画である。 
ウィキペディア
全世界が最も戦慄した『死霊館』の前には実在する呪われた人形〈アナベル〉の物語があった 
死ヌマデ、遊ンデ。

『アナベル2』

『アナベル2』では、どう目を凝らしても可愛く見えないアナベル人形の誕生が語られます。
それでは公開されたばかりの『アナベル2』の予告編をご覧ください。

20年前に最愛の娘を亡くした人形職人とその妻。彼らは閉鎖間際の孤児院から修道女と少女たちを受け入れたが、呪われたアナベル人形が少女たちに目をつけた。

この記事が気に入ったら

いいね!しよう

Sharetubeの最新記事をお届けします

著者プロフィール
Proud.Japan

I'm proud of the fact I was born in Japan.国際ボディガード歴20年。